« いい加減に間違った用法はやめよ | トップページ | またラテンを相手に疑惑の誤審かよ »

2006年6月19日 (月曜日)

こんなものかな

クロアチア戦は結局0−0の引き分け。ノックアウトラウンド進出に一縷の望みは繋がったが、苦しいことには変わりない。ただ、これでブラジルには勝たないといけなくなった訳で、ガチンコの試合が見られるのは楽しみである。宮本出場停止なので、4バックで坪井を入れることになるのだろうか。連係さえきちんとすれば、高さや強さでは負けなくなるはずだ。

とにかく攻めに緩急つけて、ルシオのところを狙おうぜ。
加地とホベルト・カルロス、中田英とカカーないしホナウジーニョといったマッチアップも見所だ。アレックスがカフーにどこまで通じるか。

今日の試合は、攻めに緩急がなかったよな。中田英も試合後のインタビューでも言っていたが、暑さのせいもあったのだろう。せっかく川口がPK防いでくれたのだから、やはり柳沢はシュート決めて欲しかったよな。これは日本人全員がそう思ったろう。最終戦がどうなるかわからないが、これで欧州サッカー市場における柳沢の価値は今以上に上がることはないだろう。高原もシュート打てなかったしなあ。最終戦はブラジルDF対策として玉田・巻で見てみたいぞ。

中村は左足の怪我や発熱のせいか、あまりいい調子には思えなかった。CKは小笠原かアレックスに蹴らせた方がよかったようにも思えた。それと今日は福西がよくなかった。簡単に相手に抜かれてしまい、後半から稲本に代わった。第一戦の疲労が残っているのか、単純に調子を落としているのか、気になるところだが、ここは他にも遠藤、中田浩と代替要因が豊富なので、チームとしては心配はいらないと思う。

相変わらず自陣ゴール前で簡単にミスパスすることが多いのは、何とかならないものかね。これはいつまで経っても解決されないままだ。こういうところを修正して、去年のコンフェデ杯に劣らないスペクタクルな試合を見せてくれ。世界はまだ驚いていないぞ。

ところで、E組のイタリア・アメリカ戦は壮絶だった。レッドカード3枚で、最後はイタリア10人、アメリカ9人に。最初の退場となったデ・ロッシのヒジ打ちでは、マクブライドがかなりの流血だった。結局イタリアは勝ちきれずに1−1の引き分け。リーグ首位に立った訳だが、最終戦はチェコが必死で勝ちに来るだろうし、決勝Tに進みたいアメリカもガーナに勝ちに行くだろうから、こちらも目の離せない試合になった。

|

« いい加減に間違った用法はやめよ | トップページ | またラテンを相手に疑惑の誤審かよ »

コメント

こんばんは

日本引き分けましたね

色んな所で「ブラジルは無理」とか早くも諦めてる方がいるみたいですけど、僕はブラジルに勝ってくれそうな気がするんですよね。
日本代表は何故か格上には、いい試合しますから。
中村はドイツ入りしてから余り調子が良さそうじゃないですが、ブラジル戦までには何とかして欲しいもんです
サントスは今日の試合を見る限り、守備はまー置いといて、攻撃はそこそこ良かったのではないかと。

今、ブラジル×オーストラリア戦を見てるんですが、5-0とか7-0みたいな大差を付けてオーストラリアに買って欲しいですね~

もうサッカーしたくは無いですってぐらいにコテンパンにしてもらって、クロアチア戦まで引きずって引き分けで終わるぐらいになってくれたら


しかし、相変わらずロナウドとアドリアーノ二人は動かない・・・・・・居なくてもいいんじゃないだろうか

投稿: ガウショ | 2006年6月19日 (月曜日) 01時10分

>>ガウショさん

おっしゃるとおりですね。どうしてブラジルには勝てないと決めてかかるのか、不思議で仕方ありません。どうもブラジル本調子でないようですし。

ただ、今の試合見ていると、オーストラリアに大差着けて勝つ、というのは期待できません。それどころか下手すると負けるかも。そうなったら最終戦は大変ですね(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2006年6月19日 (月曜日) 01時55分

