« 解散した日本代表チーム、テレビ見てるか? | トップページ | W7 »

2006年6月28日 (水曜日)

WBCで元気づけられたかな

日米両代表がぱっとしなかったサッカーとはうらはらに、メジャーリーグでは日本人選手が活躍しているようですね。

マリナーズの城島は初の1試合2ホームラン。Wソックスの井口は一試合7打点の日本人新記録だそうで。カージナルスの田口も3安打(チームは負け)。イチローもいつのまにやらヒットをガンガン打って打率を上げているし、ピッチャーも選手生命が風前の灯火の野茂はともかく、大塚、斉藤が頑張ってます。骨折リハビリ中の松井秀喜はともかく、もう1人の松井稼頭央だけはちょいと冴えないようですが。

ところで、スポーツ記事や中継では「特殊な表現」がしばしば使用されますね。

大活躍すると「大暴れ」(別に暴れてないって)
走るのが速いと「足のある選手」(鈍足は幽霊か?)
同じく「塁に出すとうるさい選手」(それまでは無口なのか?)
技巧派だと「いやらしい選手」(確かにそうかもしれないw)
能力の高い選手は「危険な選手」(その能力の高さを活かしてテロでもやるのかw)

あと何か突っ込めそうなのあったかな?

|

« 解散した日本代表チーム、テレビ見てるか? | トップページ | W7 »

コメント

城島さんは凄かったですねえ!チームは負けちゃったけど鮮烈なイメージを与えたと思います。

スポーツ記事ではありませんが、「特殊な表現」で、
ちょっと涙ぐんだだけなのに
「号泣」って書いてあるの、いつも大げさだなあと
思います。

投稿: 蓮花 | 2006年6月28日 (水曜日) 19時07分

>>蓮花さん

ナカータのことですね。
彼、またマスゴミ不信を強めるかもしれない。

城島は、(イチローも同じことだけど)チームが弱いってのが一番の問題ですね。いっそ、ソフトバンクにマリナーズ買収してもらうとか(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年6月28日 (水曜日) 23時33分

相撲にもこういう用語が存在します。
ちょっと思い出しませんけど。

投稿: takeyan | 2006年6月29日 (木曜日) 19時19分

>>takeyanさん

ああ、確かに、言われてみればありますね。
私も具体例が思い出せない。もうすぐ名古屋場所だから、その時にいろいろと出てくるでしょう。

投稿: フロレスタン | 2006年6月29日 (木曜日) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10707363

この記事へのトラックバック一覧です: WBCで元気づけられたかな:

« 解散した日本代表チーム、テレビ見てるか? | トップページ | W7 »