« 最近は字の読めない輩が増えているようで(笑) | トップページ | グループリーグが終了したわけだが »

2006年6月23日 (金曜日)

日本サッカーは進化しているのか?

W杯F組の日本・ブラジル戦、NHKの中継は野地アナ。このアナはしゃべり方がどうも好きになれない1人なのだが、それを置いても最後の一言が気になった。

「日本サッカーは進化しています。」

え゛っ(@_@)。ブラジル相手に先取点あげたからか?前の試合で海外のW杯初めての勝ち点をあげたからか?

確かに今日の試合の先制点は、素晴らしかった。シンプルで早いボール回し。ゴールへの素早い動き。これが日本サッカーの真骨頂である。これならブラジルも崩せる、というお手本である。

しかし、前半から飛ばしていたのは明らか。こんな戦いがどこまで持つのかと心配になった。それでも1−0のまま前半ロスタイムに突入。ロスタイムは1分台。守りきればリードして終了できる、と思ったら、残り30秒くらいで集中力が切れていた。プレスが甘くなり、中盤にぽっかりスペースができて、ブラジルにボールを回されて、最後は「不振の」ホナウドに頭で決められてしまった。まずい、と思ったら案の定決められてしまったのだ。前半とはいえ、1993年のドーハの悲劇の再現のようである。

おデブちゃんの調整試合になってしまったな。パレイラパヘイラ監督の思うつぼだよ。ホナウドはもう1点決めて、いつの間にかW杯通算最多得点に並んでしまった。

何故守りきれない?!オーストラリア戦も逃げ切れなかったが、こうした展開は、今大会の出場を決めた後の強化試合でも繰り返されていた。ウクライナ、ラトビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリアそしてドイツ。それでも、本番でこうした課題が克服されればいいと思っていたが、それははかない希望だったのね。これでどうして進化しているといえるのか。そういうさりげない、しかしミスリーディングな一言が、日本サッカーの本当の進化の足を引っ張るのではないだろうか。

結果論だが、やはり直前のドイツ戦は勝っておくべき試合だった。あの試合を勝っていれば、本番でももう少し精神的に安定して、違った試合運びができていただろう。

同点にされた時、オーストラリア戦で追いつかれた時と同じ、うつむき加減の日本選手の表情が何とも言えない。あそこで下を向かないメンタリティは、日本人には無理なのか?

これでブラジルは楽になり、逆に日本は後半開始早々から、プレスがかからずスペースを与えてブラジルに好き放題にされる。後半開始早々で「もう終わったな」と思ったら、案の定、ジュニーニョ・ペルナンプカーノの豪快なミドルシュートが決まってリードされた。彼はもともとFKの名手だし、所属するリヨンでも中心選手として活躍しているが、その実力の一端を見せてくれた。
中村はこの試合もほとんど存在感がなかった。途中交替の高原は(どうしてあそこで高原を入れたかもよくわからないが)、交替直後に膝を痛めてすぐに大黒に交替。いいところが全くなかった今大会を象徴するようなシーンだった。所属クラブの移籍が決まって、すっきりと臨める大会ではなかったのか?これでは(レギュラーを確約されたという)移籍先での扱いもどうなることかわかったものではない。この2人は前回悔しい思いをして、それをはらそうと4年間努力してきたことは認めるが、結局は空回りだったということか。

中村を前半で引っ込めて、遠藤を入れてみて欲しかったな。

試合が終わっても、中田英寿はピッチに横たわったまま起きあがれない。アップで映された顔は涙顔であった。本人にしかわからない様々な思いが駆けめぐっていたのだろうな。川口も結局W杯で6試合ゴールを守りながら、1分け5敗に終わった。彼も心の中で泣いていることだろう。1998年の初出場から日本代表を支えてきたこの2人の無念さを、是非日本サッカーが次なるステップに飛躍する土台にする必要があることは言うまでもない。

ところで、ジーコは退任だからともかく、会長以下日本サッカー協会の面々はどういう反省をするのかな?普段Jリーグの試合に関心がない俄ファンを煽ったマスゴミはどうするのかな?どうせ何も変わらないだろうけどなw。次の監督人事で、向こう4年間をどうするかの協会の考え方がわかると思うが、唯でさえ谷間の世代と呼ばれている、アテネ五輪代表やその下の年代の若手を伸ばさないと、4年後はもっと厳しいぞ。

ジーコの目指した自由なサッカーは間違っていなかったと思うが、選手の多くがついていけなかった。トルシエの規律サッカーに4年間洗脳された選手も少なくなかったなあ。戦術がない、という批判もあるが、自由なサッカーなのだから特定の戦術はないでしょう(笑)。ジーコの問題点は選手交代である。大事なオーストラリア戦でその選手交代に失敗した結果、全てがダメになってしまったのだ。

