« 新聞社が墨守しようとしている宅配制度の末端の一幕 | トップページ | 意外な点差 »

2006年6月13日 (火曜日)

残念だが下を向く内容ではない

嗚呼、残念。日本中、いや、海外在住の日本人も含めて、日本人社会全体が落胆していることだろう。
オーストラリアに1−3で負けてしまった。

後半になって何度かあったチャンスに追加点を上げられなかったのが大きい。決められる時に決めないとだめ、というのはサッカーでは常に真理である。

はっきり言って84分まではほとんど安心して見ていられた。攻められているように見えても日本のプレッシングゾーンにオーストラリアがひっかかってくれた。ただ、ボール支配率が低いことが示すように、じわじわと選手達に疲労は来ていたかもしれない。

急にラインが下がりすぎになって、セカンドボールも拾えなくなる。これ、いつもの悪い状況である。それでも川口が何度もスーパープレーをしていたので、何とか逃げ切ってくれるのではないかと思っていた。

ロングスローからの思わぬ失点。川口が前に出たのはいたしかたないだろう。その前にゴール前でヘディングで競った中澤がファウル取られたのも痛かったな。それでもまだ1−1なので、勝点1は得られるし、再度得点するチャンスもある。

2点目は、スロー再生で見ると、ポストに当たったボールがゴールに吸い込まれた。本当に何センチかの違いでゴールインしなかった可能性もあったのだから、紙一重である。本当にサッカーは怖い。

痛恨の逆転負けでかすんでしまったが、中村はW杯初出場で初得点である。駒野もいい粘りをして、得点を呼び込むきっかけをつくった。

本当に84分まではベスト4に進んでもおかしくない戦いだったと思う。90分+ロスタイムだけこれを続けられなければしかたないのだが、こういう試合運びの拙さが、まだまだ世界の強豪国との差なのだなあ。これは「ドーハの悲劇」から14年経ってもまだ改善されていないか。

これでクロアチアに勝つしかなくなった。開き直って欲しい。迷わず戦えると前向きに考えよう。
日本のサッカーが、更に飛躍するための試練をサッカーの神様(ジーコではない)が与えてくれたのかもしれないのだから。

【その他の試合】
イランがメキシコに1−3で敗れた。前半は互角の戦いをして1−1だったが、後半疲れが出たところで凡ミスが出てリードを許した。スコアも今日の日豪戦と同じだが、なんだか展開も似たよう。でも、イランはいいサッカーしているよ。次の試合頑張ってくれ。

今大会初の欧州勢どうしの戦い、オランダ対セルビア・モンテネグロ(SCG)はロベンの1点を守りきってオランダが勝利。SCGは互角の戦いをしてたと思うが、今ひとつ決定力がなかった。モンテネグロの独立問題が影を落としていたかもしれない。W杯が終わってから独立宣言すればいいのにね。それにしてもこの両国、青の色がちょいと違うけれど、それを除くと国旗が上下逆さまなのね(^_^;)。

ポルトガル・アンゴラの植民地・旧宗主国対決は、眠くて観戦しなかったが、1−0で宗主国の勝ち。
初出場の多いアフリカ勢には厳しい出足である。

|

« 新聞社が墨守しようとしている宅配制度の末端の一幕 | トップページ | 意外な点差 »

コメント

フロレスタンさんは、84分までは安心してごらんになれたんですね。わたしは押されてるるな~と、感じてましたが。今日はものすごく暑い一日でした。(ドイツもね、近所だから似たような気温でしょう)負けちゃったら、何にもならないんだけど、この先だんだん強くなっていけばいい。だけど、うちの息子明日から試験なんですけどね、『日本負けた』って、えらく落胆してます。あんたにどう関係あるんだ~!!と、ハッパかけまくるママ←通じてないみたい~。

投稿: 圭 | 2006年6月13日 (火曜日) 01時46分

>>圭さん

ベルギーが出場していたら、息子さんの学校の試験の日程変わっていたかもしれませんね(笑)。試験のできが悪いのを日本の敗戦のせいにしないように、圭さんのことだから、先手を打っていることでしょう(^_^;)。

いくつかのブログや掲示板見ると、ジーコ采配に対する批判の嵐です。やはり、負けたら責められますねえ。もっとも、そういう批判をする連中は、4年間ずっと同じこと言い続けて来た訳ですが、大事な初戦の逆転負けで、不満が噴き出したのでしょう。

暑さは予定外のできごとだったかもしれませんが、7試合戦える体力をつけたのではなかったのか。あと何分かDFが耐えてラインをもう少し高く保てていればねえ。そういう意味では選手交替にはやはり???なところがないとはいえない。

ともかく結果が全てなので、切り替えてフルバツカ(クロアチア)を叩くしかありません。

投稿: フロレスタン | 2006年6月13日 (火曜日) 02時12分

あ、あのですね。

験担ぎなどしない、迷信も信じない私ですが、試合開始前の夕食にはオーストラリア産の牛肉を食べ(笑)、ついでに監督がオランダ人なので、(オランダ産じゃないけど冷蔵庫にあった)チーズまで食ったんですよ(^_^;)。

効果がなかった。やはり縁起担いでもだめということですな。

投稿: フロレスタン | 2006年6月13日 (火曜日) 02時25分

今は何も考えたくないですね・・・・・・朝のニュースとか見るとイラっとしそうなんで、テレビのコンセント引っこ抜きました・・・・

オーストラリアの関係者がインタビューで言ってたんですが「川口のハイボールを処理する際のカンガルーパンチが弱点だ」ってのが現実になっちゃいましたね。

まー今となっては、どーにもならんので、日本が一勝一分一敗か二勝一分けで進むことに期待しましょう。

本当、サッカーって終わるまで分からないもんなんだと痛感しました。

ブラジルにも最後まで諦めずに行けば、今日のオーストラリアみたいに、後半数分でガンガンいってしまう事もあると思うので最後まで諦めずに頑張れ日本!!

