« 弱腰のマスゴミと監督 | トップページ | 面白いことになった »

2005年12月 9日 (金曜日)

とんでもない誤報発見

削除されるかもしれないので、コピーしておくことにする。ISMが出所のYahoo!のニュースである。

いよいよW杯抽選会 注目はチェコとオランダの行方
2005年12月9日(金) 11時8分 ISM

 2006年W杯の組み合わせ抽選会が現地時間9日、ドイツ・ライプツィヒで行なわれる。最大の注目はFIFAランキングで2位、3位に付けながら、シードされなかったチェコとオランダの行方だ。

 オランダは欧州予選を10勝2分と無敗で通過。チェコはプレーオフでノルウェーを破ってドイツ行きを決めたが、昨夏のEURO2004で準決勝に進出するなど、ともに欧州屈指の強豪。しかし、FIFAは今回シードを決めるにあたり、過去2回のW杯での成績を基準にしたことから、前回大会の出場を逃した両国は低い評価となった。なおFIFAランク上位8か国のなかでは、ほかにアメリカ(8位)も前々回のフランス大会に出場していないことが響き、シードに入らなかった。

 第1シードから漏れたほかの国では、10位のポルトガルもシード国にとって厄介な存在になるだろう。02年W杯で母国ブラジルを優勝に導いた名将ルイス・フェリペ・スコラーリ監督率いるポルトガルは、自国開催のEURO2004で準優勝。指揮官は史上初となる2か国での優勝監督を目指している。

 抽選は前々回から同じ方式を採用。シード国が8グループに分かれ、開催国ドイツはグループA、前回優勝のブラジルはグループFに入ることが決まっている。アフリカ、南米、オセアニアが第2ポット、欧州(セルビア・モンテネグロを除く)が第3ポット、アジアと北中米カリブ海が第4ポットとなっており、各ポットから1チームずつが各グループに振り分けられる。

 抽選会は世界150か国に生中継され、ペレ(ブラジル)、ローター・マテウス(ドイツ)、ヨハン・クライフ(オランダ)ら往年のスター選手が抽選役を務める。日本からは中山雅史(磐田)が抽選役として出席する。
[ 12月9日 11時36分 更新 ]

太字のところに注目して欲しい。

アメリカはフランス大会に出場している。グループリーグで3戦全敗だった。日本も同じ結果だったのだが、中山雅史のゴールで1点挙げた日本が31位とブービーでアメリカは最下位だった。イランとアメリカという因縁の対戦もあり、イランがこの大会でアジア勢唯一の勝利を挙げたのがこの戦いだった。

ISMは一体何を勘違いしているのかねえ。

|

« 弱腰のマスゴミと監督 | トップページ | 面白いことになった »

コメント

 こんばんは。

 間違い探し得意ですね^^)

 私は一瞬「アメリカ(8位)」という部分が間違いかと思いました。アメリカってそんなに強いイメージないので^^; 最新のFIFAランキングを見ると、しっかり8位にランクされています。しかし、スウェーデン14位、日本は15位、ドイツが16位って(?.?) どういう基準なんでしょうね。これだけ見たら、W杯で決勝トーナメント進出も可能ってことになる。確かトーナメントはベスト16からでしたよね?うる覚えですみません。

 ただ、エントリーに中山雅史と書かれたらコメントしなきゃ気がすまない!!勝手に盛り上がってますが、現在慢心相違のゴンの写真入エントリーをTBさせてもらいます。

 では、また。

投稿: 無名 | 2005年12月10日 (土曜日) 00時55分

FIFAのランキングは実力を必ずしも反映しませんね。
ランキング対象の国際試合をこなすとポイントが加算されて上に行きます。
アメリカは北中米カリブ海予選あたりの好成績が反映されているのかもしれません。

投稿: フロレスタン | 2005年12月10日 (土曜日) 03時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/7538199

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもない誤報発見:

« 弱腰のマスゴミと監督 | トップページ | 面白いことになった »