« 南米予選3位と北中米カリブ予選3位の激突 | トップページ | 本当の「死の組」は? »

2006年6月16日 (金曜日)

力尽きたか

旧植民地、よく頑張った。後半38分までイングランド相手に0−0。

前半はボール保持率がイングランド62%、シュート15本と圧倒するも得点ならず。終了間際にはトリニダード・トバゴに惜しいチャンスがあった。前線に飛び出してシュートを打っていたランパードが目立たなくなっていた時間帯だった。時間にすればわずかではあったが、攻め込まれていたということだろう。あわや得点というところをDFテリーが必死でクリア。いや、前の試合からずっとだが、イングランドのセンターバック2人は目立たないけど安定している。

後半は、焦ったのか頭に血が上ったのか、イングランドはあまりできがよくなく、ベッカムのクロスも精度を欠く。しばしば相手選手に蹴ったボールが当たっていた。エリクソン監督は勝負をかけてルーニー投入。決勝トーナメントまで温存できない展開になってしまったともいえる。これでもしもイングランドが勝てなかったら、マンUとエリクソンの関係が悪くなっていただろう(笑)。しかもテリーとファーディナンドの2人だけで守り、時々ははそのテリーも前に出て行くという「俺たちは怒っているんだぞ」という怒濤の攻撃的展開をしていた。

さすがに初戦の半分を10人で戦い、この試合も引いて守っていたトリニダード・トバゴ。足が止まってきた。選手の動きや時間経過をみると、日本・オーストラリア戦を見ているようでもあった。後半38分に身長198cmの倉内、じゃなくてクラウチ(あんなでかいのが立っていてもCrouchか^_^;)のヘディングで決めると、ロスタイムにはジェラードの鋭いミドルシュートでだめ押しの追加点。

ところで、ランパードって、舌をちょっと右の方に出すのが癖みたいね。めざとい似顔絵画家がいたら、是非描いてみて欲しい。むっつりした表情だけど、警告(イエローカード)受けた時のすがるような眼は、なかなかかわいらしかった(笑)。

さて、欧州の強豪国2つに大健闘のトリニダード・トバゴ。最終戦の相手は「ご近所」のパラグアイである。こういう場合、(疲労もたまっているし、プレースタイルもそれまでの相手と違うしといったこともあり)しばしば大コケすることがあるものだが、是非最後まで緊張感を保ってよい試合を見せてもらいたいものである。ベーンハケル監督の手綱の引き締め方はどうだろうか。

|

« 南米予選3位と北中米カリブ予選3位の激突 | トップページ | 本当の「死の組」は? »

コメント

フロレスタンさんおっしゃる、『選手の動きや時間経過をみると、日本-オーストラリア戦をを見ているようであった』って、ご近所イギリスおやじも、同じようなこと言ってました「後半のイングランド、頭に血が上ってたみたいね。素人でもわかったわ」(フロレスタンさんのブログ読む前の私の感想。同じこと考えてたなんて、さすが前世一心同体とはこのことよ)と言ったら、ムッとした顔して帰って行った。このおやじ、昨夜はドイツ人学校のW杯鑑賞会に入り込んで騒いでおったのを、たまたま目撃。

投稿: 圭 | 2006年6月16日 (金曜日) 05時14分

その英国おやじ、今日は「宿敵」アルゼンチン戦があるから、セルビア人の中に潜入するかも(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年6月16日 (金曜日) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10543729

この記事へのトラックバック一覧です: 力尽きたか:

« 南米予選3位と北中米カリブ予選3位の激突 | トップページ | 本当の「死の組」は? »