« 下腹部ねえ | トップページ | ブームなんて最初からねえよ »

2005年9月 3日 (土曜日)

男って悲しい生き物だなあ

今週発売の週刊文春に「エログ」のことを取り上げている記事がある。
もちろん、エロ系のブログである。少し前に、ここにもTBしてたのがあったな。思わず見に行ってしまった(笑)。

女どもがスケベなことを書いたり、自分の裸の写真を掲載したりして、男のアクセスを集めようと言うことで、もちろんサイト内にはライブチャットや出会い系はじめ各種アダルトサイトへのリンクが満載である。たいていがアフィリエイトプログラムになっていて、この報酬で月に100万稼ぐのもいるそうだ。いつまでそんな状態が続くのか知らないけど。リンク先にはワンクリック詐欺のサイトもあるらしい。気の小さい人はエログ内のバナーやリンク部分をクリックするのは止めた方がいいね。

インターネットの黎明期に、288のアナログモデムでなかなか画像が表示されないアメリカのプレイボーイのサイトにアクセスしていたのはもう10年前か。コンテンツは変われば変わるものだが、男心は大差ない。

で、笑っちゃったのがこの文春の記事中に、アフィリエイトのことをアフェリエイトと記載してあったこと。複数箇所全部そうだったので、印字ミスではなく、原稿段階のミスと思われる。編集もスルーしちゃったのね。多分、フェラとごっちゃになってしまったのではないかと思う(笑)。

アフェアフェ(^_^;)。

|

« 下腹部ねえ | トップページ | ブームなんて最初からねえよ »

コメント

全く同感です。
このごろのアフィリエイト大流行、一昔前の「枝葉作り商法」はたまた「さくらんぼ友の会」と、同じコトではないか?と(勘違い風に)断定しているのですが、なにせ日本の所得全体のパイが変わらないのに、そんなに急激に物品売れっこない。
しかし、
下半身関連商売は、永遠なるもの。紀元前からの歴史的普遍ですな。
開き直って、猪口大臣にもご相談し、
いっそのこと、欧州先進国?のオランダ・ドイツにならって我国も「飾り窓」を解禁しては如何、、、。
吉原はもとより、新宿あたりに大々的にライセンスを所持した「職業婦人」を適宜配備する。
これ、(東京都において)公営賭博場が難しいようならば、即刻方針を変え、提案したい。
都知事石原君もOKするのではないですかね。
1)飲む!
2)賭つ!
3)買う!(春を買うのですぞ!)
この3点セットは、いつの世にも必要不可欠でしょうが、、、
(放送禁止用語混入か?数々の「暴言」?お許し下さい)

打つ、

投稿: エセ男爵 | 2005年11月14日 (月曜日) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5759054

この記事へのトラックバック一覧です: 男って悲しい生き物だなあ:

« 下腹部ねえ | トップページ | ブームなんて最初からねえよ »