« 続・今度は栃木 | トップページ | 腹の立つニュースではあるが »

2005年12月 3日 (土曜日)

今シーズンも最後にドラマが待っていた

用事が出来て車で外出したので、最初はニッポン放送を聞いていた。金子達仁の子供のようにはしゃいだ解説。そんなに興奮しなさんなって(笑)。画面がないが、開始早々に西沢のヘッドで先制したセレッソの動きが悪いようだ。やはりプレッシャーなんだろうな。2000年の第1ステージでも最終戦で優勝を逃している。そしてFC東京に同点に追いつかれる。

しかし、後半も早い時間帯にまた西沢がゴールを決めた。帰宅してその直後くらいからテレビ観戦に。一進一退の展開でそのままロスタイム直前まで2-1の展開。しかしFC東京の方が形がよく、攻め込まれるシーンが多くなってきた。このまま終わって「長居の歓喜」なのか、それとも「長居の悲劇」が起きるのか、どっちなのだと画面を注視し続ける。

セレッソは森島寛晃を徳重と交替させていたが、ゼ・カルロスが足を痛めて黒部と交替。これでバランスが悪くなったかもしれない。守備の負担が増えたファビーニョが必死にプレーするが後半40分過ぎ、ボールを奪われ嫌な形に。この時はあとゴールまで数十cmというところでDF柳本がクリアしたが、ロスタイムに、セットプレー(コーナーキック)からゴール前の混戦で同点ゴールを許してしまった。

多分それまでプレッシャーと戦ってきた選手達の緊張の糸は切れてしまっただろうから、追いつく余力はなかっただろう。

優勝の可能性のあった残りの4チームは、勝たないと話にならないという開き直りもあってか、全部勝った。鹿島、ガンバ大阪、浦和の3チームは4点入れた。その結果ガンバ大阪が逆転優勝。浦和は去年に続いて2位、3位鹿島、4位千葉、セレッソは5位。結果は「長居の悲劇」だった。ガンバはナビスコ杯で負けた雪辱も果たせたわけだ。セレッソは結局最終戦も含めて16試合負け無し(10勝6分け)と立派な戦いだったと思うが、どことはなくチャンピオンチームにふさわしい風格が感じられなかった。多分それは今日優勝に絡んだ5チームの中で最少得点、最小得失点差というところに出ていると思う。去年までのセレッソは攻撃型のチームで守備が弱かったのを修正したのが今年の結果だと思うが、優勝にはもう一段のチーム力の向上が必要だと言うことだろう。

総合力から見て、ガンバの優勝は妥当なところだ。けが人が多くて終盤は失速したが、卓越した攻撃力が最後はものを言った。ユースから昇格した選手達が活躍しての優勝というのもよいことであるし、リーグ13年目で初の関西からの優勝というのも、リーグ初年度から参加して奮闘し、当初はお荷物チームの雰囲気もあったが、一度も2部に落ちたことがなく、着実にチーム力をつけてきたチームに対するサッカーの神様(ジーコではないよ)からのご褒美だろう。監督はじめ選手達の多くが試合終了の瞬間思わず泣いていたのが印象的だった。
アラウージョはダントツの得点王だな。MVPも受賞するかもしらん。

鹿島は完全に前半で息切れしていた。あれだけ終盤勝てなくて優勝したのでは他のチームに申し訳ない。しかし私ゃけが人や戦い方、あるいはマンネリ化していた監督よりも、シーズン途中で欧州移籍問題で我が儘を言った小笠原の言動がチームの士気を低下させたのが一番の敗因ではないかと思うね。それと右サイドを強化しないと来季もきついだろう。

また、シーズン途中で一度も首位に立たなかった浦和が優勝しなかったのも、浦和のファンには悪いが妥当な結果だと思う。来季は審判の判定にぶつぶつ文句言わずにフェアプレーに徹してくれ。それで優勝できたら素直に祝福しよう。

千葉も予算と戦力を考えると立派な結果だと思う。来季は最初からサッカー専用スタジアムの本拠地で戦うので、これまで課題だった地域密着を強化して頑張って欲しいと思う。ロッテ・マリーンズというお手本もあることだし(^_^)。

さて、残った天皇杯だが、優勝チームが翌シーズン2部落ちという鬼門なので、どういう展開になることやら。
そんなことを気にしないで、一度2部落ちの経験のあるセレッソが、今日の悔しさをはらすために意地になったら面白いと思う。

J2降格の2チームも東京ヴェルディは意地を見せたか、終盤好調だった大分を下したが、神戸は最後の最後までふがいなかった。オーナーの「嘘泣き」も見苦しい。当分の間(永久でもいいぞ)、J2で頭を冷やしていればいい。

J2の3位争いもどんでん返しのような結果でヴァンフォーレ甲府が制して、入替戦出場を決めた。天皇杯の前に、この2戦も見る方にはスリリングな試合となるだろう。

|

« 続・今度は栃木 | トップページ | 腹の立つニュースではあるが »

コメント

セレッソ対FC東京の前半だけ見てたんですが、セレッソは守備が駄目でしたね。サイド突破を簡単にされすぎですし、センタリングも簡単にあげられますし、守備陣が自陣のゴール前で横並びになってるときは、駄目だこりゃと・・・・守備の要の一人が出場していなかったのが原因かもしれませんね。
東京は守備から攻撃への切替が早かったですし、パス精度もよかったですから、引き分けだったのが意外でした。セレッソは残念でしたが、天皇杯優勝して来期落ちてもらいましょう。
今シーズン見て思ったんですが、Jリーグっていい意味で飛びぬけたチームが無いから、応援する側からしてみれば、これほど面白いリーグって無いですよね。個人的には千葉のサッカーが好きです。
天皇杯の勝者ってアジアチャンピオンズリーグ出ると思うんですが、ヴェルディどうなるんですかね?ワシントン残るらしいので頑張ってほしいもんです。

投稿: ガウショ | 2005年12月 6日 (火曜日) 01時24分

>>ガウショさん

東京VはACL出場しますね。それとシトンことワシントンは契約しないようです。どっちも今朝の毎日新聞に記事が。ワシントンの場合、やはり年俸が問題でしょうJ2だと予算減らさないといけないですし、それよりも彼がいることでチーム戦術がなくなってしまう危険性もフロントは感じているかもしれません。

FC東京はカウンターサッカーのチームが好手の切り替えを早くしているいい見本かもしれません。監督が元FWというのも影響しているでしょうが(G大阪も攻撃的サッカー)、その監督は退任ですね。千葉もオシム監督で魅力的なサッカーになってますね。全く同感です。その監督の去就が微妙なようで、あの語録は味わいがあって好きなんですがねえ。

それより一流のボランチが6年間も監督しながら、まともな日本人選手のボランチが育っていない鹿さんには困ったものです。鹿さんで一番上手なボランチは監督だということですから(笑)。

それと、別エントリーのコメントへの回答ですが、トヨタカップはどうしようかなあ。あまり考えてませんでした。テレビ観戦の方がのんびり出来ていいんですよねえ(^_^;)。もちろん生の躍動感には劣りますが。

投稿: フロレスタン | 2005年12月 6日 (火曜日) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/7445272

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンも最後にドラマが待っていた:

» ガンバ大阪優勝!! [Road to me ...]
今日はサッカーJ1の最終節と関西大学ラグビーの最終戦が同時に放送してたので、2c... [続きを読む]

受信: 2005年12月 3日 (土曜日) 17時26分

« 続・今度は栃木 | トップページ | 腹の立つニュースではあるが »