« 名残を惜しみながら文化の破壊に憤る | トップページ | のまネコ問題を言語学的・民俗学的に斬る »

2005年10月 3日 (月曜日)

楽天は2年目もダメだな

東北楽天イーグルスの2年目のチーム作りが案の定野村克也氏を中心に迷走を始めた。
楽天の幹部は(勝負よりも)黒字経営をしたいらしく、清原を欲しがっていたが、野村氏は清原不要論だという。そんなこと、清原の態度や服装、ピアスなどに対する野村氏の言動を見れば明らかではないか。莫迦か楽天のフロントは。

おまけに、シダックスとの関係で11月の社会人選手権まで野村氏はこちらの監督を務める可能性があるのに、オーナーのミキティは野村氏と直接会談して「フロントも素人ばかりだし、すべてお任せします」と言ったそうだ。

莫迦か。ドラフト会議も含めてチーム編成の大切な時期に監督就任できるかどうかわからない人物に全部任せるなんて。普通なら別の人物を監督として迎え入れると思うね。少なくともフロントに野村氏の息のかかった人物を先行的に入れないとダメだろう。

仙台を中心とする東北のファンもいい面の皮だが、阪神監督で野球人生に汚点を残した野村氏(今岡の活躍をどう評価するのだ、野村氏は。しかも今でもあった時に挨拶しないなどと今岡のことを批判しているようだが、これはイチローと土井正三元オリックス監督みたいな関係ではないのかね)は、いよいよ晩節汚すことになりそうだ。

別に楽天がどうなろうと結果は知ったこっちゃないが、日本のスポーツ文化の発展のためには嘆かわしいことである。

|

« 名残を惜しみながら文化の破壊に憤る | トップページ | のまネコ問題を言語学的・民俗学的に斬る »

コメント

 私のような者が言うのも何だけど、三木谷さんはお金のかからない二流の人たちしか使ったことがないのではないか。お金のかかる一流人を使わず、人件費をケチって今の楽天にした。だから一級品・一流人にお金をかける感覚を持っていない。そうして大きくなった楽天そのものが、見識が浅く、「底」も浅いグループであるような気がする。

 土日に読んだ『赤塚不二夫のオコトバ』(二見書房)では、お金を持っている者が持っていない者を養い、養われた者は世に出ることで恩返しをするという書生文化に触れています。三木谷さんには、少なくともそういうセンスは無いな。

 とても僭越でした。

投稿: Joe | 2005年10月 3日 (月曜日) 18時24分

 先のコメント、三木谷さんの話に終始しちゃいました(^_^;)。
 野球の話で言うと、田尾さんは不憫としか言いようがありませんが、野村になったらそれはそれで楽しみではあります。週刊誌辺りには、「サッチーVS三木谷」なんて下世話な話題に燃えないことを切望します。
 でも、GMでないとはいえ、キーナートと野村克也じゃあどうやって折り合いをつけるかな。

投稿: Joe | 2005年10月 3日 (月曜日) 18時43分

>>Joeさん

ミキティにかんする書生文化論、なかなか興味深い視点です。田尾氏は本当に不憫ですね。人身御供でした。
キーナートなんて忘れてましたよ(^_^;)。雑誌に連載記事書いているくらいがよろしいかと。

サッチーvs.ミキティは場外乱闘ですね(笑)。

投稿: フロレスタン | 2005年10月 3日 (月曜日) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/6223166

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天は2年目もダメだな:

« 名残を惜しみながら文化の破壊に憤る | トップページ | のまネコ問題を言語学的・民俗学的に斬る »