全体的に見て、前回のオーストラリア戦のほうが、日本選手団は元気があったような気がします。「これだけ止めてるんだから、みんなも何とかしてよ」って、川口の声が聞こえてきそうだねって、これは一緒に観戦してた、ベルギー人の感想。ブラジル戦には勝てないだろうと思い込むのは、マスコミの勝手だが、聞こえなくても選手の士気に響くよ、よくない。観戦今日も楽しかった。
外はまだ明るいです。

投稿: 圭 | 2006年6月19日 (月曜日) 05時02分

引き分けちゃいましたね。目立つのはキーパーだけ。FWは相変わらず何やってんだか?柳沢はチャンスを生かせないし、高原はシュートすら打ってないですからね。俊介にはせめて方向だけでもゴールマウスにいれて欲しかった。

さて、ブラジル戦ですが。あたしゃ、文系の奴らの精神論(ど根性論)が大嫌いなので、ブラジルに勝てるとはこれっぽっちも思っちゃいません。胸を借りるなんてのは初めから負けを意識するので、川口が言ったように”失うものがない”意識で、日本のサッカーを思いっきり展開してちょーだい。

アメリカは凄かったですね。イタリア相手によくやりました。バスケやMLBほどメジャーじゃないですが、世界で展開されるスポーツにアメリカが出てくると面白い。

投稿: outlaw | 2006年6月19日 (月曜日) 08時30分

 折角昨日で日本人のバカ騒ぎも終わると思ったら、木曜日まで持ち越しですかトホホ。まぁ、ブラジルが本調子ではないというのは事実ですが、それにすらろくに勝てるレベルではないというのが日本の現実なんですから、それは潔く受け入れないとダメでしょう。夢を見ていても裏切られるだけです。
 取り敢えず、決勝T進出が約束されているブラジルには、日本に「もう10年くらいはサッカーしたくない」と言わせるような公開処刑を期待したいところです。そのくらいのショック療法でもなけりゃ、日本の意識なんか変わりませんって。目標は、1982年のエルサルバドルを上回る11得点ですね。

投稿: 五月原清隆 | 2006年6月19日 (月曜日) 10時09分

>>圭さん

このままだと川口は、W杯一番出場試合数が多いのに、勝利を経験していない日本人GKになってしまう可能性がありますね。
根拠のない強がりはよくないけれど、それ以上に悲観的になるのはどんなものかと思いますね。仮にブラジルと100試合やって1回しか勝てないとしても、その1回が今度の試合かもしれない(別に私は過度に期待しているわけではない。勝っても他チームとの関係で決勝T進出はほとんど絶望的なので)。

>>outlawさん

そうそう。こうなったら自分たちのサッカーを見せてくれることが一番ですね。ただ、精神論ではなく、監督はじめスタッフが皆ブラジル人なので、相手の心理状態などがつかみやすいのではないか、という点には期待したいところです。もっとも体力や技術がついて行かなきゃ話にならんわけですが(^_^;)。

>>五月原さん

本当に莫迦騒ぎをする連中は、別に日本代表がいなくなっても騒ぎますよ。よって7月9日までお祭りは続く、と。公開処刑ですが、そんなことをするとノックアウトラウンドのチーム状態がめちゃくちゃになるから、そんなことはしないでしょう。それになんだかんだ言ってもこちらの監督はブラジルで大臣まで務めたジーコですから、そこはやはり格下でも敬意を持って来るはずです。マスゴミのような空騒ぎも嫌だけど、自虐的なのも私ゃ嫌い。

投稿: フロレスタン | 2006年6月19日 (月曜日) 19時11分

(^@^)<柳沢と宮本は、怠け者だから嫌いだよぉ。あれはプロとして恥ずかしいよぉ。川口は格好よかったよぉ。

と、子よいこ先生が昨晩怒っておりました(笑)。

投稿: JosephYoiko | 2006年6月19日 (月曜日) 20時52分

>>Yoikoさん

子よいこ先生は、なかなかよく観察しておりますね(^_^)。

高原に至っては、怠け者にも入らないくらい、試合から消えていた、ということですかね(^_^;)。カミさんが、「高原」にひっかけてキャンプなどとほざいておりましたが、本当にどこかに遊びに行ってしまったのではないかと....

投稿: フロレスタン | 2006年6月19日 (月曜日) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10586609

この記事へのトラックバック一覧です: こんなものかな:

« いい加減に間違った用法はやめよ | トップページ | またラテンを相手に疑惑の誤審かよ »