« 意外な点差 | トップページ | どっちの読み方が正しいの? »

2006年6月14日 (水曜日)

記者会見での謝罪

シンドラーの幹部(本社の親玉や日本法人の社長)がようやく記者会見で謝罪の言葉を発したが、自分たちの製品そのものは原因ではないと言い張っている。これは外資系企業なら当然のことだ。原因が特定できないうちに、自分たちに非があると言えば、結局過失や責任を認めたことになり、裁判になった時にも不利になる。

相手の気持ちを考えてとりあえず謝罪する、という日本とは文化的、精神的な土壌が違うのだから、しかたがない。関係者や住民が怒るのも無理はないが、現実はこういうものだ。出るところに出て論理的に戦うしかないのだ。

しかし、住民に対する情報提供の遅れについては謝罪する、として揃って頭を下げた。

(訂正)
この謝罪は、通常の記者会見ではなく、住民説明会でのものらしい。
しかし、だとしても、謝罪するなら立ったまま(つまり高いところから)というのはなんだかねえ。
土下座してもいいくらいの事故だぜ。(訂正以上)

さて、あまりにも見慣れてしまっている同じような光景が先ほどもニュースで流れていた。
都電荒川線の衝突事故で負傷者を出した東京都交通局の記者会見である。

だが、心ある人なら、この形式的な謝罪に胡散臭さを感じているのではないだろうか。
いったい誰に向かって謝っているというのか。物理的には、会見をしている当事者の前に座っている記者連中である。奴らは正義の味方のような気持ちになって、気分がいいだろうな。しかし、よく考えるとマスゴミによる集団つるし上げではないのか、これは?

記者会見で形式的に頭を下げるよりも、事後処理と今後の対策をきっちりやってもらう方を優先してくれ。そして本当に謝罪するつもりがあるなら、記者会見でお手軽にお辞儀をして済ませるのではなく、被害者に直接会って(会うのを拒否されるようなら、拒否されなくなるまで誠意を尽くす)、きちんと謝罪の言葉を伝えるのが、まっとうな感覚を持った人間のやることだろう。

|

« 意外な点差 | トップページ | どっちの読み方が正しいの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10516299

この記事へのトラックバック一覧です: 記者会見での謝罪:

« 意外な点差 | トップページ | どっちの読み方が正しいの? »