« 信じるものは救われる? | トップページ | 壮絶なW杯欧州予選の終盤の局面 »

2005年9月10日 (土曜日)

無知をさらけ出す新聞記者

【こぼれ話】謎の全裸女性発見=香港版ピアノマン、一切話さず

こんな話題があったのね。中身はまあいいや。
それより記事中の「英語、フランス語、ポルトガル語、インド語、パキスタン語のいずれの通訳にも反応を示さなかった」という下り。誰だ、こんな無知無教養の文章を書いた奴は。プロの記者なら大いなる恥さらし。こんな奴に給料払う必要なし。

インド語、パキスタン語なんて存在しねえよ。

|

« 信じるものは救われる? | トップページ | 壮絶なW杯欧州予選の終盤の局面 »

コメント

時事通信はどういう校正室があるのでしょうかね。
新聞はそれでもかなりの目を通しているはずなのですが。
笑わせていただきました。

投稿: takeyan | 2005年9月10日 (土曜日) 15時20分

何気なく読んでいて、インド語パキスタン語を見逃しまして、フロレスタンさんの文章読んで大笑いしました。(記事にする記者もばかですが、読んでおきながら気ずかない私もけっこうばかかも)
いやそれよりうちの息子のように、フロレスタンさんは新聞の中のおかしな表現、文法ミス、誤植を見つけるのがご趣味なのかな?

投稿: 圭 | 2005年9月10日 (土曜日) 19時35分

>>takeyanさん

このエントリーで笑える方は、知識人です(^_^)。

>>圭さん

ええ。新聞や雑誌読む時の楽しみの一つです(笑)。
最近は、大学の生徒、という表現をする人が多いので困りものです。大学の先生ですら使います。もっとも入ってくる連中の中には、生徒並みの奴もたくさんいるようですし、生徒にすらなっていない分数計算が出来ないのもいるようです(児童並み)。

投稿: フロレスタン | 2005年9月10日 (土曜日) 20時00分

名前欄に『名無し』と書いた段階で、その人の言語圏がある程度絞り込めそうな気がするのは私だけでしょうか⋯?(笑:病棟のロビーより)
追伸:私が学生だった時分、周囲の学生達(バイト先の他学も含む)の多くは「講義」のことを「授業」と言っておりました。

投稿: Sunny_b | 2005年9月11日 (日曜日) 00時55分

>>Sunny_bさん

どうもはじめまして。「名無し」にかんする考察、なるほどそういう面があるかもしれませんね。

講義と授業、うんうん、それもありますね。
先生が休みの時は「休講」ですもんね。
「大学院の学生」ってのも困りものです。これまた当の院生達が使うから、呆れてしまうのですが、疲れるだけなので今では聞いてもスルーしてます。

投稿: フロレスタン | 2005年9月11日 (日曜日) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5871634

この記事へのトラックバック一覧です: 無知をさらけ出す新聞記者:

« 信じるものは救われる? | トップページ | 壮絶なW杯欧州予選の終盤の局面 »