« イヴァノフの莫迦 | トップページ | WBCで元気づけられたかな »

2006年6月27日 (火曜日)

解散した日本代表チーム、テレビ見てるか?

イタリア・オーストラリアは1−0でイタリアの勝利。
後半5分にマテラッツィが一発退場で10人になったイタリアが、後半終了間際に左SBグロッソがドリブルで攻め上がり、そのままペナルティエリアに切れ込んで、オーストラリアDFニールのファウルを誘った。このPKを途中出場のトッティが決めて、試合終了。

前回の同じの決勝トーナメント一回戦。イタリアの相手は国こそ違え、監督は同じフース・ヒディンク(Guus Hiddink)。そしてトッティは誤審によるシミュレーション判定で退場し、イタリアは延長の末敗れた。劇的な復讐激の実現と言っていいだろう。

またまた勝敗予想は中りました(^_^)。得点はまたはずれたけれど、同点で延長にもつれこむ、ってのはけっこういい線行っていると自画自賛しておこう(^_^;)。

それにしても、オーストラリアは体力まかせでガンガン来るよな。ヒディンクがいつもよりも選手交代遅かったが、0−0だったし、相手が1人少ないから、このまま押し込めばいいと判断したのだろうか。実際イタリア選手には疲労の色が見え、ゴール前で細かくパスを繋ごうとして失敗し、あわやというピンチも何度か迎えたが、そこはカテナチオの伝統か、守りきってしまった。

延長になっていたら、イタリアは体力的にきつかったろう。プレッシャーのかかる場面でPK決めたトッティも素晴らしいが、状況を考えたプレーをしたグロッソがヒーローだ。実際イタリア選手は皆グロッソを囲んでその功績を称えていた。

日本戦の後半と似たようなオーストラリアの怒濤の攻めと防戦一方のイタリア。イタリアだって(でかい奴はいるものの)それほど体格に恵まれている訳ではない。それでも対人や空中戦に強い175cmのカンナバーロのような選手もいる。

最後まで集中力が切れず、動かなくなった足を叱咤する精神力があることは素晴らしい。
これは単なる精神論ではない。

昨日のポルトガルなどもそうだが、見ていると全員が、局面局面で何をしなければならないかをきちんと考え、判断し、それがほぼ一致しているのだ。もしもずれがあれば、コーチングですかさず修正する。これが伝統のなせる技なのだろう。

翻って、似たような状況でわが日本代表はどうか、というと、「遊んでいる奴」がいるのだ。「遊んでいる」とは、状況に即して考えてない、考えていることが皆と違っている、動いてない、といったことだ。これは引いたアングルでの画面で選手達の動きを見ているとわかる。

それにしても、警告、退場が多いなあ。怪我人もけっこう出ているし、準決勝あたりでは、フィールドプレーヤー10人揃わないチームが出てくるんじゃないか??まあ試合自体はフィールドプレーヤー6人いれば成立するのだが....

|

« イヴァノフの莫迦 | トップページ | WBCで元気づけられたかな »

コメント

人数で劣っていても勝つとはさすがイタリアですね。あれはわざと足を引っ掛けたように思えたのですが、それにしてもロスタイムでのPKですからね。PKを誘うほどの個人の技術はさすがに何枚も上手です。

オーストラリアの勝つことへの積極的な姿勢も気持ちが良かったです。

投稿: outlaw | 2006年6月27日 (火曜日) 09時33分

>>ourlawさん

あそこでオーストラリアDFはタックルして倒れ込んでしまったのが痛かったと思います。確かにわざと臭いプレーではありますが(笑)、あそこまで切れ込んだからこそ、と考えればファインプレーでしょう。アズーリ、というより、「あ、ずるぃ」ってとこでしょうか(^_^;)。

それにしても、オーストラリアのサッカーは、どうしても半分くらいラグビーに見えるのは私だけ?

投稿: フロレスタン | 2006年6月28日 (水曜日) 02時15分

>オーストラリアのサッカーは、どうしても半分くらいラグビーに見えるのは私だけ?

同感です。なにせ、Ozzie Footballの国ですから(笑)。あのFWの体格といいお国柄は出ますね。

投稿: outlaw | 2006年6月28日 (水曜日) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10694996

この記事へのトラックバック一覧です: 解散した日本代表チーム、テレビ見てるか?:

» 劇的イタリア [The baguette]
W杯決勝T イタリア対オーストラリア イタリアは選手層は厚い。トッティーに代わって デルピエロを使ってきました。 イタリアを相手に日本・・げふげふ、オーストラリアが どんな試合をするのか見物だったのですが、 それほど押し込まれる訳でも無く、 かと言って攻めに枚数かける訳でも無く。 中盤でプレッシャーかけてよく守った。 イタリアは中盤で思う様にできないけど、 前線にボールを放り込んで打開しようとする。 何度かチャンスはあったんだけど オーストラリアの守備に阻まれる。... [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火曜日) 07時11分

» W杯18日目結果。イタリアが劇的勝利!ウクライナがPK戦を制す! [格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)]
W杯18日目結果です。 決勝トーナメント1回戦 イタリア 1−0 オーストラリア後半48分 トッティ(PK) ウクライナ 0−0 スイス   (PK戦 3−0 )PK戦二人目 ミレフスキーPK戦三人目 レブロフPK戦四人目 グセフ イタリア劇的勝利...... [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火曜日) 07時23分

» W杯決勝T1回戦3日目 イタリア、ヒディングに雪辱!ウクライナPK勝ち! [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
イタリア勝ち抜け!! [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火曜日) 09時12分

« イヴァノフの莫迦 | トップページ | WBCで元気づけられたかな »