« ツルナゴーラ独立 | トップページ | 遅ればせながらコメントすることにしようか »

2006年6月 4日 (日曜日)

畠山鈴香が突如「近所の女性」になった件

まあ、いつもの建前だけの人権やプライバシー保護なんだろうが。表面的に名前を隠しても、これまでの報道から、年齢や実家の場所からもすぐに特定できる。

逮捕状が請求されたようだ。

畠山鈴香さん → 近所の女性、同じ団地に住む女性、その他 → 畠山鈴香容疑者

こういう流れになる訳ね。

他の記事や記者のブログ(^_^;)なども含めてだが、ホント、マスメディアの報道姿勢には疑問だらけだ。

(追記)
案の定、直後に上記指摘のとおりになりました。
週刊誌報道によると、この母親ほとんど家事をしなかったらしい。母子家庭で、娘が邪魔に感じられるようになって殺害して遺棄したが、その現場を被害者の男の子に見られていたので、口封じに殺した、なんて展開ではないだろうな。

|

« ツルナゴーラ独立 | トップページ | 遅ればせながらコメントすることにしようか »

コメント

考えうる最低の展開ですね。
この記事を見て、ああ、そういう可能性もあるのかと暗澹たる気持になりました。
子どもをかわいがれない大人というものは、生物としての成獣ですらないと思います。

投稿: takeyan | 2006年6月 5日 (月曜日) 14時10分

>>takeyanさん

私の推測は、テレビの推理ドラマのまねごとですから(笑)。でも、後半部分はともかく、自分の娘殺し、というのは可能性が高いのではないかと思っております。そういう人、けっこういるのではないか、とも思ってます。

おっしゃるように、困った親がけっこういます。獣以下というのも全く同感です。

投稿: フロレスタン | 2006年6月 5日 (月曜日) 20時16分

不思議だったんです。
無職の子持ち、家事をせず、何やってたんだろうって。
ワイドショーを観ていた妹によると男が途切れなかったとのことですが、
で、娘が邪魔になったんかなと、うっすら思ってしまいました。
不憫な娘さんだし、とばっちり(?)を受けたかもしれない
男の子も可哀想でなりません。

投稿: 蓮花 | 2006年6月 5日 (月曜日) 21時57分

>>蓮花さん

家族構成が同じでも、蓮花さんとは全く対照的な母親ですね(^_^;)。

あと、これまでのコメントで書き忘れてましたが、この女の弟ってのも(対マスゴミで姉の防波堤になっていたようで)何か絡んでいるかもしれませんね。

そうそう。今朝の毎日新聞の報道で、上智大のなんとかいう教授(覚えているけど敢えて匿名にする)のコメントがありました。娘が死んだショックで、被害者の男の子やその家族に嫉妬して殺した、っていうのがありましたが、ならばどうして自分の娘と同い年の、被害者の兄の方を殺さないのか、と思いますね。

投稿: フロレスタン | 2006年6月 5日 (月曜日) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10394110

この記事へのトラックバック一覧です: 畠山鈴香が突如「近所の女性」になった件:

« ツルナゴーラ独立 | トップページ | 遅ればせながらコメントすることにしようか »