« さあどっちが本当かな(笑) | トップページ | さあさあ、ユベントスとフィアットのトリノで五輪ですよ »

2006年2月 9日 (木曜日)

マスゴミの「大本営発表」

昨日の毎日新聞。
一面の「社告」に「毎日中学生新聞を休刊にします」とあった。
ふーん、廃刊ではなく休刊ね。いつ復刊することやら(笑)。そして理由が「少子化やネットの普及による多様化」なのだそうだ。要するに「部数が減少して赤字だからもうやめます」って訳だよな。ならばはっきりとそう書けばいい。こういうのを「大本営発表」というのだ。どこのマスゴミも似たようなものだろう。これでは戦前の軍部のことなど批判できないな。

同じ日の経済面には、サントリーのウィスキー「オールド」が新しくなる、と言う記事があった。ニュー・オールド(笑)なんだそうだ。名前が自己矛盾していることはともかくとして、ご丁寧に日本語にはない定冠詞theまでつけて、最上級の意味までもたせるのだそうだ。

それはいいが、80年代には年間1240万ケース出荷していたのが、今では50万ケースに減少している、と書かれている。ふーん、減少ね(笑)。焼酎ブームや輸入酒に対する関税の変化などで多様化したのではなかったのかね?

社告と経済面の記事で単純比較は出来ないが、他社の商品は出荷減少と書き(報道の客観性からすれば当然のことだ)、自社の(今では足手まといになってしまった)マイナー商品は、曖昧な表現ですませる(報道の客観性からすれば許されないことだろう)、こんな態度でいいのかね。

ついでに当たり散らしておくが、オールドってのはまずいウィスキーだったよな。ウィスキーには珍しく悪酔いするのだよ。でもって今回の「新製品」は団塊の世代が対象なのだそうだ。彼らがどれだけ昔を懐かしんで飲むことやら。キリンのラガーといい、サントリーのオールドといい、団塊の世代が消費したから化け物商品たり得た訳だ。もういい加減に数の力を頼んで世の中をごちゃごちゃにするのはやめにして欲しいと思うのである。

|

« さあどっちが本当かな(笑) | トップページ | さあさあ、ユベントスとフィアットのトリノで五輪ですよ »

コメント

ダルマだけに転んでも起きる。

投稿: Joe | 2006年2月10日 (金曜日) 03時14分

>毎日中学生新聞を休刊

まだあったんですねえ。
小学生新聞は取ってました。
ちゃんと毎朝見ましたよ、ゴンベだけ。

投稿: Joe | 2006年2月10日 (金曜日) 04時46分

>ニュー・オールド
 文脈とは無関係に「新古典主義」を思い出してしまいました。ここからノータイムで女子十二楽坊を連想する辺り、私もまだまだ世俗的だなぁと思いますけどね。

投稿: 五月原清隆 | 2006年2月10日 (金曜日) 10時52分

>>Joeさん

ははは。でもまだ7回ころんでませんよね(^_^;)。
毎日中学生新聞は、我が家は最近までとってました。子供はあまり読みませんでしたけどね。

>>五月原さん

そういう連想回路は、私にはありませんねえ(^_^;)。まあ世俗的でもいいんではないでしょうか。

投稿: フロレスタン | 2006年2月10日 (金曜日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/8582323

この記事へのトラックバック一覧です: マスゴミの「大本営発表」:

« さあどっちが本当かな(笑) | トップページ | さあさあ、ユベントスとフィアットのトリノで五輪ですよ »