投稿: ガウショ | 2006年6月13日 (火曜日) 07時04分

得点を決められないFWなど用無し。消極的なサッカーで、かつ点が取れないなんてのは恥ずかしいからはよ帰って来い!やつらは本当にヨーロッパでサッカーしてるのか、と小一時間。(怒)

投稿: outlaw | 2006年6月13日 (火曜日) 08時22分

>>皆さん

期待していただけに、落胆や怒りが大きいのはごもっともですね。とにかくクロアチアに勝たないと話にならないので、ドイツに「空気」を送りましょう。

弱点なんて、勝てば後からどうとでも言えるもの。
あのロングスローだって、クリアボールがもう少し前に蹴れていたら流れは違っていたはずです。タラレバは言ってもしょうがないけれど、じゃああの場面川口が飛び出さなかったら失点しなかったか、と言えば、それもタラレバですからねえ。

選手達が本当に「強い気持ち」をもてているのかどうか、それもクロアチア戦で明らかになります。

投稿: フロレスタン | 2006年6月13日 (火曜日) 14時38分

 仕事などの関係で、後半38分から漸くラジオ中継を聴き始めたら、たったの6分でこれです。4年前の3位決定戦で、バ韓国がトルコに試合開始後最速失点ワースト記録を決められた時も爆笑してしまいましたが、今回の3点目もそれに近い爆笑記録ですね。真面目にサッカー日本代表を応援している人には悪いんですが、余りサッカーに興味のない私にとっては、日本代表が4年掛かりで身を張った一発ギャグをかましたようにしか見えません。勝利でなくウケを狙いに行く辺り、日本代表というよりも寧ろ大阪代表と言うべきでしょう。
 まぁ、何れにしてもサッカー日本代表は税金返せって感じですね。アンタらが一発ギャグをやるのは勝手だけど、こちとらその為に税金納めてるんじゃねえんだぞ、と。

投稿: 五月原清隆 | 2006年6月14日 (水曜日) 03時15分

>>五月原さん

サッカー協会、ほとんど税金投入されていませんよ(^_^;)。
国際親善試合やると1試合で2億円くらい収入があり、グッズ販売や講習はじめ各種事業をやり、キリンやアディダスあたりも億単位のスポンサー契約してます。選手登録など末端組織からの上納金もありますしね(笑)。

その結果、2004年は200億円くらいの収入がありますが、オリンピックみたいにガバガバ税金投入されているということは少ないはずです(体協がらみで補助金はあるかも)。

4年前の韓国の開始早々の失点は、集中力を欠いた洪明甫のミスからです。短時間に失点という点では、今回のオーストラリア戦も同様ですが、状況が違うので、韓国と同列に扱って笑う気にはなれません。体力面の問題もあるけれど、同点にされた後どうするか、という意思統一を欠いた結果で、予想外のことに対応できない精神面の問題だと言えます。

投稿: フロレスタン | 2006年6月14日 (水曜日) 03時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10502374

この記事へのトラックバック一覧です: 残念だが下を向く内容ではない:

» ワールドカップ・ドイツ大会10 [諸葛川]
2006年ドイツ ワールド・カップ 日本対オーストラリア 1対3 日本代表 初戦 敗北 期待していたのに残念な結果になった。 今までの日本代表がやってこなかった、守って勝つという展開。 オーストラリアに攻めさせて、疲労したところで勝ちにいく。 その作戦も、途中まではうまくいっているように見えたが、結局失敗に終わった。 追加点を取れなかったのが痛かった。 後半39分、後半44分、後半47分と緊張の糸が途切れたら立て続けに得点を 許してしまった。 ヒデ... [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火曜日) 01時10分

» 日本VSオーストラリア [オーディション]
ショックなんといえない一番恐れていたことがおこってしまいました。 強いのか弱いのか解らない部分がもろ露出する結果となりました。 [続きを読む]

受信: 2006年6月13日 (火曜日) 17時48分

» 日本の“決定力不足”に厳しい評価 各国メディア [むいかのあやめブログ]
6月13日 Sankei Web の見出し   本当に日本は強いのかな?、 蓋を開ければオリンピックの金1個と同じでマスコミが煽ったのを57.9%の民が勝手に勘違いしているのでは? 某夕刊によると最高視聴率が57.9%だったそうな、驚き! ... [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水曜日) 08時40分

» ワールドカップ クロアチア戦は引き分け [ファーストネ−ションズ]
おはようございます。 昨日のワールドカップ、 クロアチアに引き分け、 残念です(^^; 中田曰く、勝てる試合を2度も落としたカタチです。 しかし、GKの川口は素晴らしかったです!(^^)/ あの流れを継続して、オフェンスは意欲的にゴールを狙ってほしかったです。 次回、ブラジル戦、最も手強いチームですが、 奇跡を信じて気合を入れ直してほしいです... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月曜日) 22時18分

« 新聞社が墨守しようとしている宅配制度の末端の一幕 | トップページ | 意外な点差 »