« 岡部孝信の健闘を称える | トップページ | 聞いていて情けなくそして悲しくなった中継 »

2006年2月20日 (月曜日)

久々のすし詰め電車

朝、出張のためにいつもは乗らない山手線に乗ったら、外回りの新橋・浜松町間のレール異常による運転停止にひっかかった。止まったのは駒込。をぃをぃ。

でも田端まで動いてくれたので、京浜東北線に乗り換えられた。

少し早めに出たので、おかげで上野から新幹線に乗れたが(指定席予約は東京駅から)、もしも乗れなかったら、地下鉄でそのまま大手町まで行っていれば良かったと後悔するところだった(笑)。

それにしても、輸送力が半分に落ちてしまったので、京浜東北線の混んだこと混んだこと。普段満員電車に乗らないので、久々の体験だった。西日暮里から乗り込んだOLさんは後ろから押されて「痛い」って叫んでいたし、何やらドイツ語は聞こえるし(笑)、日暮里で降りようとするOLさんは、その鞄が、でかい鞄を肩から掛けたままのDQN野郎にひっかかって難儀するしで、阿鼻叫喚の世界(笑)。上野駅では階段規制までやっておった。

電車は3時間くらい止まっていたらしく、早稲田や慶応の入試にも影響が出たらしい。こんなところで早慶戦煽ってどうするよ、JR東。

みんな、毎朝(ここまでひどくはないにせよ)、混雑に耐えて出勤しているのだなあ、と思うと、日本人の真面目さが誇らしく思えると同時に、いつまでこんな状態を放置すれば気が済むのか、と暗澹たる気持ちになった。やはり年取ったら田舎でひっそり暮らすのがいいのかもしれないな(^_^;)。

|

« 岡部孝信の健闘を称える | トップページ | 聞いていて情けなくそして悲しくなった中継 »

コメント

私も東京出張時は、ことごとくラッシュ時間帯を避けているので、この最近ギュウギュウ詰めの電車で苦難した経験はありません。
でも、記事拝見していて、いかに電車の中が悲惨なものであったか、想像できます。
でも、いまだに、日本の場合は、
なぜか一極集中。
でも東京一極集中でなければ今の日本は運営できないのでしょうね、、、。
>田舎でひっそり・・・
今の私がそうですけれど、
ちょっと雪が降れば(まともに)市内に出れなかったり、時には出張予定が狂ったり、
三日以上の田舎暮らし、これもたいへんですよ。
(東京が一番です!)

投稿: エセ男爵 | 2006年2月20日 (月曜日) 23時23分

>>エセ男爵さん

私の実家の近くですが、赤城山麓あたりがよいですよ。
冬の風は冷たいけれど、雪はほとんど降りません。温泉地は近いし、野菜や果物も豊富だし、ちょっと車で走れば買い物も便利。

子供の頃は、ほとんど農家の暮らしでしたし、東京育ちの妻子はだめでしょうが、私1人なら(状況さえ許せば)いつでも田舎暮らしでも大丈夫です。といっても、東京生活の慣性ががあるので、やはりある程度年とらないと、なかなか転換は難しいかもしれません(笑)。

投稿: フロレスタン | 2006年2月21日 (火曜日) 00時39分

いつも乗っていると気にならないのですが、たまに乗ると地獄ですね。
なぜこういう日に暴動が起きないのか不思議です。

投稿: takeyan | 2006年2月21日 (火曜日) 03時06分

いつも拝見しているブロガーの方たちは、
東京在住の方が多いので、どなたかがこれに
乗っておられたのでは・・・と思っていましたが、
フロレスタンさんだったとは(^_^;)
でもレール異常ということだから、
横転とかの事故がなくてよかったですね。

投稿: 蓮花 | 2006年2月21日 (火曜日) 06時08分

>>takeyanさん

全くおっしゃるとおりですね。ずっと前に上尾事件というのがありましたが、あれは私が高校生の頃。

>>蓮花さん

あ、あの私は揺れを感じた電車に乗っていたわけではないんです。全部の駅に数珠繋ぎで電車が止まってまして、そのうちの一編成にたまたま乗り合わせたというだけのことです。だから危険は全くありませんでした。

投稿: フロレスタン | 2006年2月21日 (火曜日) 15時07分

満員電車:高校から小田急の250%と乗降客ベスト3に入る新宿、池袋経由で通っていたんで、家畜運搬車なみの東京の電車はまさに非人間的世界。 これが、集密による効率とかいっているようじゃ、東京サラリーマンの悲哀はまだまだ続く。

どうにかならないかね? JRさん、石原都知事さん。。。

投稿: スーパーTS | 2006年2月21日 (火曜日) 16時19分

>>スーパーTSさん

うーむ、高校時代は悲惨な通学事情だったんですねえ。あの頃は埼京線もなくて、新宿・池袋間は最悪ともいえる混雑ぶり。私は大学の頃、逆方向で乗っていたことあり。

家畜の方がまだまともに運搬されているのでは?
誰だ、社畜運搬車などといっているのは(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2006年2月21日 (火曜日) 17時22分

二十数年前、早稲田の入試の朝、赤羽線が立ち往生してぎゅうぎゅうで足止めを食らったことを思い出しました。

でも、何だかんだ言って東京はalternativeがあるから良しとしてよいのではあるまいか。
地方だったら「遅れる」ではなく「着かない」ですもん。
でも、当事者は大変ですよね。
(と言いつつ、対岸の火事だと思っている地方在住の私)

投稿: Joe | 2006年2月21日 (火曜日) 19時38分

>>Joeさん

確かに。地方だと車とバスしか、ぢゃなくて(^_^;)車飛ばすしか代替手段ありませんものねえ。

もっとも東京でも、いくらでも代替手段のあるところと、意外とそうでもないところがあって、普段は気が付きにくいですね。

投稿: フロレスタン | 2006年2月21日 (火曜日) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/8760465

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のすし詰め電車:

« 岡部孝信の健闘を称える | トップページ | 聞いていて情けなくそして悲しくなった中継 »