« これも一種の原理主義? | トップページ | 先見の「芽」があったスポンサー »

2006年2月24日 (金曜日)

ただ1人190点台

いやあ、女子フィギュア・シングル、見てしまった(^_^;)。最終グループが演技する前の製氷のそのまた少し前くらいから。このあたりの選手は総得点が140〜150点くらいである。

安藤は「予想通り」ダメだったが、同じくらいの滑走順の選手がフリーで100点以上を叩き出す中84点台という不出来で、140点台の得点で最終順位を15位まで落とした。

村主は美しい演技で大きなミスもなかったが、やはりSPでの差とジャンプでの加点予想の少なさからか、4位だった。でも前回レークプラシッドの5位から順位を一つあげて、2大会連続入賞はたいしたものである。応援していたので、なんとか3位に入ってもらいたかったというのが本音だったが、3位のスルツカヤとは6点くらい差があった。

さて、そのスルツカヤもコーエンも「こけた」。コーエンは上位3人の中では一番早い演技順。やはりプレッシャーがあるのが、出だしでジャンプの着氷に失敗してしまった。それでも、中盤以降は持ち直してさすがの演技。コーエンのフリーは116点台で総得点183点台。改正前も後もフィギュアの採点方式はどうもよくわからないのだが、どうやら金メダル争いは総得点180点を超えたあたりらしいとわかった。

荒川のフリーは圧巻だった。緊張がいい方向に働いたのだろうし、体力、演技内容、精神力など様々な調整がどんぴしゃりだったと思われる。本人も「自分が金をとれるとは」と驚いているようだが、フリーの得点はただ1人125点台で総得点191,34。結果的には2位となったコーエンに大差を付けた圧勝だった。最終演技となったスルツカヤは、これでプレッシャーもかかったろうし、今ひとつ体に切れがないようで、コーエンを抜くこともできなかった。

スルツカヤ、コーエンの金、銀は固い、と言われていた中、自分の演技をして大逆転の荒川は本当にたいしたものだと思うが、前評判のとおりのメダルをとることの難しさもこの結果は示しているように思う。

ところで、マイナー競技なのであまり報道されないが、朝刊に女子バイアスロン24kmリレーの結果が出ていた(日本では射撃そのものがマイナーだろう)。日本は自衛隊体育学校の4人が出場し、18ヶ国中16位。これだけみれば「なーんだ」という結果なのだが、途中まで最下位だったのが、最下位だけは避けたいと必死に走り、ラトビアとカナダを抜いたのだそうだ。最後まで勝負を諦めなかったカーリングの選手達とも共通するところがあるように思う。こういうのはもっと賞賛してもいいと思う。この気持ちが引き継がれれば、いつの日か、今回の距離の女子スプリントリレーのように、バイアスロンでも入賞する可能性があるかもしれない。

そのカーリング女子。決勝はスウェーデンとスイスの対戦。この両チームに善戦した(スウェーデン戦はあわや勝利というところ)日本チーム、誇りを持って帰国して下さいな。

|

« これも一種の原理主義? | トップページ | 先見の「芽」があったスポンサー »

コメント

 こんばんは。

 みなさんしっかり起きてLIVE見たようですね。私はさすがに3時過ぎでくたばりました^^; 採点基準がよくわからないというのもあって、後半だけ見てればいいか・・・という気持ちだったのですが、気が付けば夜が明けていたという。ニュースを見たときは、信じられませんでしたね。何だか「トリノはマスコミに踊らされた」わけで、メダルは期待してなかっただけに「それでも荒川はこけなかった」から、また一つ日本の存在をアピールできたことは嬉しいです。

 エキシビジョンは今晩でしょうか?是非見たいですね。カーリングについては、週末にでもまとめたいと思います。

投稿: 無名 | 2006年2月24日 (金曜日) 17時48分

紆余曲折、苦労した荒川の金メダルは価値があると思いますね。冬季五輪では里谷に続いて二人目ですが、荒川は五輪後に勘違いしてああいうバカはしないでしょう。

スノボのアホどもの軽さが余計に際立つ結果になりました。

そういえば、案の定、カーリングの問い合わせが激増しているようで、日本全国で9カ所しか公式リンクはないのだそうですね。増設するのはいいけど、日本人は飽きっぽいから、作ったと思ったら既にブームが下火、なんてならなきゃいいのですが....

