« 線路上へのありがたくない置きみやげ | トップページ | 日本医師会の植松会長は莫迦ですか、それとも世間知らずですか? »

2005年12月18日 (日曜日)

自分自身の責任は?

スキー・純ジャンブの日本選手の不振が続いている。ここ何シーズンかあまり結果が出ていないが、今季は五輪直前というのにW杯で一桁順位がない、という多分かつてない不振ぶり。

全日本スキー連盟の伊藤義郎会長の怒りが爆発して、五輪に代表送らないぞ、と。

しかしだねえ、選手だけの責任なのか。今季は、現在世界最高水準にあるフィンランドからKari Yliantilaをヘッドコーチに招聘して強化を図っているが、逆にそれが「丸投げ」になっていないのだろうか。

日本のジャンプが好成績をあげるたびに、スキー板の長さだのユニフォームだのとルールが改正されて不利になり、これらに対応しようとして減量作戦まで実施して、逆に筋力落としてしまったのが今まで響いている。しかもKariからは踏み切り(Satz)の欠点を指摘されているが、これは以前から外国人選手と比べて見劣りがしていた。

長野五輪で好成績だったのは、V字ジャンプへの対応が早かったのと、当時はスキー板の長さも日本人に不利でなく、ユニフォームも味方につけて、向かい風をとらえて距離を伸ばしていたから、踏み切りの欠点がカバーできたのだと考えられる。また、テレマーク姿勢の綺麗な日本選手には飛型点もポイント源だった。

現在のジャンプは踏み切りで失敗すると空中姿勢での立て直しが難しくなっている。テレマークも外国人選手の上達が著しい。腰高な欧州人には苦手とされていたが、おそらく下半身の強化で対応したのだろう。

こうなると日本選手の有利さは悉くなくなってしまったと言える。
これを選手だけのせいにしていいのかね?現代の世界トップレベルのスポーツは選手個人の能力だけでは対応できない。スタッフや競技団体のハックアップが不可欠だ。次を睨んで若手の強化を図るために、今回は代表を派遣しない、というのも一つの選択肢ではあるが、そうならば会長自らも辞任をするなど、不退転の決意表明が必要ではないのだろうか。

|

« 線路上へのありがたくない置きみやげ | トップページ | 日本医師会の植松会長は莫迦ですか、それとも世間知らずですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/7678627

この記事へのトラックバック一覧です: 自分自身の責任は?:

« 線路上へのありがたくない置きみやげ | トップページ | 日本医師会の植松会長は莫迦ですか、それとも世間知らずですか? »