« 妥当な評価だ、甘んじて受けよ | トップページ | 何を見当違いなことを »

2006年6月22日 (木曜日)

佳境に入ったグループリーグ

W杯も各グループが3戦目に入った。相変わらずグループリーグを「予選リーグ」と呼ぶ莫迦が少なくないのには閉口するが(サッカー関係者にもいる)、予選というのはあくまで昨年までやっていた大陸別の対戦及び大陸間プレーオフのことである。今やっているのは本大会である(本大会の中の予選という見方もあるかもしれないが公式にはそれはない)。

A組は主力温存のエクアドルがドイツに0−3で敗れ、ポーランドがコスタリカに2−1で勝利したため、勝ち点はドイツ9、エクアドル6、ポーランド3、コスタリカ0と全く引き分けのない結果となった。コスタリカは間違いなく今大会最悪のチームだったといえるだろう。
ちなみにのこの勝ち点分布は日本が初出場したフランス大会のH組と同じで、あの時はアルゼンチン9、クロアチア6、ジャマイカ3、日本0だった。

B組は、明け方のイングランド・スウェーデン戦を見てしまいましたよ、眠いのに(笑)。できればスウェーデンに1位抜けして欲しかったけれど、結果は2−2の引き分け。最初にイングランドに主導権取られたのが痛かった。それでも38年間対イングランド戦無敗の記録は継続した。後半終了間際に2点目を頭で叩き出したジェラードは、自分が「英雄」になり損ねたと悔しがっていることだろう。

最後に同点弾を押し込んだのはスウェーデンのエースストライカーの座に長くあるヘンリク・ラーション。年齢を考えると、彼は恐らく今大会が最後のW杯だろう。意地のゴールといえば陳腐だが、他に適当な言葉もない。ゴールを決めた後、ラーションは顔面の筋肉を全面的に使って「顔でガッツポーズ」をしていたように見えた(笑)。

先制点となったJ・コールのシュートは見事の一言。ミドルシュートだが鋭く低い弾道ではなく、むしろループ気味。リプレイで見ると、ゴール前でがくんと落ちる軌跡を描いていた。野球で言えばフォークボールかな(笑)。あれも後世まで残るファインゴールの1つだろう。彼は昨日の試合、とても状態がよかったようだ。ああいう左サイドが日本にも欲しいよね。日本はFWの得点力がないのが弱点で、それは間違いないのだが、左サイドの人材にも事欠くことが多いのも事実。

スウェーデンのアルベックの同点ゴールはW杯通算2000ゴール目だそうだ。今大会で2000ゴール達成は確実視されていたが、B組の首位争いの中で達成された訳だ。

結局スウェーデンは2位通過で、決勝トーナメントの初戦は開催国ドイツとあたることになった。
スウェーデンは前回も大分でセネガル相手に決勝トーナメントの初戦で延長ゴールデンゴールを決められて敗退している。今回はベスト8をかけて開催国と対戦する訳だが、イングランド戦で得点力不足が多少は改善されたように見えるものの、ドイツの攻撃をどこまでしのげるかがポイントになるだろう。イブラヒモビッチは戻ってくるのか。

B組の勝ち点は、イングランド7、スウェーデン5、パラグアイ3、トリニダード・トバゴ1となった。健闘のトリニダード・トバゴはグループ最下位でドイツを去る。このカリブ海の小国が次に檜舞台に登場するのはいつになるのだろうか。そしてこの勝ち点分布は、4年前のグループHの日本7、ベルギー5、ロシア3、チュニジア1と同じである。勝ち点5というのは、1勝2引分け。本大会でコンスタントにこのくらいの勝ち点があげられるようになることが強豪入りする条件だろうが、日本はまだまだということだ。

D組はメキシコがポルトガルに1−2で敗れたものの、アンゴラもイランと引き分けたために、2位で決勝トーナメント進出が決まった。メキシコはこれで4大会連続、グループリーグ最終戦で決勝トーナメント進出を決めたことになる。こういう粘り強さも必要なんだよな。

メキシコは、誤審とも思えるシミュレーションを取られて退場者を出し、後半の途中から10人で戦ったが、そのハンディを感じさせないボール回しだった。退場したルイス・ペレスはおいらと同じ誕生日ではないか(23歳年下だが)。ブラーポがPKと決定的なチャンスに宇宙開発やってしまったが、どちらか一方でも決まっていたら、展開は違っていただろう。まあどこぞの代表のヘタレFWよりはよほどまともだが(^_^;)。

でもってD組の勝ち点は、ポルトガル9、メキシコ4、アンゴラ2、イラン1とポルトガルが圧倒した。計算上は勝ち点分布が9、2、2、2(1チームが全勝で、残りの3チームが2分け1敗の団子レース)というのが考えられて、勝ち点2でも決勝トーナメント進出は可能な訳だが、こんなのはそうそうあるわけではない(といいつつ、日本のU20代表も昨年の世界選手権で、このパターンで決勝トーナメント進出した訳だが)。グループ内の対戦結果や得失点差にもよって異なるが、事実上勝ち点4を確保できるかどうかが、決勝トーナメント進出のための最低条件であることはほぼ常識である。

さて、オランダ・アルゼンチンという屈指のカード。ライブで見たいけど、さすがに今回は寝ます。私にとってはこの両国よりも、94年のアメリカ大会で3位となった時以来のファンであるスウェーデンの方が優先度が高いので(笑)。

|

« 妥当な評価だ、甘んじて受けよ | トップページ | 何を見当違いなことを »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10627755

この記事へのトラックバック一覧です: 佳境に入ったグループリーグ:

« 妥当な評価だ、甘んじて受けよ | トップページ | 何を見当違いなことを »