« どっちの読み方が正しいの? | トップページ | ベートホフェンの国で蛙の「合唱」 »

2006年6月14日 (水曜日)

隣は勝ったぞ

韓国がトーゴに2−1で勝ったが、前半は0−1でリードされていた。後半、相手のゴール前のファウルから李天秀がFKを直接決めて同点。そのファウルでトーゴのDFは退場に。数的優位から安桓貞が決勝ゴールとなる2点目。アジアの4チームでは初勝利なので、アジア枠の確保という点から喜んでおく。

しかしなあ、相手は選手が処遇をめぐって直前に練習をボイコットし、監督が辞任(試合直前に復帰)というドタバタをやった国だ。こんな運のいい勝ち点3もあるんだなあ、と。でも、きっちり勝利するところは、やはり日本代表とはW杯での経験の差が違うということだろう。

その後の、同じG組のスイス・フランスはゴールレス・ドロー(FIFAの英語サイトみたら、スウェーデン対トリニダード・トバゴの結果をScoreless drawではなく、Goalless drawと表現していた)。今の状態だと、恐らくこの2ヶ国はトーゴに勝つだろうから、勝ち点4が見込める。それに対して韓国は、この2チームに連敗すると(力関係からその可能性は十分にある)勝ち点3のまま、ということになって、ノックアウトラウンドには進出できない。初戦のドローを受けて、スイス、フランスとも韓国には全力で勝ちに来るだろう。4年前の数々の疑惑の真贋性(というか、明らかに韓国よりの誤審もあった訳だが)が問われる事態の出現である。

それにしても、フランスは点取れねえなあ。

イタリアはガーナに快勝したが、こちらも真価はチェコ戦、アメリカ戦で問われると言っていいだろう。

|

« どっちの読み方が正しいの? | トップページ | ベートホフェンの国で蛙の「合唱」 »

コメント

おはようございます。

ブラジル-クロアチア戦は早起きしてみようと思ってたんですが、目覚ましにも気がつかず、爆睡してしまいました。やはり平日は辛い。

やはりブラジル、しっかりしてますね。そして、1点に押さえたクロアチアもさすが。日本チームにはきを引き締めて(引き締めるしかもうなすすべがないが)試合に臨んで欲しいものです。

投稿: outlaw | 2006年6月14日 (水曜日) 08時29分

>>outlawさん

ブラ・クロ戦は眠いのを我慢して観戦しました。途中少し寝ちゃったけど(笑)、緊迫した試合でした。さすがに強豪どうしの対戦です。

ただ、どちらも決勝トーナメントにピークを合わせているためか、スペクタクルな試合とは言い難い内容でもありました。

ホナウドは本当に出来が悪い。ホナウジーニョもバルサじゃないためか、それほどファンタスティックには見えませんでした。セレソンだ、というフィルターを外して見ると、パスミスなんかも結構あるし、つけいる余地は十分にあるとも思われます。

ただ、弱点だと思われていたDFが、かなりしっかりしているのが日本には厳しいところ。攻撃の好きなルシオあたりを引っ張り出してスペースつくれればチャンスもあるでしょう。長身GKジダ対策にはグラウンダーの強いボールでしょうか。

アレックスはカフー止められるんだろうか。

投稿: フロレスタン | 2006年6月14日 (水曜日) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10517661

この記事へのトラックバック一覧です: 隣は勝ったぞ:

« どっちの読み方が正しいの? | トップページ | ベートホフェンの国で蛙の「合唱」 »