« 新潟県「敢行狂会」 | トップページ | ロッテの商品みたいだな »

2006年6月17日 (土曜日)

晒す

固体マイナスイオンなんてインチキ科学に立脚し、MLMでないと詐称するMLMサイトからのトラックバック(笑)。晒してやる。IPアドレスは220.150.177.234。さあ、皆さん、このアドレスをフィルターに加えましょう(爆)。どうせまた違うIPアドレス使うだろけどね。

固定水素ってさあ、一体何K、何気圧なのよ?マイナス水素イオンって、反物質か何かかい(笑)?

普通は、こういう広告サイトは黙って削除して、IPアドレス禁止リストに加えるだけなのだが、インチキ科学は排除しなければならないので、敢えて晒すことにした。物笑いのネタになっちまえ!

(追記)
K殻が電子2個で満たされて閉じた上にもう1つ電子がくっついたヒドリドという水素の陰イオンは存在するが、存在する条件や還元剤としての作用は限定的。ヒドリド、あるいは陰イオンと書かずに、マイナス水素イオンなどと書いている時点で、ブーム便乗は明白である。

(追記2)
関連して、こんなトンデモオバハンがいるのね。
我が母校もトンでもないのに、学位を与えたものだ。もっとも私が入学する前の話だが(^_^;)。
堀江、永田、村上、福井、そして菅原。国立大学で学生数が一番多い(歴史も一番古い)と言うことは、トンデモな奴の数も一番多いと言うことなのかぁ〜?

|

« 新潟県「敢行狂会」 | トップページ | ロッテの商品みたいだな »

コメント

火元はこの人のようです。
おもいっきり怪しい。
http://www.nippon-euro.co.jp/kotaisuiso.html

投稿: nenpiro | 2006年6月17日 (土曜日) 23時10分

>>nenpiroさん

ネタもとの情報提供、どうもです(^_^)。
及川胤昭ね。即、トンデモ認定だな、こりゃ。
http://www.nippon-euro.co.jp/oikawa.html

経歴見ると凄いですな。山形大学助教授の後、生物工学研究所設立。教授に昇進できなかったのか?論文も1973年のネイチャーだけじゃないの。33年も前じゃないか。しかもその後は86年のニュートン(^_^;)。まともなレフェリーつき論文はないのかね?

それから、このサイトの記述。
「私たちの酸化し過ぎた身体」
そんな、私たちの身体は有機物質主体なんだから、酸化しすぎってw....

「分子(水素イオン)の微細レベルで加工した固体マイナス水素イオン」
固体マイナスイオンというだけで十分すぎるくらいトンデモなのに、分子(水素イオン)って(爆)。陽子(水素イオン)ならわかるけどなw

「身体の自然免疫力」
普通、自然治癒力っていいますな。免疫力というなら自然をつける必要はない。もともと自然のものだからw。

「東北公益文科大学」なんて大学あったのかあ。
http://www.koeki-u.ac.jp/

これも胡散臭い、稲毛新聞。
http://www.chiba-shinbun.co.jp/0606_01.html

投稿: フロレスタン | 2006年6月18日 (日曜日) 00時24分

フロレスタンさん、

探してみると、世の中、こんなアホなんで溢れかえってますからねぇ。ヒドリド云々は別として、何よりも薬事法違反の広告ですから、ナンボでも叩いて良いでしょう。

もう一つのオバハンは、マイナスイオン関連の大御所で有名ですな。この手の話を叩いてる国連大学副学長の安井先生が、「マイナスイオン三悪人」と呼んでる連中の一人ですね。

投稿: 温泉カワセミ | 2006年6月18日 (日曜日) 10時09分

>>温泉カワセミさん

マイナス水素イオンで検索すると、ほとんどがこの製品の販売関連のサイトですね。三越まで扱っている(笑)。頭部ログだけでは影響力はほとんどありませんが、言い続けないといけませんね。

安井先生のサイトも時々見ますが、菅原オバサンはもう何年も前から批判していたのですね。マイナスイオンは、大手メーカーのエアコンから始まって、今ではカーエアコンまでマイナスイオンうたっているので、定着してしまっているかもしれません。シャープあたりの罪が重いなあ。あの会社、まともな製品もあるけど、トンデモ製品もけっこうある。

投稿: フロレスタン | 2006年6月18日 (日曜日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10565510

この記事へのトラックバック一覧です: 晒す:

« 新潟県「敢行狂会」 | トップページ | ロッテの商品みたいだな »