« 開幕戦は凡戦だね | トップページ | 見出しと本文で言ってることが違うじゃねえか »

2006年6月10日 (土曜日)

内弁慶チームがアウェーで快勝

開幕戦と違って、なかなか見応えがあったポーランド・エクアドル。アウェーに弱いエクアドルが2−0で快勝した。

開始直後からのポーランドの攻勢をしのぐと、守りを固めつつ、細かいパスを繋いでゴールを狙う。
1点目は右SBデ・ラ・クルースの精度の高いロングスローからの得点。ポーランドもスピードに乗った攻めを見せるが、なかなかゴールまでたどり着けない。

後半残り15分くらいからポーランドに焦りの色が見える。そこを高い位置でボールを奪ったエクアドルが縦パスからうまく2人が抜け出して、GKをかわして決定的な2点目が入った。

ポーランドも終盤、クロスバーとポストに当たったシュートが2本あったが、これもサッカーだろう。

エクアドルは、第2戦目がドイツということもあり、この初戦に必ず勝つという決意で照準を会わせてきたようだ。直前のテストマッチではそれほど目立たなかったが、やはり親善試合の結果はそれほど当てにはならないと言うことか。今日の試合のエクアドルは、細かなパスミスはけっこうあったが、致命的なミスは見られなかったと言っていい。

これに対して、ポーランドはもしかするとエクアドルを多少甘く見ていたのではないだろうか。
(実況によると、この試合が前菜で、ドイツ戦がメインディッシュで、コスタリカ戦がデザート、などと考えていたようだ)
ここで勝ち点あげて、次のドイツ戦へのステップに、と考えていたのかもしれないが、目論見がはずれてしまった。次のドイツ戦は目の色変えてくるだろうから、好ゲームを期待したい。

それにしても、エクアドルの細かいパス回し、攻守の切り替え、相手の高さへの対応など、日本の対オーストラリア、クロアチアの戦いにも参考になるのではないだろうか。

|

« 開幕戦は凡戦だね | トップページ | 見出しと本文で言ってることが違うじゃねえか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10461599

この記事へのトラックバック一覧です: 内弁慶チームがアウェーで快勝:

» ドイツ−コスタリカ 1次リーグA組 [サッカーは好きですか?]
セレモニーの後の開幕試合はA組のドイツとコスタリカの対戦。 ドイツ国内ではバラックの負傷欠場で大丈夫か?!と不安の声が上がっているようです。 [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土曜日) 13時25分

« 開幕戦は凡戦だね | トップページ | 見出しと本文で言ってることが違うじゃねえか »