普段はよく言われるのに、今回の中継で何故か実況アナ、解説者とも口にしなかった言葉がある。

マリーシア

日本文化に馴染まないこの言葉。サッカーはその国の文化の反映でもある。マリーシアなしでも世界と互角に戦えるサッカーは可能なのだろうか。

さて、もう一試合は壮絶な肉弾戦、後半35分くらいからはこっちの試合を見てしまったよ。打ち合いの末、2−2の引き分けでオーストラリアが決勝トーナメント進出を決めた。退場者が双方1人ずつあって後半40分過ぎには10人対10人になっていたが、さらに43分頃イエロー2枚もらったクロアチアのシムニッチが(主審が気がつかずにレッドカード出さなかったので)そのままプレーするというハプニングまであった。終了のホイッスルの本当の直前にシムニッチにはレッドカードが出ていたけれどね(笑)。

またヒディンクマジックとやらが喧伝されるのだろうな。しかしなあ、誰が最初のゴールを決めるか賭をしたり、10番つけた選手が主審の批判して出場停止の可能性がささやかれるような「未成熟な」チームが勝ち残ってしまったよ。日本とクロアチアはだらしないな。こうなったらイタリアに処刑をお願いするしかない。そして、日本は今後アジアの舞台で当たることになるのだから、同じ過ちは繰り返さないでもらいたい。

E組はチェコがイタリアにいいところなく敗れてグループリーグ敗退。ポラークは警告2回で退場する始末。インザーギの2点目は、GKを1対1で弄んだ。日本のFWなら絶対にできないようなプレーだったね。チェコの初戦は幻だったのだろうか。アメリカはガーナに2−1で敗れてこちらもグループリーグ敗退。

初出場のガーナは決勝トーナメントでブラジルとあたる。これはまた興味深いカードになった。もしもブラジルに勝てば、(アテにはならない)世界ランキング1位、2位のチームを撃破することになるからだ。

「スラブの悲劇」はポーランド、セルビア・モンテネグロ、チェコ、クロアチアと続く。H組のウクライナが最後の砦となった。グループリーグ最終戦はアフリカチャンピオンのチュニジアだが、こちらも今大会は今ひとつである。しかし、サウジアラビアは恐らくスペインに勝てないだろうから、H組のもう1つの枠をめぐって、ウクライナとチュニジアの戦いも注目である。

そしてもう1つ、強豪国のグループリーグ敗退があるかもしれないG組。
日本代表の試合が終わっても、グループリーグの最終日は目が離せない戦いが待っている。

|

« 最近は字の読めない輩が増えているようで(笑) | トップページ | グループリーグが終了したわけだが »

コメント

フロレスタンさん

おはようございます。気合の入った長文ですね。フロレスタンさんのコメントを待っておりました。 それにしても眠い。今日は開店休業状態です(笑)。

日本が前半にとった点は嬉しかったですよ。あれくらいの思い切りのよさで今までも試合して欲しかったものです。結局は負けましたが、精神的にも技術的にも弱さを含めながらブラジル戦はよく戦ったと思います。選手達、ご苦労様でした。

終了後の会見で、俊介がアナウンサーの質問に全く答えられず、ただただ涙を流していたのが印象的でした。(その後に無理に出した言葉でなく、あの沈黙の悔しさを放送してやれよっ、と思うのは私だけ?あの画面はたしか質問したアナウンサーがすみませんって謝ったぐらいですよね。私の聞き間違いでなければ。)あれぐらいの悔しさがあれば、彼のプロとしてのこれからの成長を期待して来期のワールドカップを楽しみにしたいものです。中田も日本を離れてプレーしてますから、国として負けるのは悔しいでしょうね。

しかし、柳沢と高原はいったい何をしていたんでしょう?DFの宮本も?

日本は敗れましたが、WCは面白いです。まだしばらく寝不足状態が続きそうです。

投稿: outlaw | 2006年6月23日 (金曜日) 10時12分

>>outlawさん

中村は全く期待はずれでしたね。始まる前には威勢のいいこと言っていたようですので、これでは前回のトルシエの判断が正しかったと証明してしまったようなものです。彼も4年後は32歳になりますから、どこまで活躍できるか。もしね今回のチェコのネドヴェドのようになれれば、それはそれでいいのでしょうね。でも、グループリーグで敗退してしまうか(^_^;)。

テレビ局が何故彼にインタビューしたのか、見ていてよくわかりませんでした。

面白いのは決勝トーナメントの始まるこれからですよね(^_^)。今度は負けられないし、引き分け狙いもないから、強豪チームのガチンコ勝負が展開されます。

投稿: フロレスタン | 2006年6月23日 (金曜日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10642569

この記事へのトラックバック一覧です: 日本サッカーは進化しているのか?:

« 最近は字の読めない輩が増えているようで(笑) | トップページ | グループリーグが終了したわけだが »