« こいつらも国会議員に復帰かよ! | トップページ | やはりいい加減だな、民主党の政策 »

2005年9月13日 (火曜日)

総選挙、躁選挙、走選挙、捜選挙、葬選挙 いつになったら創選挙?

(社民党は崖っぷちから生還ではなく、別の崖っぷちに移動しただけ)
社民党。5議席から7議席へ。
蝋燭の炎も消える直前は明るく燃えさかるものだが、社民党はそれすらもないのだな(笑)。東京都連の代表だかが「東京で有権者から1議席いただいて」とほざいたらしいが、誰もやってねえよ。非礼、もとい比例東京ブロックの票を夜中に見て社民党は議席0だなと喜んでいたら、翌朝1議席、それも保坂展人が当選しているという信じられない新聞報道。謎はラジオニュース聞いていて解けたよ。なんちゅう欠陥制度だよ。欠員1にしろよ。ドント方式じゃなくてトンデモ方式だよな。Don't do such a thingだよ。土井の婆様は落選したけど、東京と大阪でそのチルドレンとやらがゾンビのように戻ってきた。

ということで、社民党に関して増えた2議席は、刑事被告人の分と制度の欠陥による間違いなので、実質前回と同じということで決定。

(軽すぎる用語の使用法)
誰か、野党の幹部だったと思うが、選挙報道番組でのインタビューで、今回の結果を「一党独裁」になるとほざいておったのがいたな。何が一党独裁だよ。それはシナや北チョソンのことだろうが。意味違うぜ、まったくもう。

マスゴミは自分たちで勝手にレッテルはったり、言葉を捏造しておいて、それを基準に報道する。莫迦じゃないのか。刺客、くの一、小泉劇場、解党的出直しなどなど。だから真実が伝えられない。

(岡田フランケン定信の最後)
民主党の岡田前代表(でいいんだよな、今の次点でもう)に関して、きまじめだの誠実だの政策通だのまっすぐだの正攻法だの、あれこれ言っているが、全部はずれ。

きまじめに関しては、堅物なだけで、私は先日のエントリーで松平定信認定。もしかすると水野忠邦も入っているかもな。
誠実って、宗主国様に対してだよな。政策通というのは、単なる政策オタクと認定しておこう。政策だけで選挙結果は決まらないよ。民主党だってそれがわかっているからPR会社使っているのだろうに。それなのに政策で真っ向から勝負なんて言っているから、国民にその欺瞞を見透かされる。しかもその政策だってふらふらしているしな。
まっすぐに関しては、顔は違いますね。あまりいうと中傷になるから止めておこう。野球のピッチャーも直球だけでは打たれます。

正攻法にしたって、原理主義と裏表。年金一元化を、共済、厚生、国民の全部一緒じゃなきゃダメって、三党合意を反故にして審議継続拒否しながら、いきなり選挙になったら年金が柱って、そりゃ信頼得られない。郵便貯金の縮小の問題にしても、発言がお粗末すぎた。挙げ句に民主党は郵政民営化には反対ではない、と。選挙の時にそんなこと言ったら、信用なくすことぐらいどうしてわからない。

8月8日に解散した時に、ガッツポーズしたらしいな、この男。反対票高く掲げてパフォーマンス展開した小林興起とどこが違うんだ。これで俺が首相だと思ったんだろうな。だから民主党単独で政権奪取出来なきゃ代表辞任だと、ハードル高くしすぎて自滅した。

言論封殺まがいの発言もあったし、結局自分だけが正しい、という傲慢さが嫌われたのだよ。民主党の中の良識的保守派とは明らかに方向性が違っていた。だから民主党支持層の中の左派以外が逃げたのではないかな。だから、次の代表をショートリリーフにせよ菅直人復帰では民主党は立て直せない。この機会に左派を全部切らないとダメだ。

(必要なのは出直し的解党)
解党的出直し。これまでもスキャンダルや大敗北がある度に、この言葉は該当する政党に向けられた。しかし、実態はどうかというと、本当に解党しちゃったか、出直しできてないかどっちかしかない。民主党だって、今回も解党的出直しを、なんてしたり顔で提言している新聞あるが、本当に解党しちまうよ、やり方間違えると。

その点、小泉首相は自民党の「壊党的出直し」をいつの間にかやっちゃったんだよなあ。

(そこのけそこのけ車椅子様のお通りだ)
傲慢と言えば、落選した八代英太もそうだな。
ずいぶん前だが、一度北区のイベント何かで見たことがあるけど、車椅子でふんぞり返って偉そうにしていた。周りが異常に気を遣っていたようだった。あの時点で権力の中枢にいて勘違いおっさんだったんだろう。福祉の仮面をかぶってるいから見えにくいけど。だから、今回も自分だけは例外扱いを信じていたのだろう。

