« ベートホフェンの国で蛙の「合唱」 | トップページ | 力尽きたか »

2006年6月16日 (金曜日)

南米予選3位と北中米カリブ予選3位の激突

ドイツ・ポーランドは眠くて観戦はパス。後半ロスタイムでドイツが決勝点をあげて1−0で勝利した。
ゴールを決めたのはNeuville。何て読めばいいんだよ、この選手。字面は明らかにフランス語。そうするとカタカナ表記では、ヌビルとなる。実際この表記をしているメディアも多い。もう1つはNeuをドイツ語風に読んでノイビルとする表記。しかしなあ、だったらノイフィルノイフィッレではないのかね。ドイツのGK、Oliver Kahnだって、本当はオリファー・カーンだろ。上智のドイツ人の先生でOliver = オリファー先生いますぜ。

それから、Neuvilleはこの名前からして、生粋のゲルマン系ではあるまい。でも決勝ゴールはゲルマン魂が生んだことになっちまうんだよなあ。華僑にも大和魂あるのかね?

そして、Aグループのもう一試合、エクアドル・コスタリカ。案の定、両チームとも第一戦と同じような展開だ。つまりエクアドルはきちんとコンパクトなゾーンを形成して引いて守りつつ、チャンスと見ると速攻で相手ゴールに襲いかかる、という戦い。コスタリカはドイツ戦ほどベタ引きではないものの、パスもつながらず、ワンチョペ頼みの単調なサッカーである。

エクアドルは右サイドのメンデスが素晴らしい。ポーランド戦と同様、自分たちのサッカーをきっちりやって、無失点の勝利である。ゴールはいずれも流れの中からのファインゴール。テノーリオ、デルガド、カビエデス(カビ絵です、なんつって、高松塚古墳の壁画ぢゃないよw)と点を取るべき選手がゴールを決めている。やはり、こういうチームは強いよね。2点目のデルガドのゴールなんて、角度のないところをニアサイドに決めたもので、大会を通しても屈指のゴールとなるに違いない。

結局3−0でエクアドルが勝って、ドイツとともに決勝トーナメント進出決定。2度目のW杯出場での快挙である。そして、得失点差で現時点でエクアドルが首位である。今の戦いぶりだと、ドイツに勝利する可能性も高いのではないかと思う。私の予想は2−1でエクアドルの勝利としておこう(戯れ言なのではずれても文句なしね(笑))。そうなると、エクアドルが1位抜けということになる。開催国ドイツがどう意地を見せるか、今から楽しみである。

スポーツナビは、事前にエクアドルのことを「高地ではめっぽう強いが典型的な内弁慶。いずれも決勝トーナメント進出は厳しそうだ」と評し、「1位ドイツ、2位ポーランド、3位コスタリカ、4位エクアドル」と予想している。欧州勢が強い、という先入観を持つと、こういう予想になるのだ。

さて、この後は、Bグループのイングランドとトリニダード・トバゴの旧宗主国・植民地対決である。初戦で「世界を驚かせた」トリニダード・トバゴがどう戦いか、興味深い試合が始まる。

|

« ベートホフェンの国で蛙の「合唱」 | トップページ | 力尽きたか »

コメント

ドイツ人学校と英国人学校の中間点に住むわたし。(どうでもいいけど、米国人学校にも近い)当然このエリアはアジア・アフリカ以外の外人ゲットーね。まあなんですか、ワールドカップが始まっててからというもの、ご近所には国旗おっ立てたEUナンバーの車が目立ちます。
今夜、ちょっとご近所のイギリス人のおやじに頼みごとあるんですが、とりあえずイングランドに得点はいるまで待ったほうがよいかも~って、思案中。

投稿: 圭 | 2006年6月16日 (金曜日) 02時51分

>>圭さん

頼み事するなら今でっせえ。
(試合終了したところ)

投稿: フロレスタン | 2006年6月16日 (金曜日) 02時57分

へえへえ、行こうと思うたら向こうから来ましたがな。
「おまえさんとこ、シャンパンの買い置きあっただろうが?」・・・・おそろしや~、いつ冷蔵庫開けたんだ?

投稿: 圭 | 2006年6月16日 (金曜日) 04時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10542446

この記事へのトラックバック一覧です: 南米予選3位と北中米カリブ予選3位の激突:

» がんばれ!日本!!ジーコと日本イレブンにパワーを送ろう!!! [デジカメゆうさんのつれづれ日記]
お世話様です。「デジカメゆうさんのつれづれ日記」のゆうと申します。TBさせていただきましたのでよろしくお願いいたします。なお内容がマッチしていないようでしたら、お手数ですが削除をお願いいたします。 [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日曜日) 20時27分

« ベートホフェンの国で蛙の「合唱」 | トップページ | 力尽きたか »