« 人材難か独裁か | トップページ | 今シーズンも最後にドラマが待っていた »

2005年12月 3日 (土曜日)

続・今度は栃木

父親は「犯人を殺してやりたい」とうめいたそうだ。当たり前だよ。この感情を否定できる奴がいたら、それこそ鬼か悪魔だ。正直なところ、今回の事件に関しては、広島の事件の直後でもあるし、見せしめのために例外的に私刑を許可してもいいのではないかとすら思う。

さて、また社会が病んでいる、などというお決まりの思考停止の主張が早くも社説に現れた。
社説:相次ぐ幼児殺人 社会もどこかが病んでいる

毎日新聞である。おまいらの方が病んでいないか?と突っ込みたくなるが、そんな自覚はないだろう。

女児の被害が相次ぐのは、少女に興味を抱く男性が増えている影響とも指摘されているが、捜査関係者によれば、女児にいたずらして検挙された被疑者のほとんどは「成人女性から相手にされないので、幼女を狙った」と供述するという。年格好の見合った女性と会話さえ出来ないせいで、罪のない幼女が狙われてはかなわないが、事件多発の背後で円満な人間関係が結べない、人づき合いの苦手な人が増えていることを注視すべきだろう。幼児虐待の多くも、子どもと満足に接することができない親が引き起こしている。
というのだが、ホントかねえ?この手のロリコン男は最初から成人女性に興味ないのではないかな。奈良の小林薫の時もそうだったが、成人女性に対して本気ではアプローチしてないから、女性にもそれを見抜かれて相手にされないのではないだろうか。人付き合いや人間関係の円滑さ、円満さとは関係ないと思うよ。
精神科医や心理学者らは、幼児期に子ども同士で思いきり遊ばせることがなくなった最近の教育やしつけの影響だと指摘している。だからといって、多くの人は道を踏み外しはしない。犯罪に手を染めた本人に責任と問題があることは当然だが、教育のあり方や社会のゆがみに目をやらず、個人の責めに帰しているだけでは多発する事件を防ぐことはできない。
この段落、論理展開が滅茶苦茶だな。そもそも精神科医や心理学者は統計的に裏付け取っているのかね。あるいはマスゴミが専門家の威を借りて勝手にこんな主張をしているだけか?幼児期に子供同士で思い切り遊ばなくなったのが本当の原因なら、同種の事件はもっと多発していておかしくない。やはりまっとうな人間が大多数な訳だ。

要するに「やる奴は最初からやる」ということだ。ロリコン猟奇犯罪など個人の責めがほぼ100%で間違いないだろ。

そもそも現代だけが異常な(病んだ)時代だと思うことこそが、実は現代人の錯覚だろう。
支配者階層とはいえ、つい150年くらい前まで男色が公認されていた。統計などないがロリコン犯罪や猟奇殺人など当時もあっただろう。そもそも幼児の時に婚約・結婚するのもよくあったわけだし。
幼児ポルノはいかんというが、江戸時代に幼女の春画はなかったのかね?誰か知りませんか?少なくとも、アングラでは絶対にあったと思うね。

マスゴミは何か存在したことのない理想の社会を勝手に妄想し、それと比較して現代社会のそれとは異なる部分をことさらに強調し、病んでいる、と攻撃して、そこに犯罪の原因を求めたがる。1人1人の人間の業と向き合おうとしないで、したり顔でお気軽な記事を量産している訳だ。

今回の栃木の事件では、11月30日に失踪現場付近で不審な男が目撃されているという。そういう状況を防犯に結びつけるか、マスゴミの言う空虚な「社会」ではなく実在する地域社会の対応が問われている、と考えるのが妥当なのではないだろうか。

|

« 人材難か独裁か | トップページ | 今シーズンも最後にドラマが待っていた »

コメント

> そもそも精神科医や心理学者は統計的に裏付け取っているのかね。
 考えられる問題を前応用統計屋として提示すると...

・変数の妥当性は?
 「思い切り遊ばせ度」を数値化(計量値でも計数値でも)できるという仮説があったとして、その変数の計測の客観性評価(例えば人が評価するのであれば、評価者内・評価者間で盲検試験をしてせめてκ係数を評価する)が必要!
 もちろん、その変数が「思い切り遊ばせ度」の実態を表現しているかについても妥当性検証が必要!

・思い切り遊ばせるの定義
 「思い切り遊ばせ度」の層化基準(その変数が例えば幾つ以上だったら「思い切り遊ばせるになるのか」という基準)について基準値に恣意性が無く(客観性)、その基準が実態を表現している(一般化可能性)の妥当性検証も必要!
以下、面倒なので妥当性検証というだけでこの2点を示します。

・データ収集方法
 当該変数を収集するに当たりサンプリングの妥当性検証が必要!

