« この研究者は地球温暖化二酸化炭素主犯説なのだろうな | トップページ | 岡部孝信の健闘を称える »

2006年2月18日 (土曜日)

相変わらず点が取れないなあ

W杯イヤーの代表第2戦。静岡での対スオミ(フィンランド)戦である。この国、ヨーロッパ予選ではボルとがるなどと同じグループで4位だった。スオミは新監督での今年初の代表戦という以外にはあまりモチベーションのない戦いかもしれない。

今、前半が終わって0−0。まあ正直言って凡戦だ。
スオミの選手は、ほとんど自陣に引いて攻めてこない。これに対して日本は攻め手がない。スオミは身長が高く、けっこう守備での寄せも早く、日本は最初ロングボールとサイド攻撃を多用していたが、これは読まれていたようで、対応する守備に手こずっていた。

チャンスは三回くらいあったかな。いずれも前半の半ば過ぎから終了近く。左サイドの村井がスピードで相手を振り切った時、右サイドを巻が突破した時と、39分くらいの相手ペナルティエリア前で細かいパス交換がうまくいった時。

まあこれを見ていると、やはり日本はスピードを生かしてサイドを突破する(それも1人の選手が長い距離を走る)か、相手陣内でパス交換をして守備陣を混乱させるくらいしか、身長の高い相手から点を取れそうな気がしない。セットプレーは跳ね返されそうなので、流れの中で点をどうやって取るか、後半はよい練習になるだろう。

今日は巻と村井がよい。村井には頑張ってアレックスからレギュラー奪い、左サイドの不安を払拭してもらいたい。

後半戦のコメントは後ほど追記として。

(追記)
後半開始早々、久保が1点。
スローインから素早く小笠原が抜け出てグラウンダーのセンタリングを久保が合わせた。やはり速攻、低いボールと横の動きだな。

あまり動きのよくないと思われていた小笠原が後半12分にループシュート。その手があったか、という感じだが、本番の相手国の守備の連係やGKの実力を考えると、これ本番ではなかなか通用しないだろうなあ。DFとGKの連係に難のあるブラジルあたりには有効かもしれない(^_^;)。

結局、追加点奪えず2−0で終了。もっと点を奪わなければいけない試合だったと思うのだが....

|

« この研究者は地球温暖化二酸化炭素主犯説なのだろうな | トップページ | 岡部孝信の健闘を称える »

コメント

 こんばんは。

 米国戦(負け試合)は、じっくり見なかったのですが、なぜかフィンランド戦は勝つ気がした・・・結果を見たから言える話ですが^^) 全体的にフィンランドのプレースタイルが守備重視だったせいもあって、日本の練習相手くらいにしかならなかったような。よく日本が攻め負けている試合を見てるだけに、要所で好プレーもあり、あっという間の90分でしたね。ただ、もっと得点は獲れた気がします。村井・巻は、さすがにスタメン争いに絡んでいて気迫が感じられましたね。いいムードだと思う。鹿島・広島・磐田の選手が活躍しているようですが、佐藤は初めて見たので、今後の活躍を期待したいですね。

投稿: 無名 | 2006年2月18日 (土曜日) 22時05分

フィンランドってアジア勢に対してあまり相性がよくないらしいですから、今回の結果は妥当なんだと思います。個人的には高原より久保のほうが好きなんで、彼には頑張ってほしいところです。
試合内容より気になったのは、ホームでの雰囲気作りです。ゴール前の攻防では「ワー」「キャー」って声は聞こえるんですが、中盤でプレーしてるときなんてシーンとしてて、フィンランド人の声援が広いスタジアムに響いてたときは唖然としました。
静かな応援が日本のスタイルなら仕方ないと思うんですが、年々サポータの声が小さくなっているような気がします。
親善試合だから仕方ないんですかね・・・

投稿: ガウショ | 2006年2月20日 (月曜日) 20時03分

>>ガウショさん

ええ。どこぞの掲示板で成績出てましたね。ほとんどスオミの負け。

日本のサポーター、いくら親善試合と言っても、もっと物足りない時にブーイングしてほしいですね。エコパじゃ場所が悪いかも(笑)。やはり親善試合は浦和でやらないとダメでしょう(あ、埼玉スタジアムは浦和区じゃなくて緑区だったかな)。

投稿: フロレスタン | 2006年2月20日 (月曜日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/8722939

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず点が取れないなあ:

» 収穫はあったフィンランド戦 [MY FAVOURITES CORINTHIAN]
今年最初のHOMEでの代表戦が、静岡のエコパでフィンランドを迎えて行われた。メンバーは3・6・1から3・5・2に戻して、左MFはアレに変わって村井、3バックの右に田中に変わり坪井、2トップの久保のパートナーはボランチ遠藤の代わりに巻が入った布陣となった。   ....... [続きを読む]

受信: 2006年2月19日 (日曜日) 05時21分

« この研究者は地球温暖化二酸化炭素主犯説なのだろうな | トップページ | 岡部孝信の健闘を称える »