« 残り1節の2005Jリーグ | トップページ | 自民党の改革もまだまだだな »

2005年11月27日 (日曜日)

また歩行者の列に車が突っ込んだのだが

薄情なようだが、今回は同情心が起きない。

日テレの「バン記者」見ていたら、取手市で散歩の会の老人の列に車が突っ込んで、70代の2人が重症でけが人もいるという。一瞬、また暴走車か、と思ったら、なんと「警護役」として最後尾を走っていた車がの運転手が下手人である。79歳の男だという。アクセルとブレーキ踏み間違えたそうな。

嗚呼。
本来ならとっくに運転免許返上してもいい年齢だ。
本人は善意で警護役を引き受けたのだろうが、止めておくべきだったな。誰かが頼んだか本人が申し出たかはこの際関係ない。逆に歩く方も拒否すべきだった。こんなことになってはどっちも悔いが残るに決まっている。

若いつもりだったのかもしれず、それはそれで悪いことではないが、そういう気持ちと、肉体の現実は厳然と区別すべきである。

|

« 残り1節の2005Jリーグ | トップページ | 自民党の改革もまだまだだな »

コメント

こんばんは。サザエさん観てたんで、よくわからないのですが、なんで散歩の会の警護役に車が走ってるんですか?
仕事柄、町内会長とか、老人会とかの面々と顔を合わせることも多いのですが、
(自称)元気なご老人ほど、いつまでも元気なつもりでいるし、
何かをリタイアされた人(主に事務系公務員とか、教師とか)ほど、
80だろうが90だろうが何かを進んでやりたがりますね。
で、周りも止めないし、むしろ勧める。
元気なのはいいことだけど、年齢から来る生理学的なもの、
判断力や瞬発力の低下は一切自覚しない結果が
こういう事故につながると、私は思います。

投稿: 蓮花 | 2005年11月27日 (日曜日) 19時18分

>>蓮花さん

ニュースでも詳細は報じていませんでしたが、散歩の列の最後尾を走っていたとのことなので、ガード役のつもりだったのでしょう。

そんなに「危険な道路」なら散歩なんかに使わないで、公園あたりを周回した方がよかったと思います。

投稿: フロレスタン | 2005年11月27日 (日曜日) 19時30分

 私は20歳で免許取りましたが、法定時間数を10時間以上オーヴァーしてしまって、えらく金がかかりました。こういうのが巧いかどうかは、年を取る取らないではなくて、生得的なものだと思いました。

投稿: Inoue | 2005年11月27日 (日曜日) 19時45分

>>Inoueさん

おっしゃるように生得的なものは当然あるでしょうね。
ただ、高齢化していろいろと肉体的なハンディが出るのも(これれも個人差があるにせよ)間違いないところです。

まあテクニックが上手くても、性格的に運転に不向きなのもごろごろしてますけどね(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2005年11月27日 (日曜日) 19時52分

高齢者の運転に一言

私は72歳で高齢者真っ只中です。もちろん、高齢につれて、運動能力、認知力、忍耐力が減退していくのは認識しています。しかし、高齢になって肉体的能力が衰えても、質の良い老後生活を過ごすためには車は必需品です。高齢者は公共の乗り物というのは現実的ではありません。都会の駅の人ごみや、階段を、荷物を持っては歩けません、田舎のバスの待ち合わせは寒さ、暑さ、雨や雪の吹きさらしで環境が劣悪です。

とはいっても、高齢だから事故で人殺してもかまわないといっているのではありません。本当に高齢者の交通事故死が多いでしょうか。WHOのデータから見てみよう。交通事故が原因での死者統計ですから運転中の事故かどうかは分かりませんが、人口10万人当たりの死者数で見ると、興味ある事実が分かりました。

年齢別死者数:
アメリカ、カナダ、ヨーロッパの先進諸国では、15歳から29歳の区分が最大で、60歳以上より多い、30歳から44歳までの場合は60歳よりわずか少ない。
日本を始めアジア、南米、東ヨーロッパは、60歳以上の死者数がどの年齢層より多い。
このことをどう解釈するか。車社会後進国では高齢者が車交通に順応していない結果と見るべきかと思います。

私は、65歳過ぎてから、ヨーロッパ各国、(スウェーデン、オランダ、フランス、イタリー、スペイン、スコットランド)で、それぞれ2000km以上、レンターカーを運転して旅行しました。幸い事故はありませんでした。しかし、車の運転の目的で旅行したのではなく、歴史的遺跡などをゆっくり訪れ、中世の建物を改造したホテルに泊まるには車で行く方法しかありません。

とはいっても、自分は高齢者であることは常に自覚し、残された時間が少ないことも理解しているつもりです。
データ: WHO mortality database as of August 2003.

投稿: 夜空光 | 2005年11月27日 (日曜日) 22時30分

フロレスタンさん;
性格的に運転に不向き・・・・・→これって、撒き餌?

投稿: 圭 | 2005年11月28日 (月曜日) 02時29分

>>夜空光さん

コメントありがとうございます。
私も早死にしなければいずれ高齢者の仲間入りです。高齢者の運転を全て否定している訳ではありません。夜空光さんのように自覚されている場合はあまり問題にするつもりもありません。

統計の語るマクロな部分は当然あるでしょうが、それと個々の事故例というミクロなケースは別の話です。国際的な統計は統計の取り方やそれぞれの国の事情の違いもあるので単純比較は出来ないと思います。

オートマ車の事故の度に、アクセルとブレーキを踏み間違えた、という報道がなされます。信じられません。多分、多くの人はそんな間違いをしないはずです。

こういう人はそもそも運転に向かない肉体的ないし性格的欠陥があるはずなので、本来若くても運転すべきではないと思います。だから、なおのこと79歳にもなって運転するのはアカン、と思うのですね。少なくとも散歩の会の警護のために最後尾を運転するなんて発想は出てきません。親切の押し売り以外の何者でもないと思うのです。

投稿: フロレスタン | 2005年11月28日 (月曜日) 10時58分

>>圭さん

違う違う(^_^;)。むしろ逆だと思いますがね(^_^)。
そんなこと言ったら、ベルギーは法律で車禁止しなきゃ(笑)。

投稿: フロレスタン | 2005年11月28日 (月曜日) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/7346268

この記事へのトラックバック一覧です: また歩行者の列に車が突っ込んだのだが:

« 残り1節の2005Jリーグ | トップページ | 自民党の改革もまだまだだな »