« 糞記事は単発じゃなかった・山田寿彦 | トップページ | 30年前 »

2006年4月 5日 (水曜日)

桜吹雪と球春

東京ではそろそろ桜(染井吉野)も散り始めているが、WBCに続いて開幕した日本のプロ野球の後を追って、メジャーリーグも開幕した。井口の安打に続いて、城島の2試合連続ホームラン、松井秀喜の開幕戦ホームランと4打数4安打、田口も開幕先発でヒット、と出番のあった日本人野手は皆活躍している。あっ、イチローの影が薄いなあ。でも彼も開幕戦でヒットを打っている。これはWBCの日本優勝に続いて、日本人選手の能力がいかんなく発揮されているわけで、喜ばしいことである。

サッカーでも華々しく欧州移籍しながら、なかなか活躍できない日本人選手が多いが、これは、サッカーと比較して、日本の野球の歴史の長さと選手層の厚さが背景にあるのではないかと思っている。またサッカーの場合、絶対に黄色人種差別はあると思うね。韓国選手は活躍しているではないか、という主張もある。確かに朴智星なんかはそうだが、安貞恒みたいなケースもある。実際、何かあるとロッカールームあたりで差別的な言葉が飛ぶこともあるし。

それはまあ置いといて。

好漢松井秀喜が、WBCの出場を辞退したことで批判されている。批判は今も続いているようだ。
愛国熱血漢のイチローの株が上がったとも。確かにイチローのああいうリーダーシップは好ましいものだ。代表チームで浮いていた、という週刊誌記事もあるが、いろんな選手がいるから、確かに反応も様々かもしれない。あるいは所属のマリナーズが弱小だから代表に存在価値を見いだした、という記事もあるし、それも嘘ではないかもしれない。だが、そんなこととは関係なく、少なくともあのイチローの行動は日本中に好感を持って迎えられた。私も肯定的に評価している。今の世の中、ああいう熱血漢が必要なんだよ。

だが、だからといって、松井秀喜を批判するのはどうかと思う。
他にも出場しなかったメジャーリーガーは日米始め少なからずいる。松井は松井の考え方があって、WBCではなくメジャーリーグの一年間の中で勝負しようとしているのだろう。現時点での彼の中ではやはりワールドシリーズ(という名の全米選手権だが)での優勝が一番価値があるに違いない。

松井はヤンキースと今年から4年契約である。そして次のWBCは3年後である。このWBCに、「MLBのワールドシリーズ」を制した松井が、日本代表の4番打者として参加し、連続優勝できたら素晴らしい。そうなるように、大いに「メジャーリーガー松井秀喜」を応援しようではないか。

|

« 糞記事は単発じゃなかった・山田寿彦 | トップページ | 30年前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/9447224

この記事へのトラックバック一覧です: 桜吹雪と球春:

» マリナーズが勝った! [ブログ らぷぽ]
 マリナーズ 10:8 ロサンゼルス・エンゼルス 観れなかったのですが、マリナーズが勝ちました(笑)。 それほど毎回毎回マリナーズが勝つのを祈っていたって訳です。裏を返せば、 [続きを読む]

受信: 2006年4月 6日 (木曜日) 00時58分

» イチロー 久々のヒット [職探しネットバンキング]
イチロー22打席ぶりのヒットから、3打席連続ヒット!! [続きを読む]

受信: 2006年4月13日 (木曜日) 17時06分

« 糞記事は単発じゃなかった・山田寿彦 | トップページ | 30年前 »