« 見出しと本文で言ってることが違うじゃねえか | トップページ | 世渡り上手な男 »

2006年6月11日 (日曜日)

前半早々の波乱

W杯、グループリーグB組のイングランド・パラグアイ戦。

前半4分にベッカムのFKが相手DFガマーラの頭に当たって記録はOG。結果的にこの点をイングランドが守って1−0で勝った訳だが、前半早々にパラグアイGKビジャールが足を負傷してボバディージャと交替した。ボバディージャは交替直後にゴール前で間接FKを取られる(ボール保持の時間が長すぎたか?)など、開始から10分まではドラマがあったというか、ドタバタした展開だった。

前半はイングランドの組織がよくできていて、プレスもかかり、パラグアイを圧倒していたが、パラグアイも徐々に落ち着いてきてよくしのいだ。

暑さのためか、後半はイングランドの運動量が落ちて、中盤に大きなスペースができる。前半とうってかわってパラグアイが終始優位に試合を進めるが、イングランドのゴール前の守りが堅く、組織的に崩すことができず、決定的なチャンスを得られないまま、結局追いつくことは出来なかった。

ベッカムのフリーキックは、ちょこんと何気なく蹴っているようで精度が高くてさすがだが、目立ったのは前半くらいだった。イングランドでは、むしろランパードがしばしばミドルシュートを枠内に打つなど攻守にわたって目立っていた。それと地味だが安定した最終ラインのファーディナンドとテリー。ここいらがドイツのメルテザッカー、フリードリッヒと違うところか。

今日の試合を見る限りでは、最初のピークを3戦目の対スウェーデン戦に持っていこうとしているのだろうと思われる。

そうそう、この試合はNHK・BSでなくフジテレビで見た。どうしても井原正巳のもったりしたしゃべり方が好きになれないからだが、今日のフジの中継は実況の青嶋アナも解説の清水秀彦氏も抑制が聞いていてうるさくなく、試合そのものを堪能できた。

|

« 見出しと本文で言ってることが違うじゃねえか | トップページ | 世渡り上手な男 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10472114

この記事へのトラックバック一覧です: 前半早々の波乱:

» きたぞ藍ちゃん!!&やっぱりベッカムはすごかった。。【ゴルフ馬鹿】 [ゴルフ馬鹿@GORUのゴルフな毎日]
女子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米女子プロ選手権にて今のところ我らが藍チャンが [続きを読む]

受信: 2006年6月11日 (日曜日) 22時32分

« 見出しと本文で言ってることが違うじゃねえか | トップページ | 世渡り上手な男 »