« 前半早々の波乱 | トップページ | いやあ、びっくりした »

2006年6月11日 (日曜日)

世渡り上手な男

タイトルは決して肯定的な意味ではない。誰のことかと言えば、ジュビロ磐田の前監督山本昌邦。そう「前」なのである。毎日新聞のスポーツ欄には顔写真入りでそれなりに大きく記事が掲載されていたので、普段ならかなり目立つ。今季のJ1は既にセレッソ大阪、サンフレッチェ広島、アビスパ福岡と相次いで監督更迭が続いたが、その時の記事と比較しても扱いは大きい。

それはそうだろう。アテネ五輪日本代表監督にして、トルシエ時代の日本代表ヘッドコーチ。アテネ五輪後、古巣ジュビロ磐田に再建の切り札として満を持して執行役員待遇で、事実上のGMとして監督に就任したのだから。

人間力という言葉を一時期流行らせ(2chでは今でも流行っているのかな?)、給水のプロとしても名をはせ、一見科学的な言葉を散りばめた語り口で、知将のイメージを漂わせている人物である。その実痴将ではないか、という説もあるのだが(^_^;)、確かに話を聞いていると、だらだらと文が続いて、何を言いたいのか要領を得ないことが多い。そして常に課題を発見し続ける指導者である(と言えば聞こえはいいが、その実前の課題から何も教訓を得ていないのではないかとしか思えない。言い訳上手とも言う)。

トルシエ時代の日本代表の暴露本を出版して日本サッカー協会の顰蹙を買うも、ジュビロ磐田の評価は変わらず復帰を果たすが、他チームの主力を強引に引き抜く大型補強にも関わらず低迷から脱することが出来ない。最近ようやく若手が伸びてきたジュビロだが、最後は先日のナビスコ杯の準々決勝で2連敗してベスト4入りを逃して辞任である。

いやあ、この時期、更迭される前に辞任するとはなかなかの世渡り上手である。しかも、前述のように比較的大きな扱いの報道にもかかわらず、あまり目立っていない。連日の大々的なW杯の報道の中では、Jリーグの1チームの監督の辞任のニュースなど埋没してしまうからなあ。

ナビスコ杯はわざと連敗した訳ではないだろうが、いいタイミングで連敗してくれた、と選手に感謝しているのではないかな。もしもこのカップ戦に勝っていれば、リーグ戦は6位とそこそこの順位だし、辞任する理由が当面はない。事実上の解任なのかもしれないが、そうだとしても、解任あるいは更迭と書かれないことも含めて、この男の世渡り上手を示した出来事と思えてならないのである。

|

« 前半早々の波乱 | トップページ | いやあ、びっくりした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10472344

この記事へのトラックバック一覧です: 世渡り上手な男:

« 前半早々の波乱 | トップページ | いやあ、びっくりした »