(雑魚になった大物達)
一番のピエロは亀井静香。もう日本はお終いって、あんたに言われたくないよ、と多くの有権者は思っているはずだ。鈴木宗男は必要悪と考えるしかない。共産党と同じだ。

(赤い人たち)
共産党と言えば、志位委員長って、どうしてもいじめられっ子のイメージがあるんだよなあ(笑)。だからどうしても憎めない。実際不和、もとい不破議長と不仲らしいし。それに比べて、書記局長の市田忠義ってなんであんなに偉そうにしているんだ。あいつがテレビに出てくると不快な気分になる。岡田と双璧。あ、ふくすぃまぬるぽも加えて不快トリオにしておこう。

(そして既得権者の断末魔)
自民党の圧勝は結局消去法なのだ。国民が洗脳されたわけでも、小泉劇場とやらを見たせいでもない。ただ、消極的消去法ではなく、積極的消去法。どっちもどっちなら、少しは骨のありそうな方にやらせてみようってね。

郵政公社で実際に一所懸命働いている有能な職員(26万人のうちのどれくらいいるだろうか)には悪いが、やはり公務員や特殊法人、公社といった公的組織が優遇されてきた既得権益に対する民の怨嗟のスケープゴートが必要だったわけで、それが小泉首相の個人的な信条と合流して今回の事態になったと考えるべきだろう。

そういう意味で、道路公団の橋梁談合やNHKのスキャンダルも大きく影響したと思う。マスゴミであまり言う奴いないけど。

そしてもう1つ、マスゴミはネットの影響を選挙後は故意にかどうか知らんが、無視している。一週間前報道のアナウンス効果もなく、自分たちが望ましいと考えていた結果とあまりにも違っていて、それが実はネット(特にブログ)の影響であることに気づいて、戦慄しているのだろう。

|

« こいつらも国会議員に復帰かよ! | トップページ | やはりいい加減だな、民主党の政策 »

コメント

 こんばんは。話題満載で笑い転げた文章も・・・。

>マスゴミは自分たちで勝手にレッテルはったり、言葉を捏造しておいて、それを基準に報道する。

 民主党は、選挙活動中に不利な報道と思ったのか抗議文を送ったらしいですね。分かりやすく、偏見を持ちやすい言葉は、マスコミの都合で発生していると感じます。民主党より、自民党の方が話題性があったという単純な記事に国民は流されたのかもしれません。

>消極的消去法ではなく、積極的消去法。

 どうにも自民圧勝の理由が分からなかったのですが、そういう考えだと納得もいきますね。「どっちもどっち」と片付けたか、もう一歩踏み込んだか、という点で人それぞれ判断にズレが生じた結果ということでしょうか。

 では、また。

投稿: | 2005年9月14日 (水曜日) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙、躁選挙、走選挙、捜選挙、葬選挙 いつになったら創選挙?:

» 選挙違反の正体は… [SUPER-X.COM]
こんにちわ、super_xです。 自民党の圧勝を受けて、ワイドショーのネタも選挙の事後報告ばかりですが… みなさん、純ちゃんの 笑劇場を楽しんでますか? って、いっている場合じゃないですね。 純ちゃんの、自民党をぶっ壊すという事は、こういう事だったのかと思ってしまう。 なにかといえば、今度の選挙は、やはり純ちゃんの独裁派閥の完成 であったと思えてきた今日この頃なんですよ。 自民党・派閥名簿2005衆議院議�... [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火曜日) 19時58分

» 何で小泉さんが大勝したのか(9月13日追記) [時事を考える]
何で小泉さんが大勝したのか、やっぱり根本は政党への信頼感の差だと思う、自民党が都 [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火曜日) 20時49分

» 衆議院選挙・冒険少年的総括パート1 [冒険少年News-Blog]
日刊ゲンダイが全面大きく使いこういう見出しを。 日本の民主主義は終わった 今回の [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火曜日) 21時37分

» 小泉劇場なんて言わせない! [依存症の独り言]
小泉自民党が296議席を獲得した。地すべり的圧勝である。まずはおめでとうと言いたい。 この勝利の理由は何か?それは、小泉首相及び小泉内閣の実績と姿勢が評価されたからである。 メディアは今回の選挙を「劇場型選挙」と呼んだ。そして、今回の結果についても、『自民党の圧勝は、郵政民営化の賛否に絞った首相の劇場型手法が、予想以上に功を奏したのだろう』(9月12日:読売新聞【社説】)という見方をしている。 しかし、これは浅薄な見方である。小泉内閣の実績を認めたくない、あるいは国民の政治意識の高さを認めたくない、... [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火曜日) 21時42分

