« 運転中携帯電話は一発免停にしろよ | トップページ | 創始者も墓場で泣いている »

2005年12月11日 (日曜日)

最終回を台無しにしたCG仕立て

大河ドラマ「義経」が最終回。最終回にありがちな時間延長だが、今回は60分バージョン。90分バージョンも過去にはあったなあ。

2週間前の「安宅の関」からはお約束の展開だ。他にやりようないだろうけどね。弁慶が立ち往生しないとこのドラマは終わらない。思えば、私が最初に見て印象に残っている大河のシーンが、緒形拳演ずる弁慶の立ち往生シーンだった。当時はまだモノクロ。この時の義経役の尾上菊之助(現菊五郎)と静役の藤純子=寺島純子(現富司純子)は本当に夫婦になっちまった。娘の寺島しのぶは私ファンです(^_^;)。

今回の独自色と言えば、覚悟を決めて持仏堂にこもった義経が、差し込む陽の光の黄金色に金屏風を重ね合わせて「新しき国に清盛様も志半ばでございましたな」とつぶやくことと、うつぼ(上戸彩)を平泉と京都のメッセンジャーに仕立てたことだろう。烏丸(高橋耕次郎)がいつのまにか失明して琵琶法師になったというご都合主義には笑ってしまった。まあ想定外だが許容範囲内。

それはいいのだが、義経が自害した瞬間、持仏堂の屋根を突き破った光はまるで「スペシウム光線」だ。あの中にはウルトラマンがいたのかねえ(笑)。

2001年の時宗の時の元寇、2003年の武蔵の巌流島決闘、そして今回と奇数年の大河は安っぽいCGで墓穴を掘っている。策士策におぼれるというのも一度なら許せるが、ここまでくるとNHKの病気ともいえる。最終回としての展開自体はそれなりに見応えのあるものだっただけに、あの「爆発シーン」だけが残念でならない。総集編でカット、されるわけないよな。

|

« 運転中携帯電話は一発免停にしろよ | トップページ | 創始者も墓場で泣いている »

コメント

寺島しのぶって、好きなんですよ、いいですよね~。
ご両親はあのお二人だったんですか、知りませんでした。
松たか子も好きだな。

投稿: 圭 | 2005年12月12日 (月曜日) 06時53分

そして弟が今の菊之助ですね。
93年の大河ドラマ「琉球の風」では、菊五郎が琉球王、純子さんが王妃でしのぶさんが王女という、そのまんま家族の役を演じていました。

松たか子は、その翌年の「花の乱」で主役日野富子の少女時代で本格デビューしてますが、当時高校2年生。その時から私はいいと思ってましたね(笑)。ブレークしたのはそのしばらく後です。

ちょいとばかり知り合いのイベコンの女の子(って年齢でもないが)、松たか子に表情や雰囲気のよく似た子がいるんですが、なんと同い年で誕生日が10日しか違わない!

投稿: フロレスタン | 2005年12月12日 (月曜日) 16時32分

えっー、あのCG、私結構好きだけどな。
だからいたんだって、ウルトラマンが。M78星雲に行って、ウルトラマンとして地球に戻ってきたんだって。それが、帰ってきたウルトラマンなのだ。
だめですか(^^;)

投稿: アマサイ | 2005年12月14日 (水曜日) 15時20分

フロレスタンさん

>私が最初に見て印象に残っている大河のシーンが、緒形拳演ずる弁慶の立ち往生シーン

私はそれをリアルタイムで観ていませんが、後年放送されたシーンと今回の立ち往生とを比べるに、迫力と壮絶さでは、
緒方拳の立ち往生>松平健の立ち往生
だったと思います。(ありゃ、どちらもケンだ)

松平健の弁慶は、脚本のせいか、それとも演出のせいか、どうも演技がコテコテだったような・・・・・。峠の群像(1982年)の石野七郎次役は飄々としていて良かったけれども。
尾上菊之助の「源義経」では義経が弁慶の往生を見ました(と記憶する)が、今回の「義経」では滝沢九郎は弁慶の往生を見ていませんでしたね。その点でいえば、今回の脚本が上かと思います。

投稿: Joe | 2005年12月14日 (水曜日) 16時27分

>>アマサイさん

そうですか。まあ人それぞれでよろしいと思いますよ。
義経はウルトラマンになって、20世紀になって地球に戻ってきてピンチを救ってくれるわけですね(^_^;)。

私はあれぶち抜けすぎていてダメでした。もっと怪しく光っていたら許容範囲だったと思うのですけど。大河のCGは、エントリーにも期したように、トンデモなのを見せつけられているので、そうとう嵌らないと評価低いです。

>>Joeさん

弁慶では、大河でなくて水曜にやっていた中村吉右衛門主役の「武蔵法弁慶」が非常に印象に残っています。あの時は義経役が川野太郎。千鳥のかわりに玉虫(荻野目慶子)というのが相方の女性でしたね。緒形拳弁慶の時、藤原忠衡役が田村正和です。

緒形拳の時は、立ち往生したままドラマが終わったわけですが、今回は後日談がありましたね。そのためには、義経が先に死なないとダメだったのでしょう。

で、その義経死後ですが、うつぼ(上戸彩)はこの最終回のために仕込まれていたキャラだったわけですな。おまいはお徳(白石加代子)の後継者だったのか、と(笑)。

投稿: フロレスタン | 2005年12月14日 (水曜日) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/7575126

この記事へのトラックバック一覧です: 最終回を台無しにしたCG仕立て:

» 美しすぎる菊之助〜藤十郎襲名披露で実感 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 南座へ行った。ことしの「吉例顔見世興行」は231年ぶりに復活した上方歌舞伎の大名跡「坂田藤十郎(中村鴈治郎改め)襲名披露」とあって、話題沸騰、連日超満員である。僕にとって、10数年ぶりの歌舞伎見物であり、初めての南座。席は上手の端ではあるが4列目で、か....... [続きを読む]

受信: 2005年12月21日 (水曜日) 18時13分

« 運転中携帯電話は一発免停にしろよ | トップページ | 創始者も墓場で泣いている »