« 大新聞の「看板記者」がこんな糞記事書いていていいのかね? | トップページ | これも気の毒な事故だ »

2005年12月29日 (木曜日)

フアン・ウソツク教授

テーハンミングッの捏造体質は、歴史やサッカーの審判疑惑だけにとどまらなかったのだなあ。

解釈でどうとでもなる分野と違って、追試験などで検証されたらアウトの分野なのに。
おまけに共同研究者を告訴するという逆ギレぶり。重症の「火病」だな。

2個のES細胞(それも偽者臭いらしい)を11個に水増し。
こうなると、我が国に難癖つけてくる歴史問題でも、やはり捏造や水増しがあると見るのがごくごく自然だ。もっともそんなこと、まともな人達はもうわかっている。韓国マンセーの人達が早く気が付くべきだ。

|

« 大新聞の「看板記者」がこんな糞記事書いていていいのかね? | トップページ | これも気の毒な事故だ »

コメント

 こんばんは。

 今年も残り2日となりました。今年エントリーし忘れているものを探しつつ、そろそろ(私も)「こいつウソツクって名前だけに・・・」とツッコむはずが先を越されましたね^^) おそらくみんなツッコんでるでしょうけど・・・。

 予定では、次のエントリーでとりあげるかも・・・そのときはTBさせてもらいますので、よろしくお願いします^^) ←何の挨拶でしょうね^^;

投稿: 無名 | 2005年12月30日 (金曜日) 00時00分

>>無名さん

本人は、日本語でこんなに突っ込まれるような名前だとは多分自覚してないでしょうね(笑)。実際の発音はウソッに近くて(最後のkはパッチム=終声子音=といってkの発音する舌の構えだけです)、でもやはり嘘だな。

日本語では真っ赤な嘘と言いますし、英語では確かwhite lie、韓国では今後は「真っ黄色な嘘」というのがはやる、わけないか(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2005年12月30日 (金曜日) 00時07分

週刊文春の最新号(新年の合併号)に関連記事があって、写真付きで「フアン・ウソク博士、あなたは韓国の希望です」とキャプチャーがありましたが、「フアン・ウソク パクサニム、タンシヌン テーハンミングゲ フィマンイムニダ」とそのまんま訳したことがバレバレの韓国語の横断幕が写ってました。よくこんな写真あったね。

今後は「フィマン」(希望)の部分がどういう言葉に変わることやら。

投稿: フロレスタン | 2005年12月30日 (金曜日) 00時12分

お邪魔します。
本日のテレ朝系の昼過ぎの女子アナは、このニュースの報道に関して…
「ウソク教授は、でっちあげをやっていた」と、いってました。
思わず、大爆笑でしたが…
テレ朝は裏切られたとでも、思っているんでしょうね。
どう考えても、捏造だったとか、最近流行の偽装とか、使うべきだと思うのですけどねぇ~。

投稿: super_x | 2005年12月30日 (金曜日) 00時27分

いつもそうすですが、
本日とみに、(我輩好みの)歯切れの良い、好い記事ですねえ~

投稿: エセ男爵 | 2005年12月30日 (金曜日) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/7889663

この記事へのトラックバック一覧です: フアン・ウソツク教授:

» 論文の完全な捏造確認 ES細胞、存在せず [(・ω・)]
 【ソウル29日共同】韓国ソウル大の黄禹錫教授による胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究疑惑を調査中の同大調査委員会は29日、ことし5月に黄教授が「患者の体細胞を基にしたヒトクローン胚から11個のES細胞をつくった」とする論文を米科学誌サイエンスに発表した....... [続きを読む]

受信: 2005年12月29日 (木曜日) 16時01分

» 生命工学の最先端国→ニセモノ科学の国 [乳頭おじさんのニュース解説]
 黄禹錫教授によるES細胞論文は捏造だとするソウル大調査委員会の中間調査発表を受けて、12月24日付産経新聞1面の黒田勝弘氏の記事では、 「生命工学の最先端国」から「ニセモノ科学の国」になってしまった。  とブッタ斬り。更にこの騒動の拝啓として以下の4点....... [続きを読む]

受信: 2005年12月30日 (金曜日) 11時03分

» 黄教授のねつ造 [アクティブオピニオン]
韓国内で「将来のノーベル賞候補」とも言われていた研究者の、 とんでもない「ペテン行為」である。 [続きを読む]

受信: 2005年12月30日 (金曜日) 20時46分

» 世界初のES細胞も捏造か [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
韓国ソウル大の黄禹錫(ファン・ウソク)教授がヒトクローン胚(はい)を使って世界で初めてつくったとされる胚性幹細胞(ES細胞)自体が捏造か・・・。 韓国の有力紙、東亜日報は12月30日に2004年2月に米科学誌サイエンスで発表したES細胞について、体細胞を提供した患...... [続きを読む]

受信: 2005年12月31日 (土曜日) 00時35分

« 大新聞の「看板記者」がこんな糞記事書いていていいのかね? | トップページ | これも気の毒な事故だ »