« こいつらに教育のことを語る資格はないな | トップページ | 泥舟 »

2006年1月24日 (火曜日)

寒空の下の「都落ち」は骨身にしみるか?

ホリえもん(「ホリえもん」であったはずが、いつの間にか世の中「ホリエモン」一色である)が「タイーホ」である。マンガのキャラつながりでいうなら、赤塚不二雄の漫画に出てくる「拳銃ぶっ放しながら『逮捕するぞ』と叫ぶ」目の繋がったお巡りさん(名前あったっけ?)に捕まったのなら面白かったのにな(^_^;)。

会社も住まいも六本木ヒルズで、故郷八女には帰らないというホリえもんにとって、葛飾区小菅というところは、拘置所という特殊性を除いたとしてどう映るのだろうかね?ネクタイしない男だから、逮捕すると自殺防止に没収する手間も省けている訳ですよ。もっとも他の3人はネクタイしていたろうけどね。拘置所でTシャツで自殺した会社社長なんてなったら前代未聞だよ。

閑話休題。

新聞はいらない、などとホリえもんに言いたい放題されたものだから、新聞社はここぞとばかり復讐を始めたようだ。新聞社系の雑誌の広告みても、バッシング一色。最近私ゃテレビはあまり見ないので、どういう風になっているかわからないが、だいたい見当はつく。

毎日新聞の経済部長さんなどは、経済の本当の実力は、などという見出しで、第一面で例によって高所から能書きたれていて、「古い世代は金で何でもなるという考えに否定的で、若い世代は新しい時代の経営者として好意的」といった趣旨の、相変わらずステレオタイプな見方をして、バブルの再来に批判的な態度でいるが、そういう思考停止でいいのかね。一面がこれだから、紙面全体がそういう思考停止状態で染まってしまっていることに気がつかないのは、昨今の新聞社の質の低下からすればいたしかたないか。

ライブドアの社員にしても一般の「ファン」にしても、ホリえもんを信じている(そういうあなたはかつて誰かに騙された経験はありませんか?)、再挑戦して欲しい(証券取引法違反に再挑戦ですか?w)、などといった新興宗教の信者みたいな反応がけっこうあって、これは論外としても「額に汗水流して働かず一攫千金を目指す風潮に鉄槌を下した」などという声(いわゆる旧世代に多いようだが、若い世代にも少なからずあるので、こういう見方がマジョリティなのだろう)を垂れ流しているのは、どうにも納得がいかないね。

そもそも、休刊日と価格のカルテルまがいのことをして、三行広告で10万円、全面広告で数千万円という「不労所得」で経営が成り立っているのはあんたたちマスゴミではないのかね?

それから旧世代の人達よ。もちろん真摯に仕事一筋の人もたくさんいるから、そういう人達には敬意を表するが、そうでない人達に対してである。高度経済成長という一過性の経済拡大の中で、補助金などの既得権を確立し、そこに安住していれば食えるという状態の人達である。新規にこの既得権に割ってはいるのは非常に困難である。私がホリえもんの(やったことではなく、あくまで)考え方に共感するのはこの点においてである。

既得権を手放してもおなじ批判をする覚悟はあるのかな?

小泉改革がホリえもんを持ち上げたということで批判されているようだが、これはどちらも、弱肉強食のアメリカ式をそのまま日本に移植しようとしたやり方が間違っているからであって、根本の思想において批判されるべきものではないと思う。ま、ホリえもんの場合、民法や労働基準法あたりでも叩けば埃以上の廃棄物もたくさん出てくるだろうけどね。

多くの国民が賛同可能な改革の方向性というのは「公平・公正」だろう。小泉改革もこの方向を向いているはずだ。だが、そのモデルがアメリカ流の新保守主義ないしネオコンにあるからおかしくなる。小泉改革の目玉の一つである道路公団の民営化などは、(不要な特殊法人を潰して)公正な競争を促し社会的なコストを下げる、という点では方向性は正しいと思うが、旧公団の幹部がそのまま新会社の経営陣に横滑りというやり方が間違っている。新しい容器に腐ったものを移してどうする?これは既得権の維持に他ならない。公平・公正を欠いているのである。

同様に、ホリえもんも公平・公正を欠いた。彼が金の亡者でなければ、公正な競争で旧弊に挑んだだろうし、そうであればもっと幅広い世代から、新興宗教のようなものとは異なった本質的な支持を得たであろう。

それからマスゴミの莫迦さ加減を、今更のようだが改めて糾弾しておこう。

乙部綾子を「美人広報」と勝するのは八女よ(笑)、ぢゃなくて止めよ。彼女がこれで錯覚して増長したのは、今回の強制捜査以降の反応を見ても明らかではないか。そもそも美人でないものを美人と称するのは詐欺である。否定しないライブドアもどうかしている。あっ、会社自体が詐欺体質だったか(爆)。

