« 隣は勝ったぞ | トップページ | 南米予選3位と北中米カリブ予選3位の激突 »

2006年6月15日 (木曜日)

ベートホフェンの国で蛙の「合唱」

スペイン・ウクライナは4−0でスペインの快勝。後半早々にウクライナのDFに退場者が出て、そのファウルによるPKで3点目。この対戦はグループHの頂上対戦ではなかったのかな?

今、チュニジア・サウジアラビア戦やっているて、その内容見ないと何とも言えないけれど、スペインとチュニジアの勝ち抜けってのもあるかもしれないな。

スペインは決定力不足が言われていたのにいきなり4点。残りの試合にとっておけばよかったなんてならないだろうな(^_^;)。全員奮闘していたが、2点いれたFWのビジャとDFのプジョルが目についた。ウクライナはボールが繋がらなくて、焦りからかオフサイドトラップに何度も引っかかり、挙げ句にロングボールをシェフチェンコめがけて放り込んでも、スペインDFに跳ね返される。ただ、何度か鋭い攻撃も見せてはいた。

この苦戦は、そもそも実力差なのか(シェフチェンコがいるために過大評価されていたかも。彼はミランなら活きるのだろうが)、暑さのせいなのか、いろいろと考えられるが、1つロイターで面白いニュースがあった。

W杯ウクライナ代表、カエルの鳴き声で不眠訴える

とここまで書いてきたら、前半23分、チュニジアが先制。サウジ、何とかしろよ、アジア枠が減っちまうぜ。

ところで、ブラジル・クロアチア戦については、エントリー「隣は勝ったぞ」のコメント中に論評しております。

|

« 隣は勝ったぞ | トップページ | 南米予選3位と北中米カリブ予選3位の激突 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10529999

この記事へのトラックバック一覧です: ベートホフェンの国で蛙の「合唱」:

« 隣は勝ったぞ | トップページ | 南米予選3位と北中米カリブ予選3位の激突 »