« マッチポンプの日本マスゴミは逝ってよし | トップページ | 佳境に入ったグループリーグ »

2006年6月20日 (火曜日)

妥当な評価だ、甘んじて受けよ

ドイツ紙

大衆紙ビルトは後半にFW柳沢が決定機を逃した場面について「元ドイツ監督のフェラー氏なら、ギプスをしてでも得点できた」との元西ドイツ代表リトバルスキー氏のコメントを紹介した。

イタリア紙

ガゼッタ・デロ・スポルトも「攻撃の4人はシュートしようとしない。日本選手はゴール前20メートルで姿を消す」と評した。

クロアチア紙

ベチェルニ・リスト紙は「日本の中盤は素晴らしかった」と称賛する一方で、「問題は良いフォワードがいないこと」と指摘した。

ブラジル戦は巻を先発で出すべきだな。

|

« マッチポンプの日本マスゴミは逝ってよし | トップページ | 佳境に入ったグループリーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10600184

この記事へのトラックバック一覧です: 妥当な評価だ、甘んじて受けよ:

« マッチポンプの日本マスゴミは逝ってよし | トップページ | 佳境に入ったグループリーグ »