« こんな機械が必要なのか? | トップページ | 保坂・辻元の当選よりも腹が立つ毎日新聞14日付夕刊の「特集WORLD」(1) »

2005年9月14日 (水曜日)

数字を弄ぶのはやめんかい、政府と糞マスゴミ

少子化調査:日本の出生率、女性の社会進出に比例せず

またまた毎日新聞だよ。
政府のプレス資料の垂れ流しと、学者の意見1人だけ掲載か。しかし、この本女の先生、大沢真知子って(^_^;)。大沢真理と間違えそうな紛らわしい名前じゃないか。それが狙いか、毎日新聞。
20050914k0000m020138000p_size5

# 00年のデータでは、(女性)労働力率が84.9%と最も高いアイスランドは出生率も2.08と最高値となったほか、米国やデンマークなども同様の傾向を示した。
( )内は小生が補筆。

アイスランドの人口、何人だと思っている?全体で23万人しかいないのだよ。産業も限られているし、労働力が多くなければ国が成り立たないし、子供生まなきゃ国が滅びる。そんなこと当のアイスランド人が一番よくわかっているだろう。米国やデンマークなども同様の傾向とあるが、記事に示されたグラフを見ると、それはいくらなんでも大雑把すぎるということがわかる。米国は女性労働力率が70%程度であるし、デンマークは合計特殊出生率が1.8を下回っている。

それから、ジェンダーフリーが大好きな人達。アイスランド人には名字がないのだよ。そして、名字代わりにお父さんの名前に男の子ならson(息子)、女の子ならdottir(娘)をつけて、誰の子だか識別する。おらおら、抗議せんかい?!(笑)。

労働力率のデータが、こういう国際比較に耐えられるものなのか。(発表者側が)意図的に数字を操作しているなんてことはないだろうな。例えば、日本で女性パートタイマーをはずしているといったような。

# 00年の日本の出生率は、労働力率が同レベルのフランスより0.52、労働力率が日本より低い韓国と比べても0.11低く、日本の働く女性が子供を産み育てるのが難しい現状が浮き彫りになった。
フランスって、法定婚外出産が多くなかったっけ?
韓国の数字まで読んでくると、確かに制度的に女性が働きながら子育てしにくい状況があることは認めるけれど、それより子供生まないで自由に生きたい、という「我が儘」が多いのではないかな。そのあたりにどうして切り込まないのだろうか。それはタブーか、もしかして(怒?

それから、記事はグラフの左端に位置するイタリアに言及していない。
女性労働力率は46%程度、合計特殊出生率は1.2ちょっとで日本より低い。偏見たっぷりに見れば、その日暮らしを楽しむ刹那なイタリア女だ(笑)。日本女性はこれに近いではないか。

この記事は、先進諸国では女性労働力率が高ければ、合計特殊出生率も高くなる傾向にある、と強引に読ませたいようだが、そうは「いかんざき」(笑)。きちんとデータ分析してないから断定は出来ないが、どうも相関係数は低そうだし、要するにそれぞれの国情が違う、というくらいのことしか言えないだろう。

国際比較で世論誘導したいのなら、もっと賢くやらないと、化けの皮がすぐに剥がれる。
何度もいうけど、男の威厳が保てる国にせよ。それは男女平等とは相容れないものではない。

|

« こんな機械が必要なのか? | トップページ | 保坂・辻元の当選よりも腹が立つ毎日新聞14日付夕刊の「特集WORLD」(1) »

コメント

新聞紙面を見ていないので、そちらには解説してあるのかもしれませんが、「合計特殊出生率」って、普通の人に意味分かるかなあ?

有希子ちゃんが理系白書ブログで、「新聞は中学3年生が読みこなせるレベルで書く云々」言っていたような気がするけど。。。

あと、すごく細かく言うと、合計特殊出生率ってのは、「期間~」と「コーレート~」があって、国家間比較やる場合には後者じゃないと意味ないんですけど、そのあたりはちゃんと出来ているんでしょうかね。

政府の資料探している暇ないので、どなたかご存知でしたら、ポインタでもよいから教えて下さい。

投稿: JosephYoiko | 2005年9月14日 (水曜日) 10時39分

失礼。予測入力方式で入力していたらTypoしてしまった。
「コーレート」→「コーホート」です。

「コーレート」が最初に出てくるなんてTypoしちゃうと、僕の専門がばれちゃうなあ(^^;。

投稿: JosephYoiko | 2005年9月14日 (水曜日) 10時42分

>>Yoikoさん

内閣府の当該情報のページ
http://www.gender.go.jp/main_contents/gaiyou/2.html
グラフの資料出所は
ILO, Yearbook of Labour Statistics 2000
Council of Europe, Recent demographic developments in Europe 2000
CDC, DHHS, National Vital Statistics Reports, April 17, 2001
となってます。

合計特殊出生率がわかる人は少ないでしょうね。
コーレートはコーホートの間違いかな(^_^;)?

