« 辛ドラー・エレベーター | トップページ | 標的はいつもオヤジ、ですか »

2006年6月 8日 (木曜日)

開き直りか人を莫迦にしているのか?

シンドラー・エレベータのサイトに「事故に関する一連の報道について」と題した、次のような記述がある。

プレスリリース 2006年6月7日 10:30AM


再度、今回の事故にあたり、被害者の方のご冥福をお祈り申し上げますとともにご遺族の方々には心より哀悼の意を表します。

ここ数日間、シンドラーエレベータは捜査当局による捜査に全面的に協力してきております。

報道においてシンドラーの名前が大きく報じられているのは残念なことですが、ご遺族の方への哀悼の意を除いては、捜査当局により事故の原因究明が確定されるまで、コメントを表明することを控えることとしています。

事実が公表された時点で、シンドラーの名前が大きく報じられることはなくなると確信しています。

エレベーターでは世界第2位の現地法人であるシンドラーエレベータ株式会社は、我々の製品及び保守が高い安全基準を満たしていると自負しています。

シンドラーエレベータ株式会社

これ読む限りではあまりまともな会社ではなさそうだ。

「世界第2位」の会社がなぜ日本市場で1%しかシェアが取れないのか、真面目に考えたことはないのだろうな。
談合のせいにしてないか?それは一面事実かもしれないが(笑)、ちゃんとした製品つくっているなら、選ぶ施主はもっといるはずだぞ。

|

« 辛ドラー・エレベーター | トップページ | 標的はいつもオヤジ、ですか »

コメント

因みに世界第1位はOTISですが、日本法人は松下と住友グループの資本が入ってますね。
http://www.otis.com/cp/categorydetails/1,2239,CLI57_CPI2_RES1,00.html

でも日本でのシェア1位は、三菱電機のエレベータだそうです。ちょっと世界的に見ると特殊な市場なのかも知れませんね。

投稿: JosephYoiko | 2006年6月 9日 (金曜日) 00時40分

>>Yoikoさん

確かに特殊な市場なんでしょうね。日本だとあと日立なんかもあるし。
OTISに松下の資本が入っているのは、知る人ぞ知る、ですね。

日本のエレベータで特殊と言えば、「閉」ボタンでしょう。海外だと「開」はあっても「閉」はないのが普通ですね。

投稿: フロレスタン | 2006年6月 9日 (金曜日) 09時05分

フロレスタンさん:

ホームエレベータですと、松下電工とOTISの合弁会社がありますし、OTIS自体も松下社内とOTIS自体の2つの営業窓口持ってますね。

あと、結構大きいのは、住友不動産が株主だってことですね。商業ビル一杯持ってますし。

投稿: JosephYoiko | 2006年6月 9日 (金曜日) 13時52分

>>Yoikoさん

今度、新宿に行く機会があったら、三角ビルのエレベーターのメーカーを確認してみます。シンドラーだったりして(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年6月 9日 (金曜日) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10441928

この記事へのトラックバック一覧です: 開き直りか人を莫迦にしているのか?:

» 「シンドラーエレベータ」製 270件昇降機トラブル [おやじニュース]
男子高校生が挟まれて死亡した東京都港区のマンション以外に同じ「シンドラーエレベータ」製のエレベーターのトラブルが1999年から今月にかけ、軽微なものも含めると、 [続きを読む]

受信: 2006年6月 9日 (金曜日) 07時05分

» シンドラーのリスト [沖縄観光]
第二次世界大戦中のシンドラーは多くの人々の命を救いましたが、 今日のシンドラーは多くの人々の命を脅かしていますね。 どこまで増えるのでしょう、このリストは・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年6月14日 (水曜日) 14時45分

« 辛ドラー・エレベーター | トップページ | 標的はいつもオヤジ、ですか »