« 世渡り上手な男 | トップページ | 続けては2試合までがテレビ観戦の限界だなあ »

2006年6月11日 (日曜日)

いやあ、びっくりした

おお、何ということだ。スウェーデン対トリニダード・トバゴはスコアレスドロー。

前半、前線に1人残して引いて守るトリニダード・トバゴに対して攻めあぐねたスウェーデン。攻め疲れの色合いが濃い。

しかし、後半早々4分にトリニダード・トバゴはDFのA・ジョンが二枚目のイエローで退場。これでスウェーデンが圧倒的優位に立つかと思ったが、トリニダード・トバゴのベーンハッカー監督はFWの選手を入れて前線を2枚に変更した。これで守りの人数は2人少なくなったが、かえって守備の集中が増したようだ。しかも時折カウンターを仕掛けるので、スウェーデンはその警戒が必要になる。

ボールはよく回るが、最後が決めきれないスウェーデン。エースのイブラヒモビッチやラーション、それに代わって入ったアルベックが何本もシュートをはずしていた。最後の方は焦りと疲れだけが目立ってしまっていた。何というか攻撃が単調に見えたのが気になるところ。攻めに緩急がなく、相手に引かれた時に決定力不足を露呈する、というのは日本代表にも言えることだ。

トリニダード・トバゴは、最後まで集中を切らさなかったDFが光るが、レギュラーGKであるK・ジャックの代役ヒスロップが何度もファインセーブを見せた。不敵にそして楽しそうに笑っていたベーンハッカー監督。事前の研究、準備、戦術、そして当日の非常事態に対応した采配がずばり当たったというところだろう。

この試合のスウェーデンの攻めの拙さとトリニダード・トバゴの守備、そして意志の強さと集中力は、日本代表にも大いに示唆を与えてくれるのではないかと思う。

正直、私もほとんど事前の情報がないまま、マスコミ報道に踊らされてしまったことは反省材料だ。初出場で最初の試合に見事に勝ち点1をあげたトリニダード・トバゴに敬意を表する。
次は旧宗主国であるイングランドとの対戦だが、今日の試合を見てイングランドも警戒を強めるだろう。また楽しみな試合が1つ増えたと言うことだ。寝不足が止まらないな(^_^;)。

|

« 世渡り上手な男 | トップページ | 続けては2試合までがテレビ観戦の限界だなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10473454

この記事へのトラックバック一覧です: いやあ、びっくりした:

« 世渡り上手な男 | トップページ | 続けては2試合までがテレビ観戦の限界だなあ »