« 暴力は論外だが | トップページ | 言葉に鈍感なマスメディア »

2006年5月21日 (日曜日)

痛快なニュースだな

中国社製パソコン、機密情報以外で使用…米国務省決定

だったらDellかHPあたりから調達すればいいのに、と思うが、わさわざ購入しておいて、こういう措置を講ずるのが面白い。これも外交かな(笑)。

少なくとも900台は米国と在外公館を結ぶ機密ネットワーク上で使われることになっていた。
(中略)
レノボ社は、「パソコンに仕掛けはなく、情報漏えいの危険はない」と反論している。

いくら機密ネットワークと言っても、やはり在シナ米大使館や領事館にあるパソコンは、仕掛けはなくともNICのMACアドレスがセキュリティホールだな。

|

« 暴力は論外だが | トップページ | 言葉に鈍感なマスメディア »

コメント

レノボってもとIBMですよね?
ということは、米国のレノボ社員は反逆罪に問われるかもってことですかね。。。。

投稿: スーパーTS | 2006年5月22日 (月曜日) 21時21分

>>スーパーTSさん

そうそう、元「国際事務機器」ですね。
しかし、いくらなんでも、反逆罪はないでしょう。
そんなこといったら、MSのソフトウェアのセキュリティホールの方がよほど情報漏洩に結びつく可能性が高いでしょうから。

今日もこんなニュースが。
「Word」にゼロデイ脆弱性--すでに日本政府機関が被害に
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/internet_viruses/

投稿: フロレスタン | 2006年5月22日 (月曜日) 22時15分

元国際事務機器の研究員が来ましたよぉ(^0^)。

今はパソコンよりむしろIP割り当てられる周辺機器の方を気にした方がいいですね。

ソフトでもハードでもいいけど、スパイウェア的な物を利用して、PCから変な情報取得するのは、PC自体が重くなるので、バレ易いですが、ファイルサーバを兼ねているマルチファンクションプリンタからの情報漏洩は意外と忘れられている。

プリンタのCPUって意外と強力だから、バックグラウンドで情報収集ソフトなんて動かしていても気付かないですよ。

投稿: JosephYoiko | 2006年5月22日 (月曜日) 23時00分

>>Yoikoさん

ああ、それはありますよね。

NICもIP割り振られるから本体絡みでは1番危ねえな、と思って書いたのがエントリー本文な訳ですが、確かに最近の複合機でEthernet内蔵しているのは、ファイルサーバ機能強力ですね。

私のところにも某HP社の(複合機じゃなくて)単体プリンタあります。こいつに割り振られているのはプライベートIPですけど、あの手のマシンがグローバルIPやオープンなポート経由で乗っ取られたとしても気が付きにくい。

無線LAN能天気に使うのも危ないし。

投稿: フロレスタン | 2006年5月22日 (月曜日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10173517

この記事へのトラックバック一覧です: 痛快なニュースだな:

« 暴力は論外だが | トップページ | 言葉に鈍感なマスメディア »