« 相変わらずの日本代表だが | トップページ | 開き直るしかねえな »

2006年5月12日 (金曜日)

野球・日米それぞれでのできごと

好漢松井秀喜が骨折した。
テレビニュースを見ていたら、初っぱなに松井の話題が出てきたので何だろうと思ったら、悪いニュースだった。連続試合出場が途切れたことが大きく報道されているが(先日、国内では阪神・金本が全イニング連続出場の世界記録達成というのがあったばかり)、それはいつか途切れること。それよりも、WBCへの不出場で風当たりが強く、しかも例年春先に花粉症で苦しむ松井にとって、一時の不調から調子があがりかけてきたように見えたばかりだっただけに、彼の活躍がしばらく見られないのが残念である。本人も初めて味わう痛みらしく、今季絶望という悲観的な見方もあるが、早く治してまた戻ってきてガンガンやって欲しいものである。

さて、国内では横浜ベイスターズの石井琢朗選手(本名は石井忠徳だそうで)が2000本安打達成。全日1999本まで打って、最後の打席がサヨナラのチャンス。四球で勝利を呼び込んだが、スタンドからはため息が漏れたという。たしかにサヨナラ四球よりもサヨナラヒットで2000本達成ならかっこいいけれど、チームの勝利を優先した石井選手の姿勢が、長く一線で活躍して大記録達成に結びついたと言えるだろう。そして実際、翌日すぐにヒットを打って、記録を達成してしまった。

今回は、私も新聞報道で知ったが、勝利投手経験者で2000本安打達成は川上哲治氏に次いで2人目だという。恐らく3人目は出ないだろう。石井選手の場合、やはり印象が強いのは、全盛期に俊足好打のリードオフマンとして横浜の優勝に貢献した時だが、最多安打や盗塁王などのタイトルも獲得しており、こういうタイプの選手が1番野球の醍醐味を感じさせてくれるものだと思う。

過去にも、柴田勲、福本豊、蓑田浩二、高橋慶彦、野村謙二郎といった選手達がスピード感のあるプレーを見せてくれた。確かにホームランも派手で迫力があっていいのだが、俊足好打の選手はしばしば同時に守備の名手でもあり、楽しみは打撃だけでないのが魅力でもある。松井秀喜も決して俊足ではないが、判断の良さと全力でプレーすることで守備も一流品である。

つい先日など、打つだけしかできないのに、その打撃もろくな成績を上げられず、しかも片方は怪我で休んでいるのに、テレビのバラエティ番組に2人雁首そろえて出演して、バカ面こいてお好み焼きなんぞ食っていた関西の金融会社系球団の主力選手がいたが、こいつらがノホホンとしていて、松井のような選手が大けがするとは非情な世界である。

|

« 相変わらずの日本代表だが | トップページ | 開き直るしかねえな »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10038585

この記事へのトラックバック一覧です: 野球・日米それぞれでのできごと:

» 松井秀喜骨折、連続出場1768試合で止まる [情報ブログ]
松井秀喜選手が、左手首を骨折しました。 連続試合出場記録が1768試合で止まってしまいました。 残念ですね。 手術は成功... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土曜日) 10時35分

» 松井手術成功 復帰に3カ月 [zara's voice recorder]
松井秀の骨折手術成功…前半戦復帰は絶望的 米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手は12日、ニューヨーク市内の病院で、骨折した左手首の手術を受けた。 手術は成功したが、球団は復帰までに3か月程度かかると見ており、シーズン前半戦の再合流は絶望的となった。 ..... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土曜日) 11時26分

» 松井秀喜選手が左手骨折、連続試合出場も途絶える・・・ [Flower that blooms in snow]
NYヤンキースの松井秀喜選手は11日夜(日本時間12日) に開催された「ヤンキースvsレッドソックス」の試合において、 1回表無死一塁の場面でレフト前へ打ち上げられた打球を スライディングキャッチしようとした際、グラブが芝生に 引っかかって左手首を負傷してしまい、そのまま救急車で 近くの病院へ直行しました。(参照記事) 「連続試合出場」は、少なくとも1イニングの守備、または 1回の打席を完了しなければならないため、無死の状態で この試合を退いた松井選手の連続出場記録は、残念ながら... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土曜日) 12時17分

» 今夜の松井さん、悪夢の左手首骨折! 連続試合出場記録、ついに終止符! [ANQ Ritzberry Fields]
 今夜の松井さんが11日のレッドソックス戦にスタメン出場。1回の守備でスライディングキャッチを試みた際、伸ばしたグラブが芝生に引っかかり、飛び込んだ勢いから負荷がかかった左手首が反り返ってしまった。あのケガに強い松井さんが激痛のあまり、苦悶の表情を浮かべ....... [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土曜日) 12時29分

» 残り34本 [イチロー語録/イチローに学ぼう]
はっきり言ってこの事実は知りませんでした。 34本なら二ヶ月くらいあれば大丈夫でしょうから、 [続きを読む]

受信: 2006年5月17日 (水曜日) 20時53分

« 相変わらずの日本代表だが | トップページ | 開き直るしかねえな »