» 総選挙で自民党圧勝・・・喜ぶ国、困る国 [諸葛川]
総選挙は自民党の圧勝に終わりましたが、この結果については 世界中が注視しています。 <総選挙>「自民圧勝」に強い関心 海外の反応 米国 「日本の改革路線に勢い」  「過去最強の日米関係を維持でき、日本の改革路線も勢いを増すと期待している」(米政府高官)として歓迎 「決定的勝利」 米大統領、小泉首相を称賛 英国 「首相の驚くべき巧みさで楽勝」 総選挙結果について英紙は「解散でリスクを冒した小泉首相の正しさが証明された」(12日付タイムズ紙電子... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水曜日) 00時05分

» 社民への議席譲与 [ikeday1な日々]
先日の私のブログで、「社民が1.5倍へ躍進。。」と書いたが、驚愕の事実が分かった。ブログ「薄唇短舌」でも話題になっているが、比例東京ブロックで、自民の得票数が多過ぎて、自民が擁立した候補者全員当選分以上の得票数を得たばかりか、もう一人分の当選枠が割り当てられることとなったらしい。しかし、投票以降に候補者を出すことはできないので、その余剰一人分の議席はなんと社民党へ行ったというのだ。当選者は保坂展人である。これはいかにもおかしいだろう!明らかにシステムの欠陥である。東京比例ブロックで自民へ投票した者の... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水曜日) 07時17分

» 戸田「自由・論争」掲示板 「自民圧勝:鼠の集団自殺にも似た判断... [非公式-デタラメな根拠にしたがって差別や偏見を助長しているBlog(命名:watanabe9105将軍様)]
戸田ひさよしの自由自在ホームページ 戸田が革命的に独裁する掲示板 「自由・論争」 掲示板  自民党圧勝296議席(公明党31)を知って最初に思ったことは、ひと言で言って「今の有権者にはアホウが多すぎる!」ということ。  金持ち階級が小泉自民党を支持するのは当...... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水曜日) 09時29分

» 民主党、終わりの始まり‐民主党は滅亡する運命 [涼風庵(人権擁護貌をGO FOR BROKE!!)]
民主党政策が意図するところはまさしく「日本という国家の解体」であり、まさしく「中国共産党の太平洋進出を側面支援するもの」としか思えない。 こうした民主党の意図を阻止するためには、自民党への支持しかないという結論に至ったのである。 なお、こういった感想はネッ..... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水曜日) 14時34分

» 今日のイラスト:「たか子さん-さつきさん=30」 [時評親爺]
これからは議員として、「一般会計」だけでなく「特別会計」にも目を光らせてくれ! ※最近「本家」の許諾を得ない「本家」称呼が流行っておりますのでご注意下さい。 「山は動いた!」 ・・・けど向こう側にあるとても大きな山だった。 その大山が鳴動して・・・タナから牡丹餅が落ちてきた。 でも、そのタナのさらに上のもっと大きい牡丹餅は・・・燃え尽きた。 ※「棚から牡丹餅」の詳細はこちら ブログ内の関連記事:今日のイラスト:「仁義なき選挙な戦い」(増補第2版) ... [続きを読む]

受信: 2005年9月17日 (土曜日) 11時11分

» 今日のイラスト:「劇場の後座の民主党党首選び」 [時評親爺]
しかし小泉鬼次首相のキメ台詞はかっこいい。「おれは殺されてもいい」、「おれは総理だ」、「おれの信念だ」(以上8月7日付スポニチ報道より)・・・私も棺桶に入るまでには、こんな「名文句」を大衆の面前で言ってみたい。しかし「おれは殺されてもいい・・・おれの信念だ」、この名文句を是非とも、近頃日和りつつある(今回の総選挙の要因ともなった)参議院の元反対派センセイ方にも進呈したい。 その小泉鬼次首相の「キメ台詞」のあおりを受けた結果かどうかは知らないが、大惨敗の総選挙責任を受けて岡田代表が辞任し... [続きを読む]

受信: 2005年9月17日 (土曜日) 11時16分

» いろんな意味でスゲー選挙でした [閣下の憂鬱]
さて、注目の総選挙は御存知の通り自民党の歴史的圧勝という結果をもって幕を閉じた訳であります。まあ、色々と選挙結果について思うところはあるのですが、既にリンク先の方々のブログを始めとして多くの方々が論じておられるようですし、どのみち私が考察したところでいつもの如く暴言調で終わってしまう何の重みも感じられない結果で終わってしまうでしょうから、サラッと思うところのみを述べて深い考察やツッコミはしないことにします。自民圧勝という結果ですが、個人的には“自民党が圧勝した”のではなく、実質的には“自民党の不戦勝... [続きを読む]

受信: 2005年9月17日 (土曜日) 11時19分

« こいつらも国会議員に復帰かよ! | トップページ | やはりいい加減だな、民主党の政策 »