« 適材適所からほど遠い | トップページ | これが奴らの商売のやり方か »

2006年5月31日 (水曜日)

この引き分けの評価は本番を見て

W杯前の強化親善試合のドイツ戦。なんでテレビ朝日しか中継しないんだよ、と文句を言っても始まらない。けどやはり、はしゃぎすぎる中継アナ(角澤)と解説(松木)はいただけないなあ。ま、当然、本番はNHKかCATVだな。

ところで、そのテレ朝は「最終強化試合」と銘打っていたが、マルタ戦が残っているぞよ(笑)。
高原の2得点は、久々に(終了間際でなく)流れの中から、しかもFWが得点した、ということで評価できる。前半はドイツに押し込まれる場面が多かったので、中村俊輔(今ひとつ精彩がなかったようにも思えたが)もあまりボールに触れず、高原も孤立していたが、後半は互角以上に戦っていたと見ていいだろう。

柳沢は、最初の得点をアシストしたかっこうだが、やはり決定的なシーンで決めて欲しいな。
後半に交替した大黒は惜しいシーンが二度ほどあったが、相手DFに寄せられてシュートコースを消されていた。ここいらはフランス二部リーグでも経験しているはずなので、本番までにもっと動きを修正して欲しいものである。そうすれば、スーパーサブとして投入された時に得点する可能性も高くなるだろう。

2失点は、いずれもセットプレーから。またかよ、ということで相変わらず。特に相手左サイドの距離があるところは鬼門みたいだな。最初の失点は、先日のブルガリア戦と同じような位置から決められた。あの時はDFとGKの連係が悪くて直接ゴールに入ってしまったが、今回はシュバインシュタイガー(おい、加地を壊すなよ!)のキックをクローゼに決められてしまった。ここは試合後の番組でのコメントでも、振り切られて潰れてしまった宮本に対する批判が複数の解説者(セールジウ越後と二宮清純)からあったが、ここは大きな修正点だな。

2点目は単純なマークのずれ、で済ませていい訳はないな(^_^;)。最初の失点を受けて、試合中にセットプレーへの対応をすばやく修正しなければならないのに、それができなかった、というのは本番に向けて不安材料である。それとジーコがいつも言っているように、相手ゴール近くで不用意なファウルをしない、ということについても再点検する必要があるだろう。

アレックスの守備に大きな破綻がなかったのは収穫(^_^)。それと加地の代わりに入った駒野がすごくいい!これは大きな収穫だ。中澤もJリーグの不振から脱したようだ。

それより、越後屋さんは、時々?鋭いことを言うが、本番は通訳がテクニカルエリアに入れないのだから、そのシミュレーション(倒れ込みではないぞ)もすべきだったのに、通訳が入っていた、と指摘。偉そうに聞こえるけれど、私もそれは気になっていた。というか、中継の最初にジーコが映った時に、今日は1人かな、コインブラさん(注)と思った訳だが。試合前に、鈴木通訳はどういう行動を取ったのだろうか。

今日の試合は2-1で勝つのが理想だったと思う。課題が見えてなおかつ勝った、ということになったからだ。2-0だと課題が見えずに終わっていただろう。負けなかったことをよしとしておくことにしよう。次のマルタ戦は、とにかく無失点で終えることが最優先課題だな。

加地の怪我の具合も気がかりだが、田中誠が離脱して帰国。代わりに茂庭が招集とのニュースが試合後にあった。本人は悔しいはずだし、チームワークという点でも痛いところだろうが、代役茂庭に頑張ってもらおう。

注)知っている人は知っている。ジーコの本名はアルトゥール・アントゥネス・コインブラである。

(追記)
試合が行われた都市は、レバークーゼンという表記が大半のようだが、Leverkusenなので、レーファークーゼンというのが標準ドイツ語の発音に近い表記だな。

|

« 適材適所からほど遠い | トップページ | これが奴らの商売のやり方か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/10322576

この記事へのトラックバック一覧です: この引き分けの評価は本番を見て:

« 適材適所からほど遠い | トップページ | これが奴らの商売のやり方か »