« アップルコンピュータは「越後屋」か? | トップページ | まるで火病の憲法記念日の毎日新聞 »

2006年5月 1日 (月曜日)

メーデーは死語化しつつあるのかな?

今日5月1日は「メーデー」である。なんだそりゃ?って言わないでね(笑)。

30年近く前、私らが大学生だった頃は学内にも「立看」が派手に立てられていて(今でも一部大学ではそうなんだろうが)、学生運動こそなかったが(「無気力世代」って言われたもんねえw)、左翼的雰囲気は強かった。東京都知事は(都政をダメにした左翼の)美濃部亮吉氏だった。その美濃部氏の最後・3期目の1975年(この時私は高校3年生だが)の選挙に石原慎太郎氏が出馬して落選した。次の1979年の都知事選で、保守の鈴木俊一氏が当選する訳だが、この選挙の時も大学内では「革新統一候補」の太田薫氏(労組のボスだよ)を支持する立看が当然のようにあった。

その後1983年の選挙でも革新統一の松岡英夫氏が出馬して敗れている。87年(この年は中曽根内閣による国鉄の分割民営化が実現)、91年には革新統一候補は実現せず、社会党と共産党がそれぞれ独自候補を推薦したが、どちらも「革新都政の復活」という都民の要求に反したスローガンで敗れたことは言うまでもない。

さて、このように左翼、革新というのは1980年代後半くらいから退潮傾向が明らかになっていったのだが、労組のボスが都知事選に出たことでもわかるように、かつては労働者の祭典といわれたメーデーも盛り上がりを見せていた。労働者でもないのに民青などの左翼学生が「メーデーに行こう」などと声を掛けていたものだ。

今の若い人達はメーデーなんて言葉は知らないだろうな。でも、社会科の教科書には出ているかな。私だって言葉は知っているけど実態は知らないもの(笑)。最近はどうなっているのかと思えば、Wikipediaによると2006年の第77回はこうである。

「5月1日、全労連・国民春闘共闘委員会・東京春闘共闘会議などで作る実行委員会が開く第77回メーデーは、東京・代々木公園で中央メーデーを午前11時から式典を行い、全国47都道府県371カ所で行われる。憲法・教育基本法改悪阻止や労働時間短縮などを目標としている。一方、連合は29日にメーデー中央大会を東京・代々木公園で開く」

何のことはない。分裂している(笑)。穏健派の連合は祝日に開催している訳だ。実行委員会の方はどうせ「オルグして動員かけて」有給取らせているんだろう。もはやメーデーという言葉は一般市民にとっては死語に等しいか、そもそも存在しない言葉になりかけていると言っても過言ではないだろう。

さて、Wikipediaにはこうも書かれている。

中国では「国際労働節」とするなど、5月1日を祝日とする国も多い。そこで、日本でもこの日を祝日にしようとする動きが出てきた。というのも、日本ではちょうどゴールデンウィークの期間に当たり、仮にこの日が祝日になると、日本の祝日法上、前後の4月30日と5月2日が国民の休日(国民の祝日で挟まれた日に該当)となり、最低7日間(4月29日から5月5日まで)の連続した休日ができる。働きすぎといわれる日本人にゆとりをもってもらおうとする動きだが、実現は程遠いとされる。

こんなことする必要があるのかね。もっと柔軟に休暇を取れるようにすることの方が必要だと思うが。休ませようとするとすぐに祝日や休日にする、という安易な発想が出てくるのは何故だ。こんなことしても、現在の産業構造では休めない人も多い。おまけに相も変わらず道路や行楽地は激しい混雑に見舞われるだけだ。運転疲れでお父さんは休めないぞ。ゆとりとはほど遠い。

|

« アップルコンピュータは「越後屋」か? | トップページ | まるで火病の憲法記念日の毎日新聞 »

コメント

小生幼稚園児のころ、工場勤めの母親はメーデーに駆り出されていました。
小生の故郷はメーデーの頃はまだ桜が咲いていたりしてまして、「みんなで花見のようなことをして、帰りにお土産にフーセンを配ってくれる」のがメーデーだと思っていました(笑)。

投稿: Joe | 2006年5月 1日 (月曜日) 20時33分

>>Joeさん

メーデーの頃桜というと津軽海峡のあたりでしょうか(^_^)。

花見をして風船配るだけならのんびりしていていいですけど、憲法・教育基本法改悪反対、などというイデオロギーに基づく政治的スローガンを発しているようでは、まともな労働運動ではありませんね。

投稿: フロレスタン | 2006年5月 1日 (月曜日) 21時09分

別に学生運動やっていたわけではない(=共産大の民青がウザかったので殴ったことはありますがw)ですが、メーデーの時は、会場周辺をうろついてました。

ムラタセイサク君やキョーセラの社員の方々にビールご馳走になるために(^^;。

最近はあまり儲かっていない遊園地周辺で開催し、終了後、会場費主催者持ちで遊園地無料開放なんてのも多いようですね。

投稿: JosephYoiko | 2006年5月 3日 (水曜日) 13時26分

>>Yoikoさん

ははは。そういう参加の仕方もあるわけですね。

遊園地の使い方としては悪くはないかもしれないけれど、所詮年に一度だと、遊園地側には焼け石に水。潰れたら次の年の開催場所をまた考えないといけませんねえ。今時、子供連れて行っても、そこが気に入ってまた連れてこよう、ってなことにはなりにくいように思います。

投稿: フロレスタン | 2006年5月 3日 (水曜日) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/9842757

この記事へのトラックバック一覧です: メーデーは死語化しつつあるのかな?:

» 中央日報 「韓日独島紛争時は勝利を壮語できない」ホ・ピョンファン陸軍所長 [朝鮮日報時事通信ブログ]
中央日報 「韓日独島紛争時は勝利を壮語できない」ホ・ピョンファン陸軍所長 こんなことを言う陸軍所長も陸軍所長なんですが。日本は戦争する気なんてないってのに [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土曜日) 13時12分

« アップルコンピュータは「越後屋」か? | トップページ | まるで火病の憲法記念日の毎日新聞 »