投稿: フロレスタン | 2006年2月25日 (土曜日) 01時05分

 深夜の友でカーリングをついつい見てしまいましたが、やはり海外チームはレベルが高いですよ。アベレージで言うなら、日本の五歩か十歩は先を行っています。小野寺歩には悪いんですが、「バンクーバーでもメダルは無理だろうなぁ」というのが素直な感想です。
 まぁ、ラグビーにしろアメフトにしろ、普通のテレビ中継でルール解説が都度挿入される内は、世界レベルでの勝負なんて無理ですよ。とはいえ、15年前まではサッカーのオフサイドすら知らない人が殆どだった事を考えれば、或いはカーリングも将来は……という期待はありますけどね。

投稿: 五月原清隆 | 2006年2月28日 (火曜日) 12時43分

>>五月原さん

うんうん、確かに。例えばスイスなんか得意のヒットで徹底的に戦ってくるなど、戦術が確立されているようですね。あとやはりどの国もスキップが堂々としている。小野寺もあと10年くらい続ければ、世界のトップになれるかもしれませんね。

今、五輪直後でカーリングが俄ブームのようですが、これが長続きすればバンクーバーも多少は期待できるかな、という気もします。

投稿: フロレスタン | 2006年3月 1日 (水曜日) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/8812604

この記事へのトラックバック一覧です: ただ1人190点台:

» 【加藤ローサ】シムソンズってどうよ【カーリング】 [濃縮★動画・DVDのドエログ]
トリノオリンピック。 「メダルトリノがしちった。えへっ」 なんつって。 ちょっと盛り上がった女子カーリング。 かわいいんだかカワイクないんだかわからない女子たちが 「ゴー」 だの 「イクーッ!」 だの叫んでおります。 ●シムソンズ 加藤ローサちゃん・高橋真唯(まいまい)ちゃん・星井七瀬(なっちゃん)・藤井美菜(みーな)の美少女4人のカーリング映画。 カーリングなんか全然興味ないけど、美少女みたさに男子が集まること必死。 加藤ローサお宝画像 星井七瀬お宝画... [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金曜日) 11時15分

» 初メダルが金っ! [SUPER-X.COM]
こんにちわ、super_xです。 いやぁ、凄かった… いやぁ、惜しかった… いやぁ、痺れた〜 トリノオリンピックでの日本の初メダルは… 金色。 君が代が流れるおまけつきですよ。 歌ってるじゃないですか、君が代を… 一番高いトコで、荒川静香。 朝から、ジーンときてウルウルしたじゃないか… では、女子フギュアフリーの感想を… ミキティの4回転へのチャレンジは、無謀だったのかもしれないが… これが炸裂すれば、... [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金曜日) 18時29分

» おめでとう、荒川選手! [MAC'S GADGET]
最近、スポーツネタばかりですね。 今朝は6時に起きて、女子フィギュアをライブで見てしまいました。 やっぱり気になりますからね。 いやぁ、荒川の演技、綺麗でしたね。 朝から感動してしまいました。 コーエンのみならず、スルツカヤまでもが転倒するとは! 勝負....... [続きを読む]

受信: 2006年2月25日 (土曜日) 22時22分

» [ニュース]荒川静香が金メダル [五月原清隆のブログハラスメント]
 リアルタイムでは見逃してしまいました(つД`) ○静香、逆転で悲願の金!/フィギュア http://torino2006.nikkansports.com/figure/f-ol-tp3-060224-0008.html  あーあ、これでまたもJOCに猛省を促す機会を逸失してしまいましたね(;´Д`)  今回の金メダルフィーバーがトリノオリンピック閉会まで持ち越されるのは間違いありませんから、今までは惨敗ムードだったJOCも祝賀ムードでの大団円です。荒川静香の金メダルが持て囃されている内に、どう... [続きを読む]

受信: 2006年2月28日 (火曜日) 12時32分

« これも一種の原理主義? | トップページ | 先見の「芽」があったスポンサー »