« 耳障りな中継 | トップページ | いい加減に間違った用法はやめよ »

2006年6月18日 (日曜日)

我々にも勇気を与えてくれる勝利

ガーナが2−0でチェコに勝利。内容的には圧勝だ。チェコはアメリカ戦とは別のチームのようだった。

GKチェフの奮闘・好守がなければ少なくともあと3点くらいは入っていた。チェコはPK(これはポストに当たって失敗)を与えたファウルでDFウイファルシが退場になり、以降を10人で戦うことになり、再三のピンチをGKのファインセーブで防ぐものの、遂に2失点目。これで完全に足が止まってしまった。チェコはガーナの早いパス回しと縦へのスピードについて行けてなかった。最終戦はウイファルシとFWロクベンツが出場できず、弱点を晒したことで攻撃型になったイタリアに対して苦しい戦いになりそうだ。

ガーナはPK失敗にもめげずに攻め続け、相手GKに何度もシュートを阻まれるものの、諦めずに攻め続けて追加点を奪った。これでチェコは完全に集中力が切れた。終盤はガーナの怒濤の攻めが全てオフサイドになっていたが、チェコDFの足が止まっていたことも大きな理由である。スタミナも切れることがなかった。どこかの国の代表も言われることだが、決定力不足という汚名も返上したことになる。それにしても、やはり取るべき時に点を取ることの重要性を改めて印象づけた試合でもある。

初戦にイタリアに0−2と敗れても、次の試合に同じく強豪のチェコに対してガチンコ勝負を挑んで勝利したガーナ。これは日本代表にとっても勇気づけられる試合ではないだろうか。

|

« 耳障りな中継 | トップページ | いい加減に間違った用法はやめよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10572183

この記事へのトラックバック一覧です: 我々にも勇気を与えてくれる勝利:

« 耳障りな中継 | トップページ | いい加減に間違った用法はやめよ »