« 尊敬に値する隣人もいる | トップページ | 勘違い兄貴「ざまあみろ」だな »

2006年3月21日 (火曜日)

よくある状況だと思いますが

今日、地下鉄乗車中のこと。
向かい側の座席に空席が1つ。私の座っている横に空席が1つ。
と、途中から若いカップルが乗車してきて、男の方が向かいの空席に座った。お、男性を立てるしとやかな姉ちゃんだな。見た目は派手目だけど。こういうのは好感もてる。

で、当然のように、2人を並んで座らせるために、座席を移動しようとしたのだが、通路に立っている1人の男のせいで、向かい側の兄ちゃんにサインが出せない。

すると、次の駅でその立っている男が下車し、1人おいた左横に座っていた男も下車したので、私はその左横に移動し、2人分の座席を空けて、向かいの兄ちゃんに合図した。

するとどうだね。乗車したきた1人の中年サラリーマン風の男が座ってしまったではないか。
外見で判断したらいけないのだが、小太り、色黒、メガネ、角張った顔、といういかにも品性の卑しそうな風体である。誰かに似ていると思ったら森永卓郎(^_^;)。

幸か不幸か、私が向かい側にできた別の空席に移ることで、くだんのカップルは目出度く並んで座れる運びとなったのだが。私はしばらくの間、向かい側に図々しく座っている「森永卓郎」に指鉄砲で射撃してやったよw

|

« 尊敬に値する隣人もいる | トップページ | 勘違い兄貴「ざまあみろ」だな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/9196850

この記事へのトラックバック一覧です: よくある状況だと思いますが:

« 尊敬に値する隣人もいる | トップページ | 勘違い兄貴「ざまあみろ」だな »