« 悪い結果に言い訳する悪い大人 | トップページ | 糞ローゼの「2発」で決まりかよ! »

2006年6月30日 (金曜日)

分岐点

W杯はいよいよ準々決勝である。ここで負ければサヨナラしなくてはならないが、勝って準決勝に進むと、負けても3位決定戦がある。ベスト4のチームは7試合を戦え、エースストライカー達には得点王のチャンスも開けるというものだ。もっとも、94年の米国大会では、グループリーグ敗退のロシアのサレンコが、リーグ戦の一試合5ゴールを含む6得点で、ブルガリアのストイチコフと得点王を分けたこともあるけれど、これはやはり例外といえるだろう。その後ストイチコフはJリーグの柏手もプレーした。

さて、今大会はこれまでドイツのクローゼが4得点で得点ランキングトップ。そしてアルゼンチンのクレスポとロドリゲスが3得点で続いている。この両チームが準々決勝で対戦するが、優勝の行方とともに、得点王争いにも影響することは必死である。

ドイツは、そのクローゼが心身ともに最高の状態と言っているようだが、地元開催とはいえ、そういう時にはえてして落とし穴があるもの。それすらないくらいに万全というなら何も言うことはないが、あくまで11人のチームプレーである。準決勝進出へのプレッシャーから守備陣が崩れる可能性もある。それはお互いだろうが、ここは期待を込めてアルゼンチンの勝利を願うこととする。言うまでもなく、前のエントリーでも書いたように「豚野郎」に勝って欲しくないし、身長でハンディのあるチームが技術や戦術で勝つ、というのは日本のお手本にもなりうるからだ。

残りの組み合わせはイングランド・ポルトガル、イタリア・ウクライナ、ブラジル・フランス。
ここまで来たら、論理的な分析・考察でなく、感情と勢いで勝利チームを予想しよう(笑)。

アルゼンチン、ポルトガル、ウクライナ、フランスである。
理由は聞かないでね。理屈じゃないから(笑)。

|

« 悪い結果に言い訳する悪い大人 | トップページ | 糞ローゼの「2発」で決まりかよ! »

コメント

得点王は・・・・・ポルトガルのパウレタとかどーでしょう?クレスポかなと思ってるんですが、期待されていない選手が取るのではないかと。
アルゼンチン×ドイツは、フロレスタンさんと同じくアルゼンチンに勝って欲しいですね。サイドから崩していくサッカーも好きですが、パスで崩していくサッカーも好きなので


僕もフロレスタンさんの真似して感情と勢いで勝利チームを予想しますと

アルゼンチン・ウクライナ・ポルトガル・・・・・・ブラジルですね

理由は好きな選手が多く所属してるからですね(笑)

投稿: ガウショ | 2006年6月30日 (金曜日) 23時01分

板・浮く戦はザンプロッタの先制ゴールをみたところで、眠気に勝てず。結局3−0でイタリア勝利でしたね。

どうも今大会のイタリアは波が激しいようで(笑)。
いい状態なら開催国撃破も期待できるが、グループリーグのアメリカ戦みたいな展開だとまずいな....

投稿: フロレスタン | 2006年7月 1日 (土曜日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10738814

この記事へのトラックバック一覧です: 分岐点:

« 悪い結果に言い訳する悪い大人 | トップページ | 糞ローゼの「2発」で決まりかよ! »