投稿: フロレスタン | 2005年9月14日 (水曜日) 10時50分

すみません。本人の訂正の方がTypoの指摘より早かった(^_^;)。
厚生労働省統計情報部の説明だと、期間特殊出生率を国際比較や地域比較に用いる、なんてなっている。確かにデータは取りやすいから。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai03/sankou-s.html

投稿: フロレスタン | 2005年9月14日 (水曜日) 10時57分

ILOの元データ探してみますが、3時点のデータを比較しているところから、おそらく期間合計特殊出生率を使っているのでしょうね。

投稿: フロレスタン | 2005年9月14日 (水曜日) 10時59分

すみません。
こっちの方が、新聞記事ネタのようです。
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/syosika/houkoku/index-kokusai.html

投稿: フロレスタン | 2005年9月14日 (水曜日) 11時08分

数字で人を騙す人は多いですね。
前提として、多くの人が「自分は数字に弱い」と思っていることがあります。
だから、よくよく検証せず、結論だけ見て終わりになってしまいます。

投稿: takeyan | 2005年9月14日 (水曜日) 21時16分

結論が先にありき、というケースもありますからね。
イデオロギー的な内容なのに数字並べているのは要注意ということでしょう。

投稿: フロレスタン | 2005年9月15日 (木曜日) 00時35分

新聞、ニュースでよく”平均値”なるものが報道されますが、その標本の分布に言及したものは全くないですね。

世帯の金融資産残高なんていうと、世帯あたり1300万らしいですが、これって、ジジババの世代がかなり所有しているので、分布としては、低所得から中所得にかけて山を作り、そこからなだらかに減少しているのでしょう。そうすると平均値が最も多い部分とかけ離れますからね。

報道機関は”平均”というだけで、読者には勝手に正規分布を想像してくれるように、お国から指導されてるのかな?

投稿: outlaw | 2005年9月15日 (木曜日) 12時24分

>>outlawさん
あまりステレオタイプな見方はしたくありませんが、和を尊ぶ日本人、平均という値に弱い(騙されやすい)と思います。いろいろある統計上の「特殊な」数値の1つにすぎないのですがねえ。もちろん意味がないとは言いませんが、最大値や最小値と比較して、特別重みがある数値なわけでもない。

投稿: フロレスタン | 2005年9月15日 (木曜日) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5933860

この記事へのトラックバック一覧です: 数字を弄ぶのはやめんかい、政府と糞マスゴミ:

» 自由民主党は、我侭純ちゃん党ってことのようで… [SUPER-X.COM]
こんにちわ、super_xです。 安達祐美とスピードワゴンの戸井田が結婚 と、(KBC[アサデス]九州・山口で放送)流れたのでいささかびっくりしているところです。 え〜ほんとかよ〜?って、思っていますが… 今から、芸人になろうかな?って、思ったりもして… まぁ、そんな事を思うだけ無駄なようで… 「同情するなら、金をくれっ!」 って、叫びたい今日この頃です。 でわ、本題… コンバヤシ氏…じゃなく小林興�... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水曜日) 17時39分

» 流行の財政指標「プライマリーバランス」の多分正しいとらえ方 [和光市議会議員(36歳、最年少) 松本たけひろの今日の雑感(和光市ネタ始めました)]
プライマリーバランスという言葉が世間では流行しています。個人的には「騙されない方がいいよ」と申し上げたいですね。 ①日本の財政がぜんぜんダメだからこの程度のゆるい指標が引き合いに出されている 国家の財政を語る中で、プライマリーバランスの均衡を2010年に達成した... [続きを読む]

受信: 2005年9月14日 (水曜日) 21時19分

» 少子化対策のキモ [真夜中の砂布巾]
先日から、衆院選の政策課題として「少子化対策」がテレビでも取り上げられています。私も3人の小さな子供がいるので児童手当をもらっている身ですので、この問題にも興味があります。児童手当は毎年のように支給年齢が引き上げられていますが、そのたびに支給されたり、終わった... [続きを読む]

受信: 2005年9月15日 (木曜日) 04時25分

» 財政赤字 [楽天家な企画屋の波乱万丈blog]
マズはコレ を見て欲しい。刻々と増え続ける数字。コレは日本国が抱える借金の数字です。 そう、近年まさに深刻化しているという財政赤字。その借金総額がこれです。 日本の財政赤字は地方自治体などの公債も含めると軽く1000兆円を超えます。 そしてその上で一つの問題... [続きを読む]

受信: 2005年12月 9日 (金曜日) 23時18分

« こんな機械が必要なのか? | トップページ | 保坂・辻元の当選よりも腹が立つ毎日新聞14日付夕刊の「特集WORLD」(1) »