« この間の試合に関しての雑感まとめて | トップページ | 信じるものは救われる? »

2005年9月 8日 (木曜日)

誤解しているのはあんたの方だ

今朝の毎日新聞(どうしても癖で「はいにちしんぶん」と入力してしまう。ありがたいことにJISかな入力だと「ま」と「は」は人差し指が担当で、左右の違いだけ)の投書欄「みんなの広場」。
つくば市在住の72歳のNPO理事氏の投稿である。

近ごろ、先の大戦がやむを得なかったなどの意見が聞かれる。その人達は、戦争が昭和16年12月8日にはじまったとお考えと思う。
いいえ、とんでもない。その前の1930年代の満洲事変〜満洲建国、日支事変などの動き、国際連盟脱退までの動き、その他国際的な動きもちゃんと把握してますよ。だからこそ、先の大戦が日本の一方的な侵略ではない、との結論に達している。それにハワイの現地時間では真珠湾攻撃は12月7日ですよ。これもわかってますって。
日本人の立場からも厳しく責任を追及されるべきは誰か。「太平洋戦争」という言葉が誤解を招く。子供心にいつ終わるのだろうと思ったあの戦争は、「15年戦争」あるいは「アジア対戦」と呼んで、その意味を究明すべきだと思う。
あの、先の大戦の内実を客観的に理解して、やむを得なかったと思っている立場の人の多くは、当時の政府の用いた正式呼称である「大東亜戦争」という言葉をずっと使っていますよ。これを侵略戦争の名称だからなどと拒否して、占領軍の押しつけた「太平洋戦争」という用語を使っている立場の人ほど、日本が一方的に悪かった、と「誤解」しているのではありませんか。「15年戦争」に至っては亡国左翼の好んで用いる用語でしょう。

|

« この間の試合に関しての雑感まとめて | トップページ | 信じるものは救われる? »

コメント

久しぶりに聞きました。15年戦争。(笑)

 当時を体験した身としては、体験していない者に何か言いたいのでしょうなあ。誰か老人の相手してやれ。

 このじいさま、15年戦争、アジア対戦と呼べと言いながら、「先の大戦」などとのたまっているの辺りがすでに手遅れ。大戦と言ったら第二次世界大戦。日本が戦ったのは大東亜戦争。

投稿: Joe | 2005年9月 9日 (金曜日) 00時25分

>>Joeさん

この方、私の父親よりちょいと年齢が下ですが、そうすると当然戦地にも行ってないし、学徒動員もなし、徴兵もなしで、せいぜい空襲で逃げたのと軍国主義教育受けた程度のはずです。

極端な軍国主義教育受けて、その反動で戦後の東京裁判史観に洗脳されてしまったのではないかと推測されます。

投稿: フロレスタン | 2005年9月 9日 (金曜日) 01時39分

す、すみません。
「アジア対戦」は私の誤変換です。W杯じゃないもんね(^_^;)。アジア大戦です。

投稿: フロレスタン | 2005年9月 9日 (金曜日) 01時47分

フロレスタンさんここにあり、一発かましておあげなさいませ。

投稿: 圭 | 2005年9月 9日 (金曜日) 05時20分

>>圭さん

うーん、まあしかしご老人はいたわって差し上げないと、罰が当たります。

妄想にとりつかれているのですから、老人病院でも紹介しますかね。つくばあたりなら病院はたくさんありそうですが、あそこで老人病院行くと、農家のじいちゃんばあちゃんあたりが、たくさん集まっていそうです。

ガマの油でもつけますかね(^_^;)。

投稿: フロレスタン | 2005年9月 9日 (金曜日) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34842/5841703

この記事へのトラックバック一覧です: 誤解しているのはあんたの方だ:

» ★ 日中和解は訪れるのか 小菅信子 『戦後和解』  中公新書... [書評日記  パペッティア通信]
戦争のあと、訪れる和解という発想。人はいう。過去を痛切に認識して、未来を建設しよう、と。人はなぜ、半世紀前の苦痛の記憶をいつまでも忘れないことで、平和の強化がもたらされると思えるのか。いったい、この一見矛盾した言説・思想は、どのように出現したのか。● ...... [続きを読む]

受信: 2005年9月 9日 (金曜日) 23時53分

« この間の試合に関しての雑感まとめて | トップページ | 信じるものは救われる? »