« 異説があるのに勝手に正解にするな | トップページ | 泥微土尊(デイビッドソン) »

2006年3月18日 (土曜日)

多摩

週刊文春に作家の猪瀬直樹が「ニュースの考現学」という連載を書いている。随分前から特殊法人を槍玉に挙げていて、その成果の一つが道路関係4公団の民営化なのだが、今週号のその連載には、情報公開の徹底が地方の再生の鍵だという趣旨のことを書いている。

その詳細について関心のある方は、実際に雑誌を買うなり図書館に行くなりしてお読みいただきたいのだが、ちょっと刺激されたのが記事中にあった「多摩地域の26市を全て言える人はほとんどいない」というくだりだった。

しょうがないから意地になって数えたのだが、3回くらいやってもどうしても25市にしかならない。
執念で最後の1つを思い出したのだが、まあそこは米軍の基地がでんと構えているところだから、日本ではないという意識があった、訳ではない(笑)。母親の子供時代の仲良しの友人が住んでいる市でもあり、子供の頃、正月に母宛に来た年賀状を見せてもらって、その都市の存在を知ったのものである。そういうのが最後まで思い出せない、というのだから、少々悔しかった。

ま、でも26市挙げられたので、猪瀬氏には褒めてもらおうかな(笑)。

関東地方にお住まいの方を中心に、皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

|

« 異説があるのに勝手に正解にするな | トップページ | 泥微土尊(デイビッドソン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/9138512

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩:

« 異説があるのに勝手に正解にするな | トップページ | 泥微土尊(デイビッドソン) »