« どちらが本当の衆愚政治なのか −岡田克也考− | トップページ | 処分が軽すぎる »

2005年9月 6日 (火曜日)

ちょいと数字の訂正をば

以前のエントリーで、つくばエクスプ雌(あ、いけねえ、女性専用車両のことを述べようとしたら、えくすぷれす、じゃなくて、えくすぷめす、と誤入力しちまっただよ。小生JISかな入力につき、「れ」と「め」は段違いとはいえ隣同士)、ぢゃなくて、つくばエクスプレスが6連しかないのに朝夕ラッシュ時に女性専用車両を設置するのはけしからん、ということを述べた。

その時に、女性運賃は男性の6/5にすべきだと主張したのだが、その後「熟考」(笑)した結果、これを7/5に訂正します。以下、その理由を(わかっちゃった人はここでお終いにして下さい)。

ラッシュ時に一両に乗車する男女の比率を仮に1:1とする。オフピーク時にはこの比率は崩れる場合もあるものと思われるが、極端にどちらかに偏る可能性は多くないだろうから、これを全ての前提とする。

そうすると、1車両につき、男0.5両女0.5両分ずつを分割利用することになる。この0.5両分を仮想の1ユニットとすると、通常の6連では男性用と女性用が6ユニットずつということで、全体でユニットが12あることになる。

1両を女性専用にすると、男性用のユニットは5となり、逆に女性用ユニットは7となるわけである。
故に、女性用運賃は男性用の7/5にすべし。優遇されてるんだからグリーン車みたいなものだと思って甘受せよ。

一般化すると、次のようになる。
女性専用車両設置に伴う女性運賃の男性運賃に対する割増比=(全車両数+女性専用車両数)/(全車両数−女性専用車両数)

|

« どちらが本当の衆愚政治なのか −岡田克也考− | トップページ | 処分が軽すぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5821451

この記事へのトラックバック一覧です: ちょいと数字の訂正をば:

« どちらが本当の衆愚政治なのか −岡田克也考− | トップページ | 処分が軽すぎる »