« これぞポピュリズム | トップページ | 呆れはするがもはや驚かない »

2005年9月15日 (木曜日)

大化けするかもしれない似非科学

遠赤外線でがん治すと詐欺 診療所経営者ら2人逮捕

いや、もしかして、温度コントロールをちゃんとできれば、温熱療法と同じ理屈で、癌治療に効果があるかもしれないぞ。全部の癌ではなくても、ある種の特定のものだけでも。研究している医者はいないのか。この捕まった2人の「がんを完全に治せるのは世界でもうちだけ」というのは論外だが。

被害者の女性はその後死亡したという。
あの、もしかして遠赤外線なんか最初から使ってないんじゃないのかなあ。電気ごたつか石油ファンヒーターの近くにでも座らせただけとかな(笑)。

そこのあなた、赤外線や遠赤外線って、赤い色の光線だと思っていませんか?
もしそうだとしたら、夏の炎天下、あなたは紫色の紫外線を見ていることでしょう。別に夏じゃなくてもいいけど。
(俺にはそんな「超人」的な能力はない)

|

« これぞポピュリズム | トップページ | 呆れはするがもはや驚かない »

コメント

フロレスタンさん、

>いや、もしかして、温度コントロールをちゃんとできれば、温熱療法と同じ理屈で、癌治療に効果があるかもしれないぞ。

いや、ジョークとは判ってるんですが、信じちゃうヒトが出ると困るので、マジレスしてしまいます。

たぶん「遠赤外線」って「温熱療法」にとって、かなり不利な加熱方法です。少なくとも患部が表皮付近に存在してない場合は、事実上使えないと思います。

実は、人間の皮膚ってとっても放射率が高いもんで、遠赤外線をスゴく効率よく吸収しちゃって、内部までは届かんはずなんですわ。例えば下記のホリバのサイト(表1)では放射率が0.98(at 32℃)ですね。

http://www.jp.horiba.com/analy/it/subete8.htm

ちゅうことは体内の患部を暖めようと思ったら、表面を暖めてその熱伝導でやるしかない。で、温熱療法の温度って国立がんセンターのサイト(↓)の情報では「41℃以上」、特に「42.5℃以上」で効果が大きいようですから、遠赤外線使ってると表皮から癌に達するまでの組織を全部そんな温度に加熱しなけりゃならず、健全な大量の組織が壊れちゃう可能性が高い・・・・実際は、マイクロ波使うか、ヒータ付の針つっこむようですから、遠赤外線の出番なんて無いようです。

http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/treatment/010705.html


実は、この手の「インチキ遠赤商品」ってセラミック使てってぇのが、とっても多くてですねぇ、本職のセラミック屋としては、こんなえぇ加減な話が流布して妙なイメージが付いちゃうと、商売に差し支えて困るんすわ。


ちなみに、別のトコで教えて貰た、今回のインチキ業者のらしいHP(↓)
http://www.kikouchiryo.com/

投稿: 温泉カワセミ | 2005年9月16日 (金曜日) 00時27分

>>温泉カワセミさん

コメント、いいますか、フォローどうもありがとうございます。ここのところ、お笑いネタで暴走してますので(^_^;)、感謝です。そういえば、確かにセラミックと遠赤外線は漫才のボケとツッコミみたいによくペアにされますよね。うっかりしていて気が付かなかった。

研究するなら、ご指摘の通りの遠赤外線で通常は皮膚表面が暖められるのを、何かしら癌細胞部分までスルーできるような素材になり仕組みなりを開発する、というのはあるかな、と思うのですが、こういうインチキ商売が出てきた時に、きちんと医療関係者が出鱈目は出鱈目として、一般人にわかりやすくきちんと批判することが必要だと思いますね。

遠赤外線が受けるのは、多分「遠」の字の部分だと思うんですね(笑)。赤外線はまあ皆知っている。それに遠の字が付くと、何かまた別物でありがたいのではないか、と。

投稿: フロレスタン | 2005年9月16日 (金曜日) 00時54分

皮膚癌には効くかなあ?

投稿: フロレスタン | 2005年9月16日 (金曜日) 01時08分

フロレスタンさん

>皮膚癌には効くかなあ?

あはははは。精密な温度コントロールめんどくさそうではありますが、可能性はあるんじゃないですかね。とても「有利」とは思えませんけどね。(^_^;)

投稿: 温泉カワセミ | 2005年9月16日 (金曜日) 01時15分

そうそう。遠赤外線で皮膚表面の癌なんて、コントロールが大変そうです。だいたい、こんなの外科手術で切除すりゃいいわけで(^_^;)。

それより、遠赤外線と称して、なんでもいいから(^_^;)、皮膚表面に温風でも当ててやれば、精神的な意味での治療効果(免疫力の向上)があるかもしれない。

今回騙されて死んでしまった女性も含めてですが、やはり病気と心、というのはつながりが深いということを改めて感じますね。

投稿: フロレスタン | 2005年9月16日 (金曜日) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5955058

この記事へのトラックバック一覧です: 大化けするかもしれない似非科学:

« これぞポピュリズム | トップページ | 呆れはするがもはや驚かない »