ヒルズ族だけがIT企業のような書き方(むしろあそこにいるのはIT企業でないと思った方が正しいだろう)や、IT企業は皆いかがわしいような書き方も止めよ。

|

« こいつらに教育のことを語る資格はないな | トップページ | 泥舟 »

コメント

 こんにちは。

 自分のエントリーの弁明をするつもりはありませんが、若者(ホリエモンに近い世代)は刺激が欲しいんじゃないでしょうか。だから、精神論的な発想でホリエモンがやった「新興宗教」みたいな手口を称えた。(自分のエントリーを客観的に見て、そう感じました)

 前原代表だったか、票寄せパンダと呼称しましたが、たれパンダの印象で「かわいい」なんて思ってたら怪我しますからね。堀江氏の本当は姿は、野性的な腹黒パンダなのかも。

 もっと「公平と公正」に重視してエントリーしなきゃぁなりませんね。感情的に解決するのは良くないってことですね。

投稿: 無名 | 2006年1月24日 (火曜日) 12時33分

>IT企業は皆いかがわしい
 これは正解ですよ。実際、内部に入ってみれば、どこもかしこもやってる事は詐欺みたいなものですから。ライブドアと違うのは、株式交換ではなくオープンソースとかいう目眩ましを使う事だけですね。ユーザーからしてみれば、刑事責任を追及出来ない分、ライブドアよりもムカつく存在でしょうね。

投稿: 五月原清隆 | 2006年1月24日 (火曜日) 12時54分

薄唇短舌さん!
なんと、いかにも冴え渡った明快な論説なり!
逐一、同感です。
ほりえもん君に対する「冷静」な切り口。且つ、「的確」なご判断に基く批評。流石、縷々納得の名論調でして、これまた納得。
しかし、ホトホト厭になりますです。
我国マスコミ・政治・財界・大衆にして、如何に一億総小児性痴呆症的慢性疾患に陥っているかという事を、、、。ほりえもん騒ぎなんて重箱の隅のお米の欠片にも満たない存在であるにもかかわらず、ちょっと騒ぎすぎでありますな。

投稿: エセ男爵 | 2006年1月24日 (火曜日) 16時48分

>>無名さん

なんだか星占いだの血液型性格診断だの、しょうもないものに依存する人が多いのと根っこが同じかもしれませんね。
まあ、でもご自身のブログはどうぞご自身の味付けでやって下さい。時々「スパイスふりかけ」に参ります(^_^)。

>>五月原さん

まあそこまで言っちゃうと身も蓋もない訳でして。ちゃんとしたところもあるけど、幼女殺害事件に便乗して儲けようとするのもいて、確かにいい加減かもしれない。

私は全部知っている訳ではないので、逆に断定するな、と言ったまでです。オープンソースもそのものが悪いのではなく、詐欺的に使おうと思えば使える訳で、使い手の問題でしょう。

マスゴミの批判はそういうレベルではなく(オープンソースなんかわかっちゃいないでしょう)、IT企業とは言えない生扉をIT企業の代表格のように勝手に位置づけておいて、それがトラブル起こすと全体が胡散臭いように書くのはいかんでしょう、と言いたいのです。

>>エセ男爵さん

影響力のある企業が経済犯罪やらかしたのですから、騒いでもいいとは思いますが、手のひら帰したような態度はいただけませんね。

投稿: フロレスタン | 2006年1月24日 (火曜日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/8314610

この記事へのトラックバック一覧です: 寒空の下の「都落ち」は骨身にしみるか?:

» ホリエモンらライブドア幹部ついに逮捕!と光クラブ事件との類似 [すかんぴんノート]
出町柳コースケです。 今日のヤンスタでライブドアショックについて語ったが、ホリエモンの逮捕までは想定して語ってなかった。ホリエモンは今日の夕方から任意で事情聴取され、そのまま逮捕となったようだ。 一斉捜査から1週間でのスピード逮捕に関しては、相当前から検察..... [続きを読む]

受信: 2006年1月24日 (火曜日) 16時21分

» 自衛隊機密が朝鮮総連を通じて北朝鮮に流出 [Short Cappuccino]
ヤクザにしか見えないんですが、この人達。素敵すぎる…。 出て行ってくれないんでしょうかねぇ、日本から…? 将軍様の元へ帰りゃいいのに。 マジでイラネ、コイツら…ヽ(`□´)ノ [続きを読む]

受信: 2006年1月25日 (水曜日) 08時30分

« こいつらに教育のことを語る資格はないな | トップページ | 泥舟 »