・コントロールの選択
 コントロールの選択について妥当性検証が必要!

 なんか炭酸ガスと温暖化の話と同じになってきた...

投稿: tygrysojciec | 2005年12月 3日 (土曜日) 17時39分

ガキの頃は、勉強と遊びって明確に分かれるんでしょうかね?

公文式に熱中したり、化学実験に熱中したりするのは、出来る子ほど、それは(端から見ると勉強かもしれないが、本人にとっては)遊びであると考えている場合も多いと思うのですがね。

わたしゃ、小学校の頃、漢字覚えるのが趣味でした。

投稿: JosephYoiko | 2005年12月 3日 (土曜日) 19時05分

>>tygrysojciecさん

解説ありがとうございます。真面目に考えれば考えるほど、泥沼に嵌りそうですね(^_^;)。ブンヤがもう少し理論的な記事書けるようにならないと、しょうもない俗説が広まるだけでしょう。

心理学者も精神医学者も自分の扱った被験者だけから印象を述べているに過ぎないように思えます。それを垂れ流すだけの新聞記事。orz....

>>Yoikoさん

私は幼稚園の時、漢字覚えるのが趣味でした(^_^;)。
4年生の時に天文に熱中しましたが、完全に遊び感覚でしたね。望遠鏡の視界の中に星が大きく見えるのが楽しくて仕方なかった。

投稿: フロレスタン | 2005年12月 3日 (土曜日) 19時14分

 幼女ポルノも何も、平安時代に源氏物語なる児童ポルノを世に送り出している日本において、ペドフィリアの犯罪性を議論する事自体が無意味でしょう。ロリコンは日本の文化だと言い切るべきです。

投稿: 五月原清隆 | 2005年12月 3日 (土曜日) 21時51分

>>五月原さん

おおっ。
確かにそう考えると、非情にすっきりしますな。
殺人者を擁護するつもりは全くないけどね、私ゃ。というか本当に好きなら殺すなよ、と。

投稿: フロレスタン | 2005年12月 3日 (土曜日) 22時03分

そもそも「いたずら」という言葉がふざけています。
性犯罪ですから、性犯罪でいいのです。
それ以上でも以下でもないです。

投稿: takeyan | 2005年12月 5日 (月曜日) 01時58分

>>takeyanさん

「禿同」ですね。全くもってそのとおり。
いたずら、ってのは本来意味が違う。

投稿: フロレスタン | 2005年12月 5日 (月曜日) 02時11分

>>フロレスタンさん

>見せしめのために例外的に私刑を許可してもいいのではないかとすら思う。

首肯。
今回の犯人を捕らえ、連行する場面があったとする。栃木県警の捜査本部は、そいつの顔を隠してやるような愚行はやめてもらいたい。
この事件、この犯人の顔を隠すことと晒すことと、どちらが理性的と言えるかよく考えてほしいです。

投稿: Joe | 2005年12月 5日 (月曜日) 08時51分

>>Joeさん

まさにそのとおりですね!
広島の方も、犯人のボロがいろいろとわかってきているようで、この際、不良外国人の受け入れ(しない)態勢について、政府レベルで徹底的に考えてもらいたいものです。こんな奴らの人権はとりあえずいらない。人ではないから。

投稿: フロレスタン | 2005年12月 5日 (月曜日) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/7442523

この記事へのトラックバック一覧です: 続・今度は栃木:

» 狙われる下校途中 [ブログ らぷぽ]
大きな社会問題です。立て続けにおきた事件、人通りの少ない場所、死角があった、一人だった、通学路から外れていた・・・防犯が問われますが。 mainichi.comに問題提起がありました。 少し長文ですがこの中に問題も答えもあると思います。気がついた箇所を強調しました。....... [続きを読む]

受信: 2005年12月 3日 (土曜日) 17時25分

» 犯罪のやりにくい仕組みづくりは犯罪予備軍を犯罪者にしないための施策でもある [埼玉県和光市議会議員(36歳、最年少) 松本たけひろの今日の雑感(和光市ネタ始めました)]
京セラの名経営者だった稲盛さんはつねづね、「不正をやりにくい仕組みを作ることは、社員を不正の誘惑から守ることである」と強調してこられました。 まったく同感ですし、これは社会全体に敷衍できる考えかたです。 つまり、犯罪のやりにくい街づくり、犯罪のやりにくい制度作... [続きを読む]

受信: 2005年12月 6日 (火曜日) 02時10分

« 人材難か独裁か | トップページ | 今シーズンも最後にドラマが待っていた »