« 野村克也も老害の域だな | トップページ | 運転中携帯電話は一発免停にしろよ »

2005年12月11日 (日曜日)

いい子チャンぶるのはいやなので

児ポ法違反で逮捕された東大の多久島助教授に関するエントリーにトラックバックいただきましたが、どうも私が彼を擁護している(意見の代表格の)ような取り上げられ方に感じられたので、補足で主張することにします。女々しい弁明と取る方がいらっしゃってもそれはご自由です。

私は現行法を破れと主張するつもりはありません。その法律に問題があっても、問題を指摘し修正しようとする努力は必要だと思いますが、乱世ではないのだから、それ以上踏み込むことは自分でもするつもりはないし、他人にも当然勧めません。特にレイプのような鬼畜犯罪は、全く容認するつもりはありません。

義務教育を終わった年齢であり(実数は極めて少ないだろうが社会人になっている者もいて)、かつ女性が16歳で結婚を許されているのだから、少なくとも児ポ法の保護対象とすべき女性の年齢規制は18歳未満から16歳未満に変更すべきだと考えます。それをロリコンの思うつぼだというのならば、そういう主張の人は民法の改正を訴えて下さい。

多久島氏とは面識ないので、ただのスケベオヤジなのか、下半身の人格とは別に優れた人物なのかは知りません。ただ、英雄色を好むという言葉もありますが、独創的な優秀さと下半身の人格(お盛んであること)はしばしば比例するのではないか、という印象を持っていることも確かです。ただの「印象」です。

性欲が余り盛んでない男たちが、この種の犯罪の「下手人」に対して批判的であるのも自由ですが、自分の尺度だけで世の中を計るべきではない。

年端もいかない子供の人格を尊重すべきであることは論を待ちませんが、だからといって一律になんでも法律で規制するだけで世の中おさまるかと言ったら、そうは問屋が卸さない。規制が強ければ強いほど、実は弱い立場の市民にしわ寄せが行き、強者がアングラ化してますます2極分化する、ということはセックス産業あたりで十分に考えられる(というか既にそうなっている?)訳です。悪いことに警察の検挙対象が、本当の悪ではなく検挙率という数字の向上を狙ってお手軽に「小市民」に向かっている。ネット時代で脇の甘い「チョイ悪」が増えていることも確かでしょうけどね。そういうの見せしめにするだけでいいのかね。

もう少し生物としての人間の本能を直視して、寛容な部分を拡大すべきだというのが私の考え方の根幹です。このままだと「雄」としての男はますます社会的に去勢されてしまいます。

最後に、猛烈な批判覚悟で最後っぺたれます。
「女性は性の商品ではない、女性を性的な目で見るな」といった主張があるけれど、女はそういう目で見られて綺麗になるんだよ。そういう主張をする女に限って不細工な奴ばかりじゃねえかよ。

|

« 野村克也も老害の域だな | トップページ | 運転中携帯電話は一発免停にしろよ »

コメント

まあ、女の子は自分の生理始まったら、下手打つとガキ生まれるんだってリスクは考えないといけないですなあ。

くだらねえ性教育しなくていいから、リスクの観点だけは教育できちんとしていて欲しい。

頼むから、中出し(=漏らしちゃった)婚みたいなみっともないことはしないで欲しい。

投稿: JosephYoiko | 2005年12月12日 (月曜日) 02時31分

>>Yoikoさん

ははは。全くそのとおりですね。
リスク管理は男の子にもさせないといかんでしょうが(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2005年12月12日 (月曜日) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/7574272

この記事へのトラックバック一覧です: いい子チャンぶるのはいやなので:

« 野村克也も老害の域だな | トップページ | 運転中携帯電話は一発免停にしろよ »