« スタートがこれかよ | トップページ | いつも楽しませてくれる毎日新聞の投書欄の今日 »

2006年1月25日 (水曜日)

JR西は去年の脱線事故を反省しているのかね?

伯備線で、保線員3人が特急にはねられて死亡、その他1人が怪我である。
亡くなった3人の内、2人は私と同世代で(もしかするとまだ未成年の子供がいるかもしれない)、もう1人は20代の前途ある若者である。

単線区間で、列車の遅れから交換待ちの駅に変更があり、そのことが現場にきちんと伝わっていなかったようで、注意していた方向と反対側からやってきた特急にはねられてしまった、というのが報道されているところである。

事故の形態こそ尼崎の時と全く異なるが、人命軽視という体質は変わっていないのか、と思わせる体たらくである。一体この会社の情報伝達の仕組みはどうなっているのだ。JR西の社長以下、幹部は去年の事故の時何と謝罪した?今度もまた口先だけの反省で終わらせるのではないか?

マスゴミは、乗客が亡くなった脱線事故は面白いように鉄道事業者を叩くが、こういう事故は通り一遍の報道でお終いか。それとも亡くなった保線員は、特急列車の息吹を感じ取れなかったとでも言うつもりか?

|

« スタートがこれかよ | トップページ | いつも楽しませてくれる毎日新聞の投書欄の今日 »

コメント

昨夜(1月26日)、NHKの遅いニュースで、JR西日本社長の謝罪を報道していましたが、通り一遍なる平べったい内容でした。事故当時、保全工事の状況取材と報道を、もっとやって欲しいですね。

投稿: エセ男爵 | 2006年1月27日 (金曜日) 11時10分

保線員がはねられる鉄道事故は以前から結構ありました(と思います)。
隣の線路を通過すると思った列車が自分のいる線路を通過した、というパターンもあったような記憶があります。
今回の事故に関して私は仔細を把握しているわけではないですが、見張りが役立たない仕組みなのではないかという疑問がぬぐえません。
保線員の安全確保のために、全体の仕組みを考え直す必要があるのではないでしょうか。

新聞はライブドアに紙面割き過ぎ。もっとこういった命にかかわることの背景に突っ込んでほしいものです。

投稿: Joe | 2006年1月27日 (金曜日) 11時26分

>>エセ男爵さん、Joeさん

保線の事故は、脱線よりは頻度が高いでしょうけど、重要な仕事ですから、そういうのに携わる人の命というのも乗客と同様に大切ですね。マスゴミはどうしてこうも扱いが軽いのか。特に重大事故起こして会社の体質が問われているJR西ですから、なおさらです。

新聞がライブドアに紙面割きすぎ、というのは全くもって同感です。バランス感覚がほとんどないといっても差し支えない状態ですね。

投稿: フロレスタン | 2006年1月27日 (金曜日) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/8335971

この記事へのトラックバック一覧です: JR西は去年の脱線事故を反省しているのかね?:

« スタートがこれかよ | トップページ | いつも楽しませてくれる毎日新聞の